お腹も心も喜ぶ、そんな毎日。【 旅LOG – 2017.10.28】




– 旅LOG – 旅する暮らしの中での心の記録

盛岡で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2017/10/28(土)
霜降 ( そうこう ) 二十四節気
霎時施 ( こさめ ときどき ふる ) 七十二候 第五十三候


目覚め 盛岡の家。
就寝 盛岡の家。

午前 睡眠、まったり、身支度、荷物運び、車で移動、スーパーで買い物、車で移動、家着、洗濯、掃除、荷物運び、洗濯干し、ひと休み、パソコン作業。
午後 パソコン作業、料理、最初のごはん、パソコン作業、車で移動、相方家着、荷物運び、車で移動、家着、荷物運び、まったり、パソコン作業、料理、パソコン作業。
 パソコン作業、晩ごはん、パソコン作業、お風呂、まったり、パソコン作業、読書、睡眠。

最初のごはん わかめと油揚げの味噌汁 @盛岡の家
晩ごはん 白ごはん、鶏の照り焼き、ナスとピーマンの炒め物、コロコロ野菜のスープ @盛岡の家




まずは一人で、盛岡の家に戻った。ただいま。2週間ぶりに嗅ぐ、玄関に置いたアロマの香りが出迎えてくれる。車に詰め込んだ荷物を運ぶ前に、拭き掃除を始めた。掃除機は相方がかけておいてくれたから、あとは畳や床を拭くくらい。固く絞った雑巾で畳の埃を拭き取っていく。一緒に自分の心も整えながら。

今日から相方と子もこの家に戻ってくる。新しい暮らしの始まり。バンコクに行く前のお試し3泊での体験を活かして、必要なものを揃えながら。自分が居る時、居ない時の違いはあるけれど、それでもここは3人が暮らす家。暮らしていることで生まれてくるスタイルを楽しみにしながら、時を重ねていこう。




些細な料理ではあるけど、生きてる実感がして。生きることは食べることだし、食べることは生きることだから。それを大切に、丁寧に行える自分で在り続けたい。久しぶりに料理をするタイミングでは強くそれを思う。でも人は慣れていく生き物でもあるから、長くそれが続くとつい効率を重んじてしまうかも。

鶏肉を切り、下味をつけながらそんなことを思う。今日は野菜スープと鶏肉の照り焼き。相方もいるからそんなにやることはないけど、食べることのための時間を大切にできる、自分はそんな暮らしがいい。お腹も心も喜ぶ、そんな毎日がいい。そのためにはどうすればいいのか、それを自分に問いかけ続けたい。




晩ごはんを食べ終え、子と一緒に湯船に浸かった。温かい湯に包まれ、とても気持ちよさそうに身体をゆるめている。自分もこんな風に、赤ちゃんの頃、お風呂に入れてもらったのだろうか。自分にはその記憶はないからわからないけど、どちらにしてもとても大切にされながら毎日を過ごしてきたのだと思う。

子の身体を洗い、しっかり温まった後、迎えに来た相方に連れられて子は風呂から上がっていった。そのあとにまた、一人湯船で温まりながらぼーっと過ごしていると、ふーっと重力が戻ってきた感覚になる。今回の移動の疲れが抜け、きちんとグラウンディングできたのかもしれない。自分は今、ここに居る。




Remember the World 1th season
======================
Chapter.YU-33
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2017/10/27〜2017/11/03
Next destination
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。