2022年までに D-LABO が目指すこと。【 COBAKENのひとりごと 】



– COBAKENのひとりごと –







2022年の日本では、全人口の2割である約2540万人が対話と議論の違いを認識し、その場の目的に沿って使い分けられ、多くの家庭でも対話が活用されている。家庭などの日常で対話を重ねる中で、相手との違いから自分を知り、また相手との共通点から、人の心根の部分を知るきっかけが改めて生まれ、個々が自分を表現する時代としての準備が整ってきた。




この言葉は、今年に入って僕の頭に浮かんできた言葉なのですが、この D-LABO という研究学習コミュニティが、それを実現していく過程で一翼を担うことができればいい、そんな想いでいます。


明らかに今は個人個人が自分を表現する、表現者の時代であり、その多様な個性の中でまた自分を知るためにも対話が必要とされている、と5年目を迎えた旅する暮らしの中で思うようになりました。

それなので、この2022年を表す言葉がこの先、D-LABO で行っていく研究の方向性であり、その研究から得たことを共有しながら実現していく目標だと私は想い、確実にやってくる未来だと確信しています。


D-LABO
自分らしく、しあわせに生きるための研究学習コミュニティ

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


ちなみに、さらにその先を表す言葉としては、


対話の時代における、対話する文化の礎が、2027年までに日本から東南アジアの地域に築かれている、


そんな未来です。

そんなことが時代の流れと共に当たり前にやってくる、これもまたそのように、自分の中で確信しています。




それに向けてまず、今年最初の数値的な目標を決めました。


それは、2/4 の立春からスタートする、2017年春期のメンバーを40名以上にすること、です。


今の研究メンバーの約2倍の人数です。

どうやってメンバーを増やすのかはまだ考えていません。

それは、研究メンバーや旅先で出逢った人との対話の中で見出していきます。

でも、これを読んでいるあなたにも何らかアイデアがあるのであれば、ぜひそれを私たちに教えてください。


メンバーが40名以上になることの成否には関係なく、

この2017年春期からD-LABO の会計を完全に独立させます。

研究メンバーへの登録料と、個人や組織から研究費の支援を受けながら運営し、その研究成果をオープンソースとして、より世の中に還元していくカタチを整えていきます。


2年目を迎える D-LABO が一人歩きして、この先どんなことになるのか、未だ未知数ですが、そこはこの D-LABO の研究メンバーの可能性を信頼して、まずは1歩を踏み出すこと、それを行います。


器を作ったりしてカタチにすることは、私個人の今年からの役目でもありますし。




今のこの大きな転換期。

その中でまずあなたが、あなたらしく、幸せに毎日を過ごすこと。

そして、大切な家族と対話を通じて向き合いながら本来のあなたへと戻り、精神的な自立を遂げること。




そうやって自分を見つめた結果、次の世代が中心になって活躍する時代に最適な環境は出来上がっていくのだと信じています。


そのためにも D-LABO での研究は、大切なパートナーや家族とのコミュニケーションに役立つことを祈っています。

人が大切だと無条件に感じる存在と関係性をより良くすること、人が持つ最小単位のコミュニティから、冒頭に書いた2022年の物語は始まるのだと、僕は今、確信のような、そんな想いを抱いています。




この投稿に何か響くものがあればぜひ、力を貸してください。

もしくは、私たちが探求してきたことをぜひ、活かしてください。


そして何よりまず、自分の想いを最優先する生き方を選んでください。

それが1番、周りの大切な人を大切にできる生き方なので、ぜひ。


一緒に学び合い、より良い未来に向けて歩んでいきましょう。


D-LABO
自分らしく、しあわせに生きるための研究学習コミュニティ

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから





[ 人気の投稿 ]

それで食べていけるのですか?【 よく訊かれること 】
どうやって収入を得ているのですか?【 よく訊かれること 】
どんな状況になっても何とかなるさ、何とかするし。【 COBAKENのひとりごと 】

暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なものリスト
旅する暮らしに必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
2種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
自分らしく、しあわせに生きるための研究学習コミュニティ

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net