生きるために身体を動かすこと。【 旅LOG – 2018.03.15】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

盛岡で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2018/03/15(木)
啓蟄 ( けいちつ ) 二十四節気
桃始笑 ( もも はじめて さく ) 七十二候 第八候


天気のいい日に雪を溶かすこと。雪を退ける以外の雪かきがあることを知った。少し考えてみればわかることだけど、雪が山になっている中での生活と縁遠かった自分にとっては、想像もつかなかったことでもある。今日は気温がだいぶ上がるみたいだから、駐車場の日陰で山になった雪を日向に広げて溶かそう。

こうして、暮らしの中で身体を動かす機会。それがありがたい。生きるために身体を動かすことで、自分の筋肉を保つこと。それが1番いいのだと思う。歩いたり、何かを運んだり、掃除をしたり。それを毎日積み重ねることで得られる、適切な筋力。そんな時間を愉しめる、そんな毎日が自分にはちょうどいい。


*


長い眠りから目覚めて、夕方の散歩に出かけた。今日の日中の気温は20度近く。お出かけから戻った相方によれば、車の温度計は26度になっていたらしい。そんな小春日和を超えた日の夕方、アウターなしで散歩をすることができた。身軽で嬉しい。ゆっくりと歩きながら、建物や道端を眺め、空を見上げる。

歩いていると鳥の鳴き声が遠くから聞こえた。少しすると上空に、白鳥がまとまって飛ぶ姿が見えた。それから何度も、白鳥が上空を飛んでいく。きれいに編隊を組みながら、北のほうに向かって飛んでいた。そんな季節。自然はこうして、僕らにメッセージをくれる。僕らは、それを受け取りながら生きている。


*


子が眠った後、今夜は日本の映画を見た。超高速参勤交代、壬生義士伝。今は特に、この時代の世界観に憧れるものがある。それはきっと、古き良きものの根本を大切にしながら、新しきものを混ぜ合わせていくため。ハイブリッドに生きていくためにまずは、あるものに目を向けること、が大切なのだと思う。

自分は革命家ではない。今、人類が立っている革新の入口から1歩を踏み出すために動いているのであって、人が繋げ営んできた、根本の部分を覆す気は毛頭ない。手段や表現、倫理は時代によって変わるから、それは時代に任せるとして、根本の部分、心根の部分に目を向けられる環境を、今後もつくり続ける。




目覚め 盛岡の家。
就寝 盛岡の家。

午前 睡眠、子守、最初のごはん、動画鑑賞、雪かき、読書、車で移動、古本屋で物色、車で移動、携帯ショップで支払い、車で移動、スーパーで買い物、車で移動、スーパーで買い物、車で移動、家着、片付け、料理。
午後 昼ごはん、雪かき、動画鑑賞、睡眠、読書、まったり、対話、散歩、落書き。
 パソコン作業、晩ごはん、映画鑑賞、お風呂、映画鑑賞、睡眠。

最初のごはん 白ごはん、そーめんチャンプルー、豚の生姜焼き、肉じゃが、人参のきんぴら @盛岡の家
昼ごはん 支那そば @盛岡の家
晩ごはん 白ごはん、味噌汁、鶏肉と野菜の塩麹炒め、肉じゃが、人参のきんぴら @盛岡の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-18
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2018/03/10〜2018/03/24
Next destination
広島県竹原市 – TAKEHARA/ HIROSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 住宅街にある、小さな醸造所。【 旅LOG – 2018.05.27】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。