自分の生活を背負って歩く。【 COBAKENのひとりごと 】



– COBAKENのひとりごと –







今年の JAPAN TOUR を終えてからは1度、郡山と福島に向かった4泊の旅くらいで、バックパックを背負う暮らしからしばらく離れていました。しかも、7月末からの3週間の旅は車での旅だったから、駐車場から部屋まで運ぶ以外は、背負うことがなくて。


それなので今回、2ヶ月ぶりくらいにバックパックを背負って旅をしていると改めて、自分の生活を背負っているんだなぁ、と実感する機会が何度も何度もありまして。




旅先では、このバックパックに入らないものは、僕のものではありません。

それなので仮に、バックパックに絶対入らない自転車や車をもらったとしたら、広島の家か岩手の家に送ってもらうか、他に必要としている人にあげるか、どこかで売ってお金にしてもらうことを選びます。




今、バックパックに入れているものは、着替え、生活用品、文庫本、仕事道具です。

Tシャツ、タンクトップ、パンツ、靴下、手ぬぐいの替えは、着ているものを含めて4日分、ズボンは履いているものを含めて2本、白シャツと膝丈の部屋着、そしてスニーカーかサンダルのどちらかを中に入れて持ち運び、タオルを3枚入れています。

それと、歯ブラシ、歯磨き粉、髭剃り、くし、カミソリ、鼻毛切りバサミ、爪切り、耳かき、などのを一つにまとめた小さなバッグと、石鹸、トリートメント、洗濯洗剤をまとめた袋があります。

文庫本は2〜3冊。出る時に思いつきで選んで持って出ます。旅先でもらったり、買ったりして増えることが多いので、家に戻る頃には、3〜5冊になっていることも多いです。いや、いつもそうですね。

パソコン、クリアファイル、筆記用具、メモ帳などの持ち出して使う仕事道具をトートバッグやデイパックに入れて、そのままマトリョーシカのようにバックパックに詰め込み、それとは別に、付箋、クッシュボールを入れた袋、諸々の充電コードを入れた袋、そして、色鉛筆、神託カード、が入っています。

それと、瞑想の時に使う石や、お風呂などで使う地元の塩、パスポートや印鑑など、その他もろもろの旅の暮らしに必要な細かいもの、が入っています。


それで大体18キロくらいの重さです。

今のバックパックの容量は70Lで、たくさん物が入ります。今は可能な限り絞って、次に購入する予定の55Lのバックパックに向けての準備を進めています。

最初は20キロを当たり前に超え、旅をするたびにものが増えることによって、22キロとか23キロになることが多かったのですが、家に戻るたびに使わなかったものを出し、少しずつ減量化を進めてきた結果が今の重さです。

そんなバックパックは、その時の自分の体の状態で、見事に重さの体感を変えてくれます。そのおかげで、自分の状態を明確に確認することができるのです。そんな役割も、ずっと一緒に旅を続けてきた赤いバックパックは果たしてくれます。そんな、旅の相棒なのです。




僕らが生きるこの世界は、たくさんの物にあふれていて、そこに収納ができる広い空間を得たことで、ますますものにあふれる時代になったように思います。それは人類の進化を表すものなのかもしれませんが、物に支配されてしまっている、今の世界を象徴したものでもあると思います。

物はあくまで、僕らがよりよく生きることを助けてくれる存在で、物がないと生きていけない訳ではありません。本当の意味で、物が存在してるくれていることに感謝するためにも、限られた大きさのカバンを持って、人は旅に出る必要があるのかもしれませんね。

それも、観光地を巡り、ご当地の名物を食べて回る、経済的に喜ばれる旅行ではなく、たまには、同じ場所に5日くらい滞在して、そこを拠点に過ごす旅を、しかも限られた大きさのカバンを持って行ってもらえると、もしかしたら見えてくるものがあるのかもしれませんね。




この投稿を読まれた人は、こちらも読んでみてください。

自分が死ぬ時に持っていきたいもの。【 COBAKENのひとりごと 】








Twitterボタン





[ 人気の投稿 ]

夫婦とは、どうあるべきなのか。【 COBAKENのひとりごと 】
http://cobaken.net/monologue/10081
生まれてきてくれてありがとう。【 COBAKENのひとりごと 】
http://cobaken.net/monologue/9542
僕はそんな世界がいい。【 旅LOG – 2017.08.03】
http://cobaken.net/tabilog-japan/9219


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの一覧
旅する暮らしで提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
月に1度、メールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
対話を通じて対話の時代の生き方を学ぶ、そんな研究学習コミュニティ

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net