これが旅なのだと思う。【 旅LOG – 2017.10.20】




– 旅LOG – 旅する暮らしの中での心の記録

バンコクで朝を迎え、バンコクで眠りについた1日。





2017/10/20(金)
寒露 ( かんろ ) 二十四節気
在戸 ( きりぎりす とに あり ) 七十二候 第五十一候


目覚め The Aiyapura Bangkok
就寝 The Aiyapura Bangkok

午前 睡眠、読書、シャワー、瞑想、洗濯、パソコン作業、歩いて移動、最初のごはん、屋台で買い物、歩いて移動、昼ごはん、動画鑑賞。
午後 パソコン作業、動画鑑賞、パソコン作業、動画鑑賞、読書、パソコン作業。
 歩いて移動、待ち合わせ、周辺案内、マッサージ案内、歩いて移動、晩ごはん、歩いて移動、駅で見送り、歩いて移動、宿着、バータイム、動画鑑賞、読書、睡眠。

最初のごはん 白ごはん、鶏肉とえんどうのガパオ、春雨と卵の炒め物 @おかずのお店
昼ごはん もち米、フライドチキン @フライドチキンの屋台
晩ごはん シンハー、パパイヤのサラダ、春雨サラダ、豚肉とシーフードの鍋、貝、焼いた豚の首の肉 @タイ北部料理のお店




目を覚ますと身体が重くて。まず、そんな自分に驚いた。昨日をふり返れば、疲れるであろう理由はいくつか浮かぶ。初めてのアユタヤに行ったこと、陽の光を長らく浴びたこと、深夜の街中を歩いたこと、などなど。いつも通りの時間に目は覚めたけど、このまま起きるのは難しそう。自分に負けそうになる。

でも、起き上がった。後のことを考えると、早めにパソコンでの作業を終わらせておきたい。今考えると、すべきこと、として自分を動かしていた。やる必要があることでも、やりたいこと、として愉しめる自分で在りたい。こんな些細な積み重ねが、自分の中に傾きを生む。それも必要なことではあるけれど。




駅に向かう、いつもの見慣れた通りに、ゆうき達が歩いている姿が遠くに見える。やはり日本人は見た感じが違うのだ、ということが改めてわかった。その姿が近づき、ゆうきとえりさん、友人たち4人と合流する。これから、いつもの過ごしているローカルな街を案内する予定。愉しんでもらえると嬉しいな。

早速、喜んでもらえたみたい。この辺りの雰囲気を好きと言ってもらえて嬉しい自分がいた。夕暮れに差し掛かった頃、いつも一人で歩く、いつもの通りの屋台と屋台の間に、見かけない人たちが歩く。不思議そうに見る人もいれば、笑顔をくれる人もたくさんいて、この辺りの人たちの柔らかさを実感できた。




案内の後の、4年前から行っているローカルな店でのタイマッサージにとても喜んでもらえて、素直に嬉しい。いろいろとみんな、ほぐれた感じがする。この次は、晩ごはんを食べに行く。ラット・ヤ通りを東に進み、タイ北部料理の屋台が連なるエリアにやってきた。今日も晩ごはんを食べる人で賑わっている。

その中のひとつ、同じく4年前から通うお店に入り、ゆうき、えりさん、みかさん、あやねと僕の5人でテーブルを囲んだ。初めましての人も二人いて、何だか不思議な感じではある。でも、これが旅なのだと思う。こうやって世界観が触れ合い、知らない人の知らない世界から、また自分の世界を知っていける。




Remember the World 1th season
======================
Chapter.YU-30
タイ バンコク – BANGKOK/THAILAND/JAPAN –
2017/10/13〜2017/10/25
Next destination
東京都 – /TOKYO/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。