D-LABO における、研究のやり方。【 COBAKENのひとりごと 】



– COBAKENのひとりごと –


実験器具


D-LABO における研究のやり方、今回はそのことについての投稿を。




研究する=対話する。




こんな感じです。とてもシンプルでしょ。

もしかしたら、逆にわかりにくいのかな。


D-LABO における研究とは、対話をすることで研究テーマを探求していくことです。

それは、自分と行う対話であったり、人と行う対話であったり。


世界と対話する研究メンバーの研究テーマは「 対話もある暮らし 」です。


その暮らしから何が生まれるのか。

その暮らしが、この先の世界にどう役に立つのか。

押さえるべき大切なことは何なのか。

どうすればその暮らしを無理なく実践できるのか。


対話を通じてそれらのことを探求し、それをオープンソースとして世界に公開していきます。

今はまだありませんが、これから準備していく、対話もある暮らしのポータルサイトで探求したことが人の役に立っていくのです。


その研究を進めるための方法を、今のところ2つほど考えてみました。


1.テーマを決めて掘り下げる

Dのこと。の最新のものや、これから投稿するもので、興味があるテーマであれば、それを日常生活の中で意識しながら毎日を過ごしていきます。その問いによって目に留まることや浮かんだことなどをふり返りながら言葉にして伝えられるようにします。

僕や研究メンバーと、20〜30分くらい電話で対話するってのもありですし、実際に逢ってから、お茶を飲みながらとか、お酒を飲みながら対話するのもいいですね。


あと、Dのこと。が文庫本として印刷される時、1冊目に収録される予定の No.1 〜 No.24 までのテーマを掘り下げて、一緒に内容をバージョンアップしてもらえると、とても嬉しいです。

もちろん、その他に投稿されたテーマでも構いません。とにかく、対話もある暮らしという大テーマの中で、Dのこと。として書き出された小テーマから、自分が興味あるものを選び、それを日常生活の中で掘り下げていくことを行ってもらいます。


現在、投稿されているDのこと。のテーマは、下記のリンク先から確認してください。

Dのこと。一覧
Dのこと。のすべてのテーマ
画像の説明
↑ Dのこと。一覧については、この写真をクリックしてください


2.対話の場を設ける

一人でも、近場の仲間と一緒にでも、対話の場を実際に持つことです。知識を知恵に変えて活かしていくためには、体験が何よりのエッセンスであり、人を1番成長させるものだと僕は思っています。

あと、実験体である僕を呼んでもらってもいいです。その際、一緒にコンテンツを考えるのもありですし、WORLD PEACE BOOK CAFEDIALOG LIVE対話の場のつくり方など、既存のコンテンツの場を設けていただくのもありです。


余談ですが、実験体である僕を呼ぶ際、それを研究費で賄えるようにして研究メンバーの金銭的な負担を無くすことを目指しています。移動費、宿泊費、会場費、消耗品費などを D-LABO の研究費から捻出し、その研究で得た成果をまた、メンバーや世界へと共有します。


実際に自分で場を持つことが何よりの学びであり、それを繰り返すことが自分とのダイアログにつながっていきます。学びや気づきを提供する場をつくる人が1番、学びと気づきを得れるので。

日程を調整したり、まわりに呼びかけたり、当日の場を運営すること、それらの体験の中にたくさんの学びと気づきが潜んでます。




勝手に妄想しているものではあるんだけど、こんな風に研究を進めていけるといいな、って思ってます。

本来の自分のバランスに戻るための1年間として、この D-LABO という存在がお役に立てると嬉しいです。


自分の人生を、他人ごとから自分ごとに変えていきましょう。

誰かにではなく、自分で。

自分らしく、しあわせに生きるための、大切なプロセスに。










[ 人気の投稿 ]

夫婦とは、どうあるべきなのか。【 COBAKENのひとりごと 】
http://cobaken.net/monologue/10081
生まれてきてくれてありがとう。【 COBAKENのひとりごと 】
http://cobaken.net/monologue/9542
僕はそんな世界がいい。【 旅LOG – 2017.08.03】
http://cobaken.net/tabilog-japan/9219


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの一覧
旅する暮らしで提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
月に1度、メールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
対話を通じて対話の時代の生き方を学ぶ、そんな研究学習コミュニティ

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net