希望の光だと思えた。【 旅LOG – 2018.08.01】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

竹原で朝を迎え、竹原で眠りについた1日。





2018/08/01(水)
大暑 ( たいしょ ) 二十四節気
土潤溽暑 ( つち うるおいて むしあつし ) 七十二候 第三十五候


やぱり、第1チャクラの影響なのか。最近対話した中で、第2も第4も問題なさそうなのに、どうしてバランスが崩れているのだろうか、ということが続いていた。クライアントの姿は自分自身の姿でもある。最近始めた腹部の筋トレを終えると、第1チャクラをイメージして、状態を整えるための瞑想を始めた。

これに気づけたということは、根っこの部分が整い始めるのだと思う。こうして少しずつ、自分なりに自分を整えながら生きてきた。これからは、より大地に根付いて生きることになるのだと思う。自由に移動しながらも、地に足のついた人として。そんな矛盾を同居させた、思考では割り切れない世界が面白い。


*


マクドナルドで涼みながらのパソコン仕事を終えて、礒宮八幡神社へと朔日参りに向かった。所持金は残り4円。通帳の中に266円あるけれど、それをおろすことはないだろうから、日本におけるお金があると言える最低限の状態である1円を残して、賽銭箱に投げ入れる。どこかすっきりとした気分になった。

1円だろうがお金はある。お金がないわけではない。それに、困っているわけでもない。旅する暮らしの中で何度も体験したことで、今さら頭を抱えることはない。今はそういう状態、という感覚。どうすればいいのかは考えはするけれど、それは今から未来へと向かうための問いかけで、前に向かうためのもの。


*


板書ボランティアのお手伝いを終え、帰り道で晩ごはんを食べつつサンフレの試合を観戦し、改めて家路についた。帰りも小泉から忠海に抜けて帰ろうかと思っていたのだけれど、急に思いついて途中から北上し、2号線から竹原に帰ることに決めた。何となくだけど、本郷のあたりを通っておきたいと思って。

この辺りが水に浸かっていたのか、と思うと恐ろしくなってくる。あの時、お店の看板が出ていたくらいだから、道路を走る自分は完全に水の中にいることになる。そんな中、ものすごいスピードで完全に浸かった店を再開させたコンビニ。そこが当たり前のように夜の道路を照らしていて、希望の光だと思えた。




目覚め 竹原の家。
就寝 竹原の家。

午前 睡眠、まったり、瞑想、ストレッチ、筋トレ、瞑想、寝床の片付け、まったり、最初のごはん、読書、洗い物。
午後 睡眠、シャワー、身支度、車で移動、お店でパソコン仕事、車で移動、朔日参り、車で移動、スーパーで探し物、歩いて移動、コンビニで買い物、おやつ、待ち合わせ、コンビニで買い物、歩いて移動、まったり、顔合わせ、まったり、会場入り、会場準備。
 板書ボランティア、片付け、歩いて移動、スーパーで探し物、車で移動、回転ずしで晩ごはん、車で移動、コンビニで買い物、おやつ、車で移動、家着、まったり、シャワー、ゲーム、読書、睡眠。

最初のごはん 野菜たっぷりポークカレー @竹原の家
おやつ 山賊むすび @三原駅 by セブンイレブン
晩ごはん 回転ずし @はま寿司 三原 店
おやつ 中華そば @車内 by セブンイレブン


Remember the World 3th season
======================
Chapter.YU-07
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2018/07/25〜2018/08/06
Next destination
広島県広島市 – HIROSHIMA/HIROSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。


    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 住宅街にある、小さな醸造所。【 旅LOG – 2018.05.27】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。