3,270 キロの車の旅。




– COBAKENのひとりごと –







今から1週間前、僕らは 3,270 キロの車の旅を終えた。




相方が産休に入ってすぐの 7/31(月)、竹原の家に向けての移動を始める。

大船渡の家から竹原の家までの移動は、新潟2泊、金沢1泊、大阪1泊、姫路1泊の計6日間。

走行距離は、1,460 キロ。


東から西への移動は、ちょうど大船渡が涼しかったこともあり、西に向けてだんだん暑くなる、という気候の変化をもろに味わった。

日本も広い。ただ、世界は割と小さい。




そして盆が明けてすぐの 8/17(木)、大船渡の家に向けての移動を始める。

竹原の家から大船渡の家までの移動は、高松1泊、京都1泊、大垣1泊、沼津1泊、福島1泊、盛岡2泊の計8日間。

走行距離は、1,810 キロ。


渋滞で進むことを諦めた日が2日あったけど、それはそれで必要があったことなのだと思う。

すべては必然。訪れる必要があった場所だから、その街に泊まることになったのだと思う。




今回の旅で訪れた街、これまでに二人で訪れた街、一人で訪れて気に入った街、そのどこかを選び、育休中に半年くらい、その街で家を借りて暮らしてみる、という想いがある。

どの街にするのか、本当に実行するのか、今の時点ではやってみたい、という想いだけで、どうなるかはわからないことだけど。


いずれは、広島と岩手ともう1カ所、3拠点での生活を行うという夢があるから。

3拠点目は日本なのか、海外なのか、それもまだわからないけど、僕らにとって家だと認識した場所をもう1カ所持つこと、それは確実に現実化する夢。


その頃には、家のような場所も今よりだいぶ増える。

どんな暮らしをしているのか想像もつかないけど、今という瞬間に楽しいことを積み重ね、自分の心に従いながら生きていこう。


そうすれば、必要な未来が必要なタイミングで拓けてく。



    


僕はこの5年で 1,500 泊以上、旅をしながら暮らすことに時間を費やしました。

その体験は唯一無二のもので、そこから得た大切なことを活かした僕との旅や対話の時間は、自分を生きることを望んでいる人にとって、とても価値があります。

そんな僕との対話の時間を通じて、自分を整えたり、自分と仲直りしたり、自分の未来を描いてください。

対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ 夫婦とは、どうあるべきなのか。
◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 世界はこうしてうまく回る。【 旅LOG – 2018.04.01】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
月に1度、メールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。