COBAKEN 週間、はじまりました。




– COBAKENからのお知らせ –


※ 2015 年の COBAKEN 週間は、終了しました。


画像の説明


本日 6/20(土) から 6/26(金) まで、COBAKEN LIFESTYLE LABO 9周年を祝って、COBAKEN 週間がはじまりました。

期間中、COBAKEN LIFESTYLE LABO の全コンテンツが 10%OFF になりますので、「 気なるんだけどなぁ…。 」なんて柱のかげから眺めていたあなた、お得なこの期間にぜひご購入くださいませ。


COBAKEN 週間の期間中、例えば、


ダイアログのススメ
年間登録料 12,000 円 ⇒ 10,800 円
http://cobaken.net/webdialog/index.php?LP


WORLD PEACE 読書会
ダイアログのススメ メンバー 2,100 円 ⇒ 1,890 円
一般 3,000 円 ⇒ 2,700 円
http://cobaken.net/index.php?wp


散歩でダイアログ 散歩チケット
ダイアログのススメ メンバー 17,500 円 ⇒ 15,750 円
一般 25,000 円 ⇒ 22,500 円
http://cobaken.net/index.php?sanpo-de-dialog


ダイアログの場のつくり方
ダイアログのススメ メンバー 42,000 円 ⇒ 37,800 円
一般 60,000 円 ⇒ 54,000 円
http://cobaken.net/index.php?dialog-maker


My life Story 〜私という物語〜
ダイアログのススメ メンバー 294,000 円 ⇒ 264,600 円
一般 420,000 円 ⇒ 378,000 円
http://cobaken.net/index.php?myls


このような感じで、すべてのコンテンツが 10%OFF の1週間です。


お客さま情報を入力するページの下の方にある「 クーポン割引 」に「 クーポンコード : 20150620 」を入力していただければ 10%OFF になります。

詳しくは下記の投稿をご覧くださいませ。


COBAKEN 週間、はじまります。
http://cobaken.net/index.php?QBlog-20150619-3


以上、COBAKEN週間、はじまりました。のお知らせでした。




PS. これからの世界を生きていくなかでダイアログができるかどうかでは大きな違いを生むことになります。いろんな理由はありますが、3つ挙げるとすれば、


1. 自分の中にある対極に目を向ける必要がある。
2. 私の考えや想いを人に伝える必要がある。
3. 自分にとっての幸せを再定義をする必要がある。


今浮かんだのは、この3つです。それらを難しく行うよりは、ダイアログを通じて自然と言葉にしていく方を、私はオススメします。


あなたがあなたという毎日を過ごしていくために、僕とじゃなくてもいいです、あなたがあなたの想いを言葉にしても大丈夫だと思える人とダイアログの時間を持つ、ぜひそんな日常を過ごしてみてください。




    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 住宅街にある、小さな醸造所。【 旅LOG – 2018.05.27】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。