嫌いに目を向ける。| くらしのたね #040



Ver.1.0.2



– くらしを促す、ことばのたね。-



2017/05/21 KANAZAWA / ISHIKAWA / JAPAN
Photo by Yutaka Kobayashi





– 嫌いに目を向ける –


物事に行き詰まった時、視野を広げてくれるのは対極の存在だったりします。しかも、有り得ないと思えるものであればあるほど、大きな広がりを与えてくれます。それはつまり、元々あった世界の目を逸らしていた部分に目を向けた、ということなのですが。それなので、無理して行うことではありません。ただ、やれば視野を広げることができるし、対話の時代をより愉快に生きることにもつながります。


例えば、好きの対極は嫌いです。その、好きと嫌いで半分ずつに色分けされたひとつのボールが、この世界だとします。好きしか見なかったら、世界の半分しか見ていないということです。小さな問題であれば、片側の世界だけでも充分に解決できるアイデアは浮かんできます。けれども、反対側にも及ぶような、大きく根深い問題が起きた時には、より大きな視野で解決に向かう必要があります。


そんな時、嫌いにも目を向け、自分の世界を、自分の視野を広げます。もともとあったのだけれど、目を逸らしていた世界です。すべての嫌いを一気に受け容れるのはとても苦しいので、少しずつ目を向け、少しずつ受け容れていきます。そうすれば段々、自分が目を向けられる世界が広がっていきます。そうやって、課題や問題よりも大きな世界観で取り組めば、解決のための糸口は見えてきます。


世界を広げてくれる対象になるのは、嫌いな事や嫌いな人、許せない事や許せない人、有り得ないと思う事や有り得ないと思う人など、普段は目を向けたくもないものです。そこに、自分の世界を広げるチャンスが眠っています。そのためには、その事や人のどの部分に対してそう思うのか、と細部に目を向けることです。いくら嫌いな人だって、人格そのものが嫌い、ということは中々ありません。


受け容れてみけば、何でもないものです。けれども、受け容れるまでは嫌で仕方がないものです。別に、受け容れなくても生きてはいけますし。ただ、同じ問題がカタチを変えてやってくることにはなります。ちなみに問題とは、人のテーマ ( 題 ) を問うもの。そんな機会を活かして、対極の存在に映し出された、対極の自分を受け容れることで、人は本来の自分に戻っていくようです。




[ くらしのたね #040 ]

行き詰まった時は、対極に目を向けてみる。




質問や感想、投稿テーマの要望などがあれば、こちらから
– CONTACT –

対話のある暮らしを促すための資料一覧
– Dのこと。 資料一覧 –





おわり




” この「 くらしのタネ 」は、あなたの人生を彩り、暮らしをより良くする花や実の種になるように、と勝手に祈りを込めて投稿しています。どんな芽が出るのか、どんな花が咲くのか、どんな実がなるのかは、種を育てるあなた次第になりますが。そんな「 くらしのたね 」が、あなたの暮らしに彩りを加えますように。”






この投稿を読んだ人は、こちらの投稿も読んでみてください。

【 くらしのタネ。#013 】あるものに目を向けられると楽になる。




    


[ お知らせ ]

◻︎ 応援してもらえると嬉しいこと。| お知らせ【 11/10(木) 】
◻︎ 暮らしている場所の予定、などを更新しました。| お知らせ【 11/7(月) 】



[ ここ1ヶ月の人気の投稿 TOP5 ]

No.1 – ユパさま、というメンター。| 旅が僕に教えてくれたこと #009
No.2 – 旅する暮らしが丸10年を迎えました。| いま、ここにあるもの #133
No.3 – きちんと話を聴く、ということ。| くらしのたね #051
No.4 – 旅LOG【 続ける。 】 – 2014.10.19
No.5 – あまり知られていない、こばけんの仕事。| いま、ここにあるもの #101


スキナトキニ スキナコトヲ スキナトコロデ。
– 暮らしている場所の予定 –

心からのありがとうを、巡らせ合える世界へ。
– 求めているもの・できること –

COBAKEN LIFESTYLE LABO の公式オンラインショップ。
– LIFE×COBAKEN –



スキナトキニ
スキナコトヲ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
心がおどる、たのしい日々を。




最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。



BLOG TOPへ

– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYELE LABO

TOPページへ