ファシリテーションとは楽にすること。【ボクノオト、ワタシノオト】




– ボクノオト、ワタシノオト – その時のテーマから生まれた僕の音、私の音


眠る子猫


ファシリテーションとは、促すこと。

人と人とが話をする場を促していきます。


話し合いの場にファシリテーションが加われば、

短い時間で話し合いが終わったり、

想像もしなかったアイデアが生まれたり、

その場の人すべてが納得していたり。


でもその前提にある、ファシリテーションの

核心的なことにやっと気づくことができました。




それは、楽にする、ということです。




ファシリという言葉の意味には、促す、促進する、に加えて、

楽にする、容易にする、という意味もあるのです。


その場の空気を楽にすること。

その場の人たちの心を楽にすること。


ホッとした気持ちで自分が感じたことや思ったことを

自由に話してもらえたら、人は自然と促されていくものです。


人が持っている本来の音が自分の中に響いた時、

何ともいえないしあわせな気持ちになれます。


だから、僕にとってのファシリテーションは楽にすること。

心が楽になるから人は自然と促されていく、

そういうものだと今は思っています。




私は私のままでいい。




僕のつくる場に参加してくれた人がまず、

自分に許可を出せること、

そんな場をつくれる自分であり続けたいです。


FACILITATION
みんなのためが自分のために、自分のためがみんなのために
画像の説明
↑ ファシリテーションに関してはこちらから


追伸

促すことについて投稿したダイアログの教科書「 No.75 促す」があるのですが、必要としてくださる人には差し上げますので、コメントもしくはメッセージでお知らせくださいませ。

ダイアログの教科書 一覧
ダイアログの教科書のすべてのテーマ
画像の説明
↑ ダイアログの教科書 一覧はこちらから




おわり


– Follow Me –
Twitter / Facebook / Instagram


僕はこの5年で 1,500 泊以上、旅をしながら暮らすことに時間を費やしました。

その体験は唯一無二のもので、そこから得た大切なことを活かした僕との旅や対話の時間は、自分を生きることを望んでいる人にとって、とても価値があるものです。

そんな僕との対話の時間を通じて、自分を整えたり、自分と仲直りしたり、自分の未来を描いてください。

対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

夫婦とは、どうあるべきなのか。
http://cobaken.net/monologue/10081
子育てという、共に成長し合う時間。
http://cobaken.net/monologue/11357
また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。
http://cobaken.net/monologue/9765


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの一覧
旅する暮らしで提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
月に1度、メールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学びの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。