ファシリテーションとは楽にすること。【ボクノオト、ワタシノオト】



今年も勝手にFIND THE WORLD JAPAN TOUR 2016 はじまってます。
画像の説明
↑ JAPAN TOUR 2016 の日程はこちらから


– ボクノオト、ワタシノオト – その時のテーマから生まれた僕の音、私の音

このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



眠る子猫


ファシリテーションとは、促すこと。

人と人とが話をする場を促していきます。


話し合いの場にファシリテーションが加われば、

短い時間で話し合いが終わったり、

想像もしなかったアイデアが生まれたり、

その場の人すべてが納得していたり。


でもその前提にある、ファシリテーションの

核心的なことにやっと気づくことができました。




それは、楽にする、ということです。




ファシリという言葉の意味には、促す、促進する、に加えて、

楽にする、容易にする、という意味もあるのです。


その場の空気を楽にすること。

その場の人たちの心を楽にすること。


ホッとした気持ちで自分が感じたことや思ったことを

自由に話してもらえたら、人は自然と促されていくものです。


人が持っている本来の音が自分の中に響いた時、

何ともいえないしあわせな気持ちになれます。


だから、僕にとってのファシリテーションは楽にすること。

心が楽になるから人は自然と促されていく、

そういうものだと今は思っています。




私は私のままでいい。




僕のつくる場に参加してくれた人がまず、

自分に許可を出せること、

そんな場をつくれる自分であり続けたいです。


FACILITATION
みんなのためが自分のために、自分のためがみんなのために
画像の説明
↑ ファシリテーションに関してはこちらから


追伸

促すことについて投稿したダイアログの教科書「 No.75 促す」があるのですが、必要としてくださる人には差し上げますので、コメントもしくはメッセージでお知らせくださいませ。

ダイアログの教科書 一覧
ダイアログの教科書のすべてのテーマ
画像の説明
↑ ダイアログの教科書 一覧はこちらから






このブログの読み方-ふり返り-




– ダイアログのある暮らし –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net


[ 人気の投稿 ]
満月を迎えた頃。【 旅LOG – 2016.04.22】
動く瞑想。【 旅LOG – 2016.04.14】
人が人として。【 旅LOG – 2016.04.15】


D-LABO 研究員登録制度

2種類の研究員のどちらかに登録し、パートナーや家族など身近な人たち、そして自分との関係性をより良くし、自分らしく、しあわせに生きるための研究を一緒に進めていく制度です。

対話する研究員 29 名
旅する研究員 4 名
( 2016.05.11 現在 )

自分らしく、しあわせに生きる、そんな研究を一緒に
画像の説明
↑ D-LABO 研究員登録制度はこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
3種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

小林 豊 公式ブログ
旅することで見えた世界、旅しているから見える世界
画像の説明
↑ 小林 豊 公式ブログはこちらから

Twitterボタン



どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな日々を。