大切なのは真ん中の自分。【 旅LOG – 2018.07.04】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

盛岡で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2018/07/04(水)
夏至 ( げし ) 二十四節気
半夏生 ( はんげ しょうず ) 七十二候 第三十候


居間の机にパソコンを置いて、カチャカチャと仕事を進める。ただ、今は言葉が浮かばない状態に入っているから、言葉を綴る作業は停滞気味。そんな自分も受け容れつつ、盛岡の家での2回目の朝の時間を過ごしていた。遅れている記録をサクサクと進めたい気持ちもあるけれど、そんな時間もいいのだと思う。

心と頭。想いと思考。感情と論理。自分の中で起こり続けていた対立を解消し、対極のものを同居させること。それが自分の想う、自分との仲直り。そのためにはまず、時間の余裕を得ることから始めて、心の余裕を得ること。そうしないと、自分とも人とも対話することはできない。大切なのは真ん中の自分。


*


自分にとって愉しいことは何なのだろうか。前回の旅を自分は愉しめたのだろうか。人に出逢い色々と話すことは変わらず愉しいけれど、今の世の状況を感じれば感じるほど、この世界を憂いている自分がいるみたい。何とも言えない感覚だけど、確実に世の中の何かを感じて、心に引っかかりを作り出している。

素と素が触れ合い、わかり合えること、それが自分にとっての愉しいこと。リミッターを取り除いた、そんな対話をしたい。いや、対話じゃなくてもいい。大切な誰かとわかり合えることが愉しい。人を理解しきることはできないけれど、それでも根本の部分ではきっと繋がっている。そんな関係性を広げたい。


*


わかってほしい、自分には価値がない。久しぶりにこんな自分に出逢えた。まだ解消しきれていないみたい。きっと、記憶を押し込めることで自分を保ち、どうにか立ち上がった頃の想いが蘇ってきたのだと思う。あることに気付きさえすれば、何の問題もない。あとは意識して、それを手放していけばいいだけ。

そう思うと気が楽になってきた。でも、晴れない雲がある感じ。原点回帰を終えて自分の奥深くに眠っていた過去の自分の想いが、膿のようになって眠っていたのだと思う。それを解き放つことで、もう1段階自分を軽くシンプルにしていくタイミングなのだろうか。もう少しの間、静かに自分を見つめてみよう。




目覚め 盛岡の家。
就寝 盛岡の家。

午前 睡眠、まったり、パソコン仕事、身支度、ごみ出し散歩、パソコン仕事、まったり、動画鑑賞、最初のごはん、睡眠。
午後 まったり、料理、昼ごはん、まったり、パソコン仕事、まったり、飲み時間、寝床の準備、睡眠。
 まったり、おやつ、洗い物、まったり、お風呂、まったり、読書、夜食、対話、睡眠。

最初のごはん 釜玉うどん風 @盛岡の家
昼ごはん 醤油卵らーめん @盛岡の家
飲み時間 ホワイトベルグ @盛岡の家
おやつ 白ごはん、卵とじ @盛岡の家
読書 フロム・ザ・バレル @盛岡の家
夜食 キャベツのペペロンチーノ、赤ワイン @盛岡の家


Remember the World 3th season
======================
Chapter.YU-02
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2018/07/02〜2018/07/10
Next destination
新潟県新潟市 – NIIGATA/NIIGATA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。


    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 住宅街にある、小さな醸造所。【 旅LOG – 2018.05.27】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。