大切なのは柔軟性。【 旅LOG – 2018.01.24】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

盛岡で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2018/01/24(水)
大寒 ( だいかん ) 二十四節気
款冬華 ( ふきの はな さく ) 七十二候 第七十候


相方の体調は優れないまま。熱が上がるわけではなく、気持ちが悪いみたい。自分が帰ってきて気でも緩んだのだろうか。それとも何かの禊なのだろうか。その答えは自分にはわからない。しかし、長いあいだ風邪もひいていない人は、体調不良に弱いのだなと思う。それなので朝から、子と二人で元気に戯れた。

仕事をする必要はあるけれど、それよりも大切なことがある。でも、その大切なことを大切にするためにも、仕事をする必要はある。結局、どっちを優先するのかではなく、どっちも大切で必要だということ。それは、その瞬間瞬間に変わるものでもある。だから大切なのは柔軟性。状況に合わせて選択すること。


✳︎


盛岡に戻ってくると食べたいものの一つに福田パンがある。昨日の夜に買い物に出た時に買ってきたのだけれども、半分食べれるくらいまで相方は回復したみたい。よかった。その半分をもらい、一気に食べる。コッペパンに挟まれた、どこか懐かしい感じのする味。相変わらず美味しい。食べられてよかった。

実はその前に、小さめのバケットを1本食べたばかり。おやつではあるけれど、しっかりと腹を満たしてくれるおやつになった。子は、その姿を眺めながら不思議そうに見ている。まだ食べたいとも思わない、よくわからないものなのだと思う。でも、すぐに分け合うようになるのだろうな。そんな日を愉しみに。


✳︎


お風呂に入りながら子に問いかけた。俺はどうしたいんだろうね。すると、頭に浮かんできた言葉がある。1000 年後を生きる子孫に、きれいな海や山、街や文化など、自分が大好きで大切に想うものたちを手渡して、胸を張ってこの世を去りたい。長男が生まれた頃に胸に抱いた言葉。自分の行動を決める言葉。

それしかないよね。こうやっていつも、子供たちが自分を導いてくれる。長男は海のように受け容れること、次男は勇気を持って1歩を踏み出すこと、そして三男は空からのメッセージを与えてくれる。名は体を表すというけれど、自分のまわりの大切な人たちの名前も、自分を表してくれる大切な言葉だと思う。




目覚め 盛岡の家。
就寝 盛岡の家。

午前 睡眠、身支度、ゴミ出し散歩、落書き、パソコン作業、子守、最初のごはん、まったり。
午後 パソコン作業、子守、おやつ、パソコン作業、睡眠、雪かき、パソコン作業、洗い物、料理、子守。
 料理、晩ごはん、洗い物、子守、お風呂、パソコン作業、読書、睡眠。

最初のごはん 白ごはん、味噌汁、鶏肉のみぞれ煮、人参のきんぴら、カブ葉のふりかけ @盛岡の家
おやつ ミニバケット、あんバター @盛岡の家
晩ごはん 白ごはん、玉子スープ、鶏チリ、もやしの玉子あんかけ、人参のきんぴら、カブ葉のふりかけ @盛岡の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-07
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2018/01/22〜2018/02/07
Next destination
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。