ラピュタ。【 旅LOG – 2014.06.27】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録


カンボジア 2 日目の旅人LIFE は、遺跡巡りへ。

昨日空港で仲良くなった たけし@柏原 豪さん と一緒に

トゥクトゥクで出かけることにしました。

まず向かったのはベン・メリア遺跡。


画像の説明


トゥクトゥクに揺られ 2 時間。

途中、朝ごはんを食べるためにひと休みしたけど、

こんなに長時間乗るとね、ちゃんと寝れるようになりますわ。

橋とか穴とか、タイヤが飛び跳ねる時に起きちゃうけどね。

そうしてたどり着いたこの遺跡。

ほんとラピュタみたいな感じで。

めっちゃ感動です。


画像の説明


その辺にいた案内のおじちゃんに導かれて、

ガンガン遺跡の中を進みます。

” こんなに入っていいんだぁ… ” なんて思いながら。

ひたすら道なき道を進んで、まるでアスレチック。


画像の説明


崩れている石の上を進みながら、

そしてたくさん写真を撮りながら。

めっちゃ天気よくて、正直体力的にはきつかったけど、

でもここに来れてほんとよかった。

ほんとにラピュタな感じで。


画像の説明


最後におじちゃんがチップを求めてきたんだけど、

1 ドルずつ渡しました。

ここはね、この人いなかったら普通に歩いて、

遺跡の上を歩いてもいいなんてわかんなかったもんね。

どうもありがとうございます。


このあとはアンコールワットに戻って、周辺をいろいろと。

こんなに長い時間トゥクトゥクに乗ったのは生まれて初めて。

で、きっと生涯初の最長記録は今後も破られることは

ないと思われます。

たけし〜、ステキな機会をどうもありがとう。


ちなみに彼は京都でゲストハウスやってます。

とってもストレートではっきりしたおもろいヤツ。

みんな、京都に行く時はぜひ〜♬

京都ゲストハウス らんたん




FIND THE WORLD 2nd season
========================
Chapter.YU-56
カンボジア シェムリアップ – SIEM REAP / CAMBODIA –
2014/06/26〜2014/07/01
Next destination
タイ バンコク – BANGKOK / THAILAND –
========================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。


    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。