どんな未来に導かれるのだろうか。【 旅LOG – 2018.10.21】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

柳川で朝を迎え、柳川で眠りについた1日。





2018/10/21(日)
寒露 ( かんろ ) 二十四節気
蟋蟀在戸 ( きりぎりす とにあり ) 七十二候 第五十一候


今日も画駱駝さんのライブペントが始まった。彼のクリエイターとしての表現活動を眺めながら、どことなく自分と重ね合わせてみる。自分は何を表現したいのだろうか。どんな想いをカタチにして、何を伝えていくのだろうか。伝えることをテーマにした41才の1年間は、どんな未来に導かれるのだろうか。

しかし、2日続けて晴天を引き寄せるなんて、画駱駝さん鬼丸くんも持っていると思う。ちなみに鬼丸くんにはまだ、明日旅立つという実感はないらしい。旅立ちとはそんなものなのかもしれない。旅行ではない、初めての旅。期待と不安。バタバタとした準備に追われていても、それでも旅立ちはやってくる。


*


茶車をつくるというミッションが発動した。二階に上がると漢字で書きたくなるような箪笥たちがいくつもあって。自分にとっては宝の山だけど、古いものを嫌う人にはゴミに見えるのかもしれない。でもそれは、人それぞれの価値観ということで、その違いを互いに尊重できる社会を、活動を通じて広げていく。

これはその昔、自分がやり遂げることができなかったことでもある。リフォームの際に出てきた家具や陶器を保存して、必要な場所で活かしたり、必要な人に巡らせたり。自分としては、そんな活動もしたかった。失われてはいけないもの、失われたけど忘れてはいけないこと、それらを守る活動の一環として。


*


金沢さんを囲むように自然に、僕もカウンターの中に入ることになった。代わりに、ゆっこさんはカウンター席に並んで座る。実は、カウンター越しに眺めるうずしおの景色がとてもよくて、話をしつつその景色を愉しんだ。昔から、カウンターの中で人と話したり、お酒を出したりするのは好きだから嬉しい。

今夜は何気にラストナイト。明日には柳川を旅立つ。明日の夜、一緒に焚き火をしに八女に行きたいけれど、明日には旅立ったほうがいいと自分が言っているから。今は特に、自分からのメッセージを無視するわけにはいかない時。だからその声に従おうと思って。寂しいけれど、区切りがあることも大切だから。




目覚め えほん&スナックうずしお
就寝 えほん&スナックうずしお

午前 起床( 9:20 )、まったり、シャワー、瞑想、身支度、ライブペイントの見学、まったり、茶車づくり。
午後 茶車づくり、来客、カフェタイム、まったり、パソコン仕事、まったり、飲み時間。
 飲み時間、まったり、就寝( 12:23 ) 。

最初のごはん @えほん&スナックうずしお
カフェタイム @えほん&スナックうずしお
飲み時間 ビール、磯乃澤 純米吟醸うすにごり、醴泉、おでん、しめ鯖、繁桝 @えほん&スナックうずしお


Remember the World 3th season
======================
Chapter.YU-27
福岡県柳川市 – YANAGAWA/FUKUOKA/JAPAN –
2018/10/17〜2018/10/22
Next destination
福岡県福岡市 – FUKUOKA/FUKUOKA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。


    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。