ようこそ、この世界へ。【 旅LOG – 2017.09.02】




– 旅LOG – 旅する暮らしの中での心の記録

大船渡で朝を迎え、大船渡で眠りについた1日。





2017/09/02(土)
処暑 ( しょしょ ) 二十四節気
禾乃登 ( こくもつ すなわち みのる ) 七十二候 第四十二候


目覚め 大船渡の家。
就寝 大船渡の家。

午前 睡眠、荷詰め、荷運び、車で移動、盛岡着、立会い、車で移動、荷運び、車で移動、お見舞い、歩いて移動、最初のごはん、歩いて移動、買い物、歩いて移動、お見舞い。
午後 お見舞い、車で移動、買い物、車で移動、睡眠、ガスの立会い、車で移動、お見舞い、車で移動、大船渡着、荷運び。
 車で移動、給油、レンタカー返却、歩いて移動、買い物、歩いて移動、晩ごはん、お風呂、読書、睡眠。

最初のごはん 塩おにぎり @黒川産婦人科 by 大船渡の家
昼ごはん 中華そば @中河
カフェタイム 白糖あん玉、茶もち、しょうゆだんご、すあま @病室 by 梅月堂
晩ごはん おでん、今日は家ごはん、炒飯おにぎり @大船渡の家 by セブンイレブン




どうやら破水したらしい。相方が病院に連絡している横で立ち上がり、朝に積む予定だった荷物を車に運び始めた。ここから盛岡まで2時間。遅くても30分後くらいには出発したい。意外に元気そうな相方に残っていた米をおにぎりにしてもらいながら、黙々と荷物を車に運び続けた。外は涼しくて気持ちいい。

結果的に、45分後くらい、2時に大船渡の家を出る。レンタカーを軽トラではなくタウンエースにしておいてよかった。陣痛はまだ緩いみたい。普段通り、穏やかに話をしながら盛岡へと向かった。暗くて、ほぼ誰も走っていない道。いつもと違う景色に見える。走りながら何度か、涙が溢れそうになってきた。




まだ相方の中に体を残したまま、赤子は泣き始めた。そして 8:53 に無事、相方に抱きあげられる。相方の胸に抱かれた赤子はすぐに泣き止み、へその緒を切った後は母の胸で静かに眠り始めた。ようこそ、この世界へ。がんばった相方と赤子。二人とも元気そうで何より。しばらく二人は横たわったまま。

自分が生まれた時のこと、長男や次男が生まれた時のこと、そんなことがいろいろと蘇る。それらが今に集約された感じで。そして、生命の凄さと素晴らしさ、母という存在の強さ、男性と女性、生まれることと死を迎えること、過去と未来。破水からずっと、僕らが生きているこの世界のことが頭を巡った。




途中、何度か休みながら大船渡に辿り着いた。レンタカーを返し、大船渡の町を歩いて家に戻る。日はもう暮れてしまったけど、おかげで商店街の街灯が星のように見えた。それがとても印象的で、どうして今まで気づかなかったのかと自分にい問いかけた。きっと、今、この瞬間だからそう思えるのだと思う。

寄り道して帰ろうと思っていた店はお休みで、コンビニでおでんを買って帰ることにした。素敵なスタッフさんとのやりとりがとても印象的で、街灯のことといい、離れる直前だから見えることがあるみたい。やっぱりこの世界は一期一会なのかな。そんなことを思いながら、暗い夜道をひとり静かに歩いてみた。




Remember the World 1th season
======================
Chapter.YU-23
岩手県大船渡市 – OFUNATO/IWATE/JAPAN –
2017/08/24〜2017/09/03
Next destination
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


旅の時間・対話の時間
こばけんとの対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 旅の時間・対話の時間はこちらから


[ お知らせ ]

◻︎ 新しい試み、はじめました。【11/26(月)】
◻︎ 成果報酬スタイルの対話でのセッション、終了のお知らせ。【11/22(木)】
◻︎ LIFE × COBAKEN 、はじめました。【11/11(日)】
◻︎ 6月から半年くらいかけて、今の自分がやっていることをまとめているところです。 【10/19(金)】


[ ここ3ヶ月の人気の投稿 TOP5 ]

No.1 – また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。
No.2 – LIFE × COBAKEN 、はじめました。
No.3 – 僕が今、死ぬまでに伝えておきたい7つのこと。
No.4 – ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
No.5 – 内側にある怒りを手放すこと。【 旅LOG – 2018.10.07】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

LIEF × COBAKEN
COBAKEN LIFESTYLE LABO の公式オンラインショップ。

↑ LIEF × COBAKEN はこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター 。広島県竹原市と岩手県盛岡市在住。2012年9月から旅する暮らしをスタート。6年間の7割半は旅先で、その旅先は、日本か東・東南アジアのどこか。生業は、旅や対話を通じて心のバランスを整え、想いや行動を促すこと。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。