ただ穏やかに。【 旅LOG – 2017.12.24】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

盛岡で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2017/12/24(日)
冬至 ( とうじ ) 二十四節気
乃東生 ( なつかれくさ しょうず ) 七十二候 第六十四候


その人が持っている力を活かすこと。なおえはラジオを通じてそんな想いを言葉にしていた。あなたはあなたのままでいい。自分と対話している時にたまたま出た言葉がきっかけとなって、今のなおえに向かえたみたい。素直に嬉しい。人が本来の自分に戻るためのきっかけになれることは、自分の歓びでもある。

そのあと、相方と笑った。僕の紹介は「 ある人 」だったけど、心屋さんは名前で紹介された。それはきっと、なおえ的な理由があるのだと思う。それを聴いた自分としてはどこかショックで。この紹介の仕方の違いは何なのか、知名度の問題なのだろうか、そんな問いが頭を巡り、何とも言えない気分になった。


✳︎


昨日の中華麺2玉と自分で作った広島風つけ麺のつけダレを昼ごはんにして、相方と分け合いながら食べていると、無性に腹が立ってきた。一昨日の出来事と合わせて、今日の出来事が自分を煽ってくる。結局は自分の受け止め方の問題なのだけど、でも無性に腹立たしい。だから、ビールでも飲むことにしよう。

稼げない、対等ではないというレッテル。言葉にした本人にとってそんなつもりはないのだと思う。でも自分はそう受け取ってしまった。自分の問題。身近な人たちの発言だからこそ腹が立って仕方ない。ただ、アンチを原動力にして何かをする気はないから。だからこれを機会に内側を見つめたい。ただ穏やかに。


✳︎


風呂から上がった後のパソコン作業を終えて、おでんを食べる。台所に置かれたカウンターテーブルを立ち飲み場所にして、相方と二人で遅めの晩ごはんを食べた。自分もだけど、相方は相方で自分の内側を見つめる機会になったみたい。結果としては必要だったのだと思う。無駄な出来事なんてこの世にはない。

穏やかに話しながら、ここ数日の葛藤をふり返った。日々大切な体験をしながら生きている。その中で沸き起こる喜怒哀楽を愉しみながら、そこからヒントを得てより善い自分に近づくこと。それが結局、人の歓びなのだと思う。だからまた僕らは、その大切な体験をした。その分、自分らしく生きていけるはず。




目覚め 盛岡の家。
就寝 盛岡の家。

午前 睡眠、ゲーム、携帯で調べもの、子守、落書き、最初のごはん、瞑想、パソコン作業、ラジオ鑑賞。
午後 昼ごはん、睡眠、子守。
 子守、対話、お風呂、パソコン作業、晩ごはん、洗い物、睡眠。

最初のごはん 五目ちらし @盛岡の家
昼ごはん 広島風つけ麺、ホワイトベルグ @盛岡の家
晩ごはん おでん、あさ開うまから純米酒、ガパオライス、ししゃも @盛岡の家


Remember the World 1th season
======================
Chapter.YU-47
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2017/11/30〜2018/01/01
Next destination
– TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 住宅街にある、小さな醸造所。【 旅LOG – 2018.05.27】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。