自分という物語の主人公。【 旅LOG – 2017.11.12】




– 旅LOG – 旅する暮らしの中での心の記録

姫路で朝を迎え、龍野で眠りについた1日。





2017/11/12(日)
立冬 ( りっとう ) 二十四節気
地始凍 ( ち はじめて こおる ) 七十二候 第五十六候


目覚め めぐりのおうち nicorirund
就寝 町のイスキア

午前 睡眠、読書、身支度、瞑想、片付け、パソコン作業、歩いて移動、コンビニで買い物、歩いて移動、最初のごはん、パソコン作業。
午後 パソコン作業、荷詰め、歩いて移動、公園で休憩、歩いて移動、姫路駅着、スーパーで買い物、おやつ、電車で移動、読書、歩いて移動、ベンチで休憩、宿泊先着、カフェタイム、パソコン作業。
 晩ごはん、パソコン作業、睡眠。

最初のごはん 中華そば、肉まん @めぐりのおうち nicorirund by セブンイレブン
カフェタイム コーヒー @町のイスキア
晩ごはん プレミアムモルツ、イカの煮物、干大根の煮物、まこもだけのきんぴら、春菊の和え物、もつ鍋、大和鶴 純米原酒、大和鶴 原酒、酒盗、白ごはん @町のイスキア




お腹が空いたので最寄りのコンビニへ。ここ数日、肉まんとカップラーメンが妙に食べたくて。姫路の街の路地を歩きながらもう、買うものは心の中では決まっていた。そして店に入り、いつも通り本が並ぶコーナーへと曲がる。そこで週刊誌を手に取り、好きな漫画を読んだ。もう今週分は読んではいたけれど。

その内容からビビッときた。自分という物語の主人公であること、それをつい忘れてしまう自分がいる。自分の物語では自分が主人公であり、人の物語は人が主人公であり。たとえ脇役を担っていたとしても、自分の物語としては主人公が脇役を担っているだけのこと。これから数日、改めて意識してみよう。




本竜野駅を降り、まずは揖保川に向かって歩いた。初めて歩く龍野の街。どことなく地元である竹原と似ている雰囲気があって、懐かしさを感じる。行き先は町のイスキア圭ちゃんにもらったご縁でここにお邪魔する。ありがたい。歩いていると、ヒガシマルに揖保乃糸と、見たことがある名前が目に留まった。

橋で揖保川を渡りながら、その大きさときれいな水に驚いた。沈みかけた太陽がこちらを照らしてくれて、川上の景色を美しく輝かせてくれる。そして趣のある家が立ち並ぶエリアへ。歩いているとすれ違う人が挨拶してくれて、温かい気持ちに包まれる。とてもいい雰囲気の街。とても単純だけど、そう思う。




机の上にたくさん並んだ料理の真ん中に立派なホルモンが入ったもつ鍋が、いい香りを放ちながらぐつぐつと煮えていて。おやびん一家と食卓を囲む。最初は娘さんと3人で、そして息子さんとその彼女が加わり、そしておやびんと二人になり、最後はここのお手伝いをされている三宅さんと3人でいただいた。

喜怒哀楽がきちんとある、そんな印象を受けた素敵な一家。だからこんな風に笑うことができるのだと思う。心から笑うこと、僕にとってそれは幸せを表すこと。自分の夢に向かって進む若い姿に感心しながら、おやびんおやびんたる所以の、ほんの1部を見せてもらった。自分も懐を広げて生きていきたい。




Remember the World 1th season
======================
Chapter.YU-39
兵庫県たつの市 – TATSUNO/HYOGO/JAPAN –
2017/11/12〜2017/11/14
Next destination
京都府相楽郡 – SAGARA/KYOTO/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。