力みは生で、ゆるみは死。【 旅LOG – 2018.05.12】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

盛岡で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2018/05/12(土)
立夏 ( りっか ) 二十四節気
蚯蚓出 ( みみず いずる ) 七十二候 第二十候


ゆるめること。ふと思い出した。仰向けになって目を瞑り、丹田のあたりを押さえながら力みをゆるめていく。そのまま大腸、小腸に沿ってマッサージを始めると、自分のお腹の強張りが伝わってきた。いつ以来だろうか。こうやって深い部分を解すのは。自分の中の喪が明け、浮世に戻ってからはやっていない。

人と関わりながら生きること。そうすればするほど、力みは生まれるのだと思う。そんな日々の中で、余分な力みを手放すためにゆるめる時間が必要。力みは生で、ゆるみは死。その繰り返しの中に生きている。1年前に本から受け取った言葉が蘇ってきた。ゆるめば自然と解れる。それは心も身体も同じこと。


*


ラピュタのドーラのように肉の塊にかじりつきたい、そんな夢はいつまでたっても消えることはない。今日は結婚式の引き出物のカタログギフトで選んだハムセットが届いた。思ったよりも小さくはあったけれど、1番最初はかじりつきたい。そんな夢を叶えさせてもらった。うまい。そしてビールを流し込んだ。

更に、さっきスーパーで買ってきた業務用のウィンナーを茹でる。賞味期限は今日までで、そのおかげで半額になっていたもの。以前、相方が食感を気にしていたことを思い出し、味見をするにはちょうどいいと思って買ってきた。ただ、38本入りで数が多いけど。でも、たまにはこんな日もいいものだと思う。


*


最近、インスタントラーメンを作る時、千切りにしたキャベツを丼の底に敷いてから、熱々のらーめんを入れるのがマイブーム。そのためにも今日は塩味の正麵を選んだ。しかも今日はちょうど焼豚も届いたから、昆布の佃煮と一緒に麺の上にのせる。最後に思いつきで、仕上げとして昆布の佃煮に辣油をかけた。

これで夜食が完成した。まずは相方に味見をしてもらう。どうやら美味しくできたみたい。昔は家で食べていた、野菜がたくさん入ったらーめんがあまり好きではなかったけれど、今はちゃんぽんなど野菜が入ったものを好むようになった。こんな風に自分で作る時も入れるようになって。人は変わっていくもの。




目覚め 盛岡の家。
就寝 盛岡の家。

午前 睡眠、まったり、ストレッチ、落書き、まったり、瞑想、パソコン作業、最初のごはん、まったり、ストレッチ、洗い物、カフェタイム、パソコン作業。
午後 身支度、車で移動、スーパーで買い物、車で移動、家着、片付け、宴、まったり、サッカー観戦、読書、睡眠、まったり、サッカー観戦、まったり。
 身支度、歩いて移動、スーパーで買い物、歩いて移動、まったり、パソコン作業、お風呂、まったり、パソコン作業、洗い物、料理、夜食、掃除、バータイム、睡眠。

最初のごはん 白ごはん、味噌汁、梅干し @盛岡の家
カフェタイム 珈琲 @盛岡の家
 ホワイトベルグ、スモークハム、ポーク&チキンウィンナー、赤ワイン @盛岡の家
夜食 千切りキャベツ入り塩らーめん @盛岡の家
バータイム フロム・ザ・バレル @盛岡の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-32
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2018/04/23〜2018/05/23
Next destination
東京都 – /TOKYO/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 住宅街にある、小さな醸造所。【 旅LOG – 2018.05.27】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。