みんな同じ。【 旅LOG – 2017.10.27】




– 旅LOG – 旅する暮らしの中での心の記録

宇都宮で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2017/10/27(金)
霜降 ( そうこう ) 二十四節気
霜始降 ( しも はじめて ふる ) 七十二候 第五十二候


目覚め パークプラザ宇都宮。
就寝 相方家。

午前 睡眠、まったり、お風呂、まったり、パソコン作業、身支度、チェックアウト、歩いて移動、電車で移動。
午後 電車で移動、睡眠、読書、乗り換え、電車で移動、睡眠、乗り換え、最初のごはん、電車で移動、読書、睡眠、郡山駅着、新幹線で移動、睡眠、読書、携帯で作業、読書、北上駅着、電車で移動、歩いて移動、相方家着。
 晩ごはん、お風呂、パソコン作業、まったり、呑み時間、睡眠。

最初のごはん かき揚げそば @新白河
晩ごはん 白ごはん、味噌汁、焼き鮭、鶏の唐揚げ、紅白なます、野菜と糸こんの煮物 @相方家
呑み時間 番外美山錦 山廃仕込廣喜、冷奴、ブロッコリーと桜海老の炒め物 @相方家




朝からお風呂に入って、また体がゆるまった。ゆるめることの大切さ、年を重ねたことでそれをさらに実感する。ゆるめて余分な力を抜く、そうすれば勝手にほぐれるもの。それは身体のことでもあり、心のことでもある。長い移動後のケアとして、今回は何度も湯船で身体をゆるめてみた。早めに疲れを出そう。

自分が対話のセッションを通じてまず行っていることも、依頼主の心をゆるめること。心も同じように、ゆるまると勝手にほぐれる。ほぐれれば、自分の素に触れやすくなるから。その経験を自分の身体にどれだけ活かせるか。せっかく重ねた体験を活かしながら、より善い毎日に向けて一歩を踏み出し続けたい。




ゆらりゆらりと、意識の向こう側で夢を見ていた。その夢を詳しくは覚えてはいないけど、愉しそうに旅をしながら過ごしていた。電車の揺れが眠気を誘う。鈍行でゆっくり暮らしを眺めるつもりが、夢の中で旅をしていた。晴天の陽の光が昼下がりの車内を温めて、うとうと眠るには最適な空間ができあがる。

眠ること、食べること、喜ぶこと、怒ること、哀しむこと、楽しむこと。タイで見かけた、国が違う人たちもみんな同じだった。言葉、文化、考え方、肌の色、食べるものなど、違うところはたくさんあったけど、それは表面的なこと。根本は同じ人間であり、上も下もない。ただ違うだけ。彼らも電車で眠るし。




駅からの道を歩き、相方の実家に辿り着く。相方と子に迎えられ、荷物をおろしたら早速、子を抱きかかえた。2週間でまた大きくなっている。ほっぺがふっくらとして、あごに肉が増して。お義父さんもお義母さんもお元気そうで何より。こうやって迎えてもらえること、それが何より嬉しいし、ありがたい。

帰る場所があること、それは人にとってとても嬉しいもの。自分には家や家のような場所がたくさんある。ふと、自分は凧なのだと感じた時のことを思い出した。向かい風を受けて舞い上がるためには糸を持つ人が必要で、その起点が家であり、人であり。だからこそ高く遠くへ向かえる自分がいるのだと思う。




Remember the World 1th season
======================
Chapter.YU-33
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2017/10/27〜2017/11/03
Next destination
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。