ヒントを紐解く。【 旅LOG – 2018.02.06】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

盛岡で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2018/02/06(火)
立春 ( りっしゅん ) 二十四節気
東風解凍 ( はるかぜ こおりを とく ) 七十二候 第一候


久しぶりの朝のゴミ出し散歩。積もったばかりの雪の上を歩き、自分が歩いた道を示していく。足元で雪が音を鳴らしながら、何かのメッセージを届けてくれていた。白い世界。今のところはまだ、飽きることなく眺めることができている。願わくば青い空と白い雪の世界を眺められると嬉しい。でも今朝は曇り。

今朝も氷点下ではあるけれど、暖かいと思える自分は、ほんの少しだけこの辺りの寒さに慣れたのだと思う。人は適応する生き物。体験することで環境に合わせる力がある。弱肉強食ではなく、適者生存だということ。いろんな体験を重ね、懐も、人としての幅も広い自分でありたいと思う。柔軟性を大切にして。


✳︎


ひたすら書き続けた。次の移動を始めたいのだけど、そのための巡りを受け取れていない状態。ひとつの収入源であった D-LABO は任意団体として独立し、可能性をカタチにしたばかり。その分自分の収入を確保する必要があって、相方と対話をしつつ、今の自分にできることをやり続けていた。道を拓きたい。

そのためのヒントはこの3ヶ月の痛い体験の中で得てきたから、そこに含まれている未来を受け取って、それをカタチにしていくこと。それを実にして受け取るタイミングでもある。今は不安などネガティブな感情と仲良くできているから、そのヒントを紐解くことは可能だと思う。もう少し対話を重ねてみよう。


✳︎


23時を回り、作業をやめてパソコンの電源を落とした。21時までには仕事を終える、という自分のルールは最近守られていないけれど、集中して進めることができているのであれば、それはそれで愉しく思える。子が眠ったあとの静かな夜の時間。相方は相方で、パソコンでの作業に夢中になっているみたい。

最近は、眠る前に携帯でゲームをするようになった。睡眠の質を考えると、目の刺激は避けたいところだけれど、最近ボールを蹴る機会をつくっていない自分を、ゲームに重ねているのだと思う。せめて架空の世界の中だけでも、と。ずっとやりたかったゲームだから嬉しいのもあるし。今はゲームで満足らしい。




目覚め 盛岡の家。
就寝 盛岡の家。

午前 睡眠、子守、パソコン作業、身支度、ゴミ出し散歩、落書き、パソコン作業、洗い物、料理、瞑想、パソコン作業、最初のごはん。
午後 子守、パソコン作業、雪かき、パソコン作業、子守、パソコン作業、まったり、読書、子守、睡眠、パソコン作業、子守、読書、子守。
 晩ごはん、洗い物、パソコン作業、お風呂、子守、動画鑑賞、パソコン作業、落書き、ゲーム、睡眠。

最初のごはん 白ごはん、味噌汁、キムチ @盛岡の家
パソコン作業 コーヒー @盛岡の家
晩ごはん 白ごはん、味噌汁、焼き鮭、回鍋肉 @盛岡の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-07
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2018/01/22〜2018/02/07
Next destination
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。


Follow Me



[ 人気の投稿 ]

子育てという、共に成長し合う時間。
http://cobaken.net/monologue/11357
夫婦とは、どうあるべきなのか。
http://cobaken.net/monologue/10081
また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。
http://cobaken.net/monologue/9765


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの一覧
旅する暮らしで提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
月に1度、メールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学びの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。