そして、相方は塩をぶちまけた。【 旅LOG – 2018.05.04】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

盛岡で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2018/05/04(祝・金)
穀雨 ( こくう ) 二十四節気
牡丹華 ( ぼたん さく ) 七十二候 第十八候


今日は混雑を避けるために早くから出かけた。1番の目的はDVDを返すこと。だから、まずは本屋さんに向かい、産直で野菜を買う予定。本屋さんに辿り着くと駐車場はガラガラで、オープン間もない店内に入っていろいろと物を眺めてみることにした。すると、まだキャンプ用品が展示されていて嬉しくて。

せっかくだからイオンにも向かう。買いたい物が幾つかあったから。こちらはもう、いつもと比べて人が多い。だから、一気に買いたい物を買って産直に向かった。すると、産直にも駐車場にたくさんの車が停まっていて。さすがのゴールデンウィーク。ここでも一気に買い物を済ませて、人混みから抜け出そう。


*


正午を過ぎたくらいに家に戻った時には、もう夕方の気分。それもあってか、スーパーで買い物をしている頃に何となく、昼から宴をすることに決めた。買ってきた物たちを所定の場所に片付けたら、まずは鶏肉を焼く。味付けしてあるから焼くだけで大丈夫。続いて、グリルでししゃもを焼き始めた。いい匂い。

何の宴なのかはわからないけれど、こうしてのんびりと過ごせるのはいい。続いて、とんかつサイズの豚肉を2枚ほど焼いた。これも肉を焼いたのだから焼肉になるのだろうか。そして、焼いた豚肉から出た脂で焼飯を作る。玉ねぎと大葉も加わって、とても美味しくいただいた。ふう、満足。珈琲でも飲もうか。


*


風呂上がり。お酒も抜けたことだし、珈琲でも飲みながらいろいろと作業を進めようと、台所のカウンターテーブルでパソコンをカチャカチャ叩いていた。そこに、息子を寝付かせた相方がやってくる。明後日の来客に向けて、これから鶏ハムを仕込むらしい。そんな静かで、のんびりとした夜の時間がいい感じ。

そして、相方は塩をぶちまけた。実は昨日のやりたくてやることとして書き出したことの中に、コンロまわりの掃除、というのがあって。そのための機会をもらったんだなと笑いが出た。見事な引き寄せ。自分から動かないから、強制的にそのタイミングは作られたみたい。これでまた、自分の内面が整うと思う。




目覚め 盛岡の家。
就寝 盛岡の家。

午前 睡眠、身支度、ごみ出し散歩、パソコン作業、車で移動、本屋で物色、車で移動、イオンで物色、買い物、車で移動、産直で買い物、車で移動、スーパーで買い物、最初のごはん、車で移動、家着。
午後 片付け、料理、宴、まったり、ゲーム、睡眠。
 まったり、ゲーム、寝床の準備、パソコン作業、お風呂、まったり、パソコン作業、。

最初のごはん あんバター @車内 by 福田パン
 鶏胸肉の、ホワイトベルグ、ししゃも、焼飯、トンテキ、赤ワイン、焼飯、あんバター、珈琲 @盛岡の家
パソコン作業 珈琲 @盛岡の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-32
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2018/04/23〜2018/05/23
Next destination
東京都 – /TOKYO/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。