テーマである、暮らしの中にある日常について。


Ver.1.0.0



– COBAKENのひとりごと –


暮らしの中にある日常、それが僕のテーマであり、COBAKEN LIFESTYLE LABO での活動を通じて切り取ったり、掘り下げたりしているものです。今回は、そのテーマについて、僕の想いを言葉にしてみます。

2018/10/26 BEPPU/OITA/JAPAN Photo by COBAKEN



暮らしの中にある日常、とは、ハレの日ケの日の、ケの日のことだと思っています。

それは、なんでもない普段であり、僕らが生きる中でのいつもの時間。僕らはつい、そんな時間は当たり前だと勘違いしてしまうけれど、その時間自体にも小さな奇跡がたくさん集まっていて、有り難いことばかりです。そんな、なんでもない時間の中にこそ、僕らが生きていく中での大切なことがたくさん詰まっているのだと思っています。


それもあって僕は、毎日繰り返し行えること、行われていることにとても興味があります。これまで大切にしてこなかったからこそ余計に。だから逆に、人が贅沢だとか、特別な日などの、いわゆる非日常にはほとんど興味がありません。それなので僕の旅は、端から見ているとものすごく質素で、わかりにくく思える理由のひとつだと思っています。

そんなテーマを掲げているからこそ、旅先でもまちの人の普段に興味があります。それもあって散歩するのが好きで、ゆっくりと歩きながらまちの音を聴き、まちの風を感じて、まちの雰囲気を味わう時間が、僕にとってはとても大切な時間です。そして、そんな時間の中で、カタチになりきっていないメッセージを受け取るのがとても好きです。

2017/07/08 KAMAKURA/KANAGAWA/JAPAN Photo by COBAKEN



そうやって、暮らしの中にある日常を見て感じて、その瞬間を自分なりに切り取りながら、6年ちょっとの旅する暮らしを続けてきました。それなので、雑誌や旅本に載っているような観光地に行くことも、観光名物を食べたり買ったりすることはほとんどありません。写真も、なんでもないような日常の瞬間を切り取るのが好きだったりします。

ただ、その旅先の観光名所が、まちの人が普段から行く場所ならば興味があるし、その旅先の観光名物が、まちの人が普段から食べたり使ったりするものならば興味があります。そんな調子で、家族で過ごす何でもない時間だったり、毎日変わらない朝ごはんだったり、商店街の雑踏だったり、まちの人が大好きな肉屋さんのコロッケだったり、そんなものにとても興味があるのです。


逆に、旅先で必ず食したいと思うのは、地元で収穫した米を地元の水で炊いたごはんと、地元の味噌や野菜や油揚げで作った味噌汁です。僕はその組み合わせに、ものすごく幸せを感じます。育った水で炊かれた米など、その町で取れた食材をその町で料理し、現地で食べること、それが僕が旅する暮らしの中で行っている、贅沢なことのひとつです。

あと、日本酒は地元の蔵の、スタンダードな純米酒を選びます。吟醸酒は飲む機会があれば飲むくらいで。そして、酢の物や煮物など、地元の人からすれば何でもないおかずを肴にして、その地元の純米酒をクイッと飲むのが、僕にとって最高の時間です。例えば純米酒のように、自分が選べる中でできる限り、毎日のものであり、昔ながらの想いや作り方を活かしたものを選ぶようにしています。

2017/06/19 KURUME/FUKUOKA/JAPAN Photo by COBAKEN



もちろん、ハレの日も好きです。例えば、祭りも楽しいし、愉しいと思います。ただ、いつからなのかはっきり覚えていませんが、人が多い場所に行くと激しく疲れてしまう自分に気づいた頃から余計に、暮らしの中にある日常に僕の目がいくようになりました。そうやって出来事や状況に導いてもらったのかもしれませんね。


それと、旅する暮らしを始める以前の家づくりの仕事をしていた頃、家はあくまでステージであって、住んでいる人の心次第なんだな、と痛感することがありました。それが僕にとって、「 家づくり 」から「 暮らし 」に目がいくきっかけでした。家づくりは、居心地のよさでサポートはできるけれど、そこで終わると僕自身の今世での役割の本質から目を逸らしている気がして。

結局は人の在り方、スタンスがすべてであり、それによって生まれるスタイルを持って人は暮らしていくのだと考えています。それが暮らしの中にある日常を彩りを支えてくれて、毎日をよりよくしてくれて。そうやって人は自分を生き、本当の自分に向かって表現をし続けていくのだと思います。そんな僕らは常に充たされていて、想いを巡らせながら生きていく世界に身を置いているということを忘れてしまいがちで。

例えば、足るを知る、という状態は、心が整っている状態だと思うのです。あるものに目を向けることができるのは、心が穏やかで、欲求や執着に囚われていない時だと思うので。我慢とか自分で自分を抑圧したものではなく、充たされている、ということを自分自身で実感し、自分以外の存在と協力し合い、エネルギーを巡らせながら生きること、それが僕らが目指すべき世界だと思うのです。

2016/12/03 NAGOYA/AICHI/JAPAN Photo by COBAKEN



思い返せば、そんな世界に向かうために、旅や対話を通じて、欲求のズレを戻し、思い込みや執着を手放すことを、旅する暮らしの中で繰り返し取り組み、探求を続けてきました。本来のバランスの自分に戻ることは、本当の自分に向かうための、自己実現を果たすための基礎となる部分なので。それなので、きちんと解消せずに進んだものは、より大きなインパクトのある出来事を通じて戻ることになります。

ただ、ズレや思い込みや執着は必要なものである、ということを知る必要があるでしょう。必要悪とまでは言いませんが、ズレていることで体験できることもあるし、思い込みや執着があることで体験できることがあるので。つまり、必要な体験をするためのズレであり、心の囚われであるということです。必要な体験さえ終えればいくらでも、自分次第で手放すことができるものです。


そうやって僕ら人間は、体験から学ぶ生き物です。そして、違いから理解を深める生き物でもあります。これも忘れてしまいがちなことなのですが、体験することと違いを受け取ることは、学ぶためには必要不可欠な要素です。僕は幸い、それを旅する暮らしの中で繰り返し体験し、身にしみるほど学ぶ機会をもらうことができました。

それが本来の意味での、働く、ということなのだと思っています。僕らの身体がいつも動き続けてくれているように、僕らがこの世界の一員としての役割を果たすことです。僕ら一個体としてはとても小さな存在で、明日いなくなっても世界は変わらず回り続けます。でも、今この瞬間の世界の均衡の中にいる、欠かせない存在でもあります。

2016/12/13 ONOMICHI/HIROSHIMA/JAPAN Photo by COBAKEN



そんなことを僕は、自分が旅する暮らしを重ねる中で学ばせてもらいました。それはこの先も変わらずで、現場で学び続けていきます。ただ、アカデミックな環境に身を置いている人との連携も必要な部分も出てくるのだと思ってもいます。対極を同居させること、それが今のスタンダードだし、その方が耳を傾けてくれる人が多い、ということは未だ変わらない事実です。


どちらにしても、これまでも、これからも、ケの日をよりよいものにしながら人は、ハレの日をより晴れやかに過ごすのだと思います。そのためのケの日であり、暮らしの中の日常です。そんな日常の中を、心踊りながらも穏やかに、等身大の自分で過ごしていけることは、とても幸せなことだと思うのです。そしてハレの日をより晴れやかに過ごして。

僕らが生きる今の時代には、ケの日をよりよく過ごすことが必要なのだと思います。それは、ハレの日をよりよくするためにも、です。ハレの日だけを大切にしても、本当の意味で晴れやかな日を過ごすことはできません。ケの日あってのハレの日だし、ハレの日あってのケの日なので。

だからこそ、何でもない時間を大切に、です。つい、当たり前だと勘違いしてしまうけれど、出来事や状況や環境、人や自分などすべての存在に対して心から感謝です。おかげさまでまた、こんな風に自分の想いを言葉にすることができました。それに、こうして幸せに生きています。いつもありがとうございます。

そうやって有り難いことに感謝しながら生きていくことをこの先も続けていきます。そしてこの先も、暮らしの中にある日常、をテーマに胸を張って活動を続けていきます。




おわり




この投稿を読んだ人は、こちらの投稿も読んでみてください。



    


素の自分にふれる、大事な時間。
– こばけんとの旅の時間・対話の時間 –



[ お知らせ ]

◻︎ 【 お知らせ・4/22(月) 】暮らしている場所の予定、などを更新しました。


[ ここ3ヶ月の人気の投稿 TOP5 ]

No.1 – 【 今日もいい日。#045 】すべて、自分で選んでいる。
No.2 – 【 旅しているから見える世界 #009 】ユパ様というメンター。
No.3 – 【 ボクのオト、ワタシのオト #002 】目には見えない、大切なもの。
No.4 – 【 今日もいい日。#047 】きちんと話を聴く、ということ。
No.5 – 【 ひとりごと。#081 】自分のまわりにいる人の、苦しみや悲しみに触れるのが辛かったんだ。だから心を閉ざしていたのだけれど、でもこれからは。


スキナトキニ スキナコトヲ スキナトコロデ。
– 暮らしている場所の予定 –

純度100%のありがとうを、巡らせ合える世界へ。
– 提供できること・必要なもの一覧 –

COBAKEN LIFESTYLE LABO の公式オンラインショップ。
– LIFE×COBAKEN –

対話を通じて、3つのDを学び合うコミュニティ。
– D-LABO –



スキナトキニ
スキナコトヲ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
心が躍る、愉しい日々を。


最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。



BLOG TOPへ

– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYELE LABO

TOPページへ