言葉にする。【 旅LOG – 2017.09.23】




– 旅LOG – 旅する暮らしの中での心の記録

宮島で朝を迎え、広島で眠りについた1日。





2017/09/23(祝・土)
秋分 ( しゅうぶん ) 二十四節気
雷乃収声 ( かみなり すなわち こえを おさむ ) 七十二候 第四十六候


目覚め 鹿庭荘
就寝 木和田家。

午前 睡眠、シャワー、瞑想、パソコン作業、電話、パソコン作業、最初のごはん。
午後 カフェタイム、荷詰め、対話、歩いて移動、フェリーで移動、宮島口着、歩いて移動、まったりトーク、歩いて移動、市電で移動、立町電停着、歩いて移動、荷物預け、歩いて移動、カフェでサッカー観戦、まったりトーク、対話。
 対話、歩いて移動、公園で読書、待ち合わせ、歩いて移動、晩ごはん、歩いて移動、バータイム、歩いて移動、夜食、歩いて移動、木和田家着、シャワー、睡眠。

最初のごはん レッドカレー@松田家
カフェタイム お茶、手作り@松田家
カフェタイム生ビール、ピーマンの肉詰め @カフェ エスプレッシーボ
晩ごはん 赤ワイン、グリルやさい、けいやく農家さんが愛情たっぷりこめて育てた野菜達の野菜サラダ、エビと旬野菜のアヒージョ @シエル
バータイム キウイのお酒 @サンバンチョウバル
夜食 しおラーメン @LAWSON




必要とされないことへの怖れ、それが自分にある。昨日の深夜、そのことに気づいたことでやっと、眠ることができた。そして5時台に目覚める。眠いけど眠れそうにはない。ここ最近の迷いはきっと、その怖れが影響していたのだと結果的に思う。お誘いの連絡をした時に断られるのが、とても怖かったみたい。

自分もまわりの人も、それぞれが自分の人生を生きること。そして、そんな人達と助け助けられながら生きること。そんな世界に向かいたいたいから、これから自分の人生を生きることを望んでいる人にどんどん、対話や旅のお誘いの連絡をしていくつもりでいる。それに向けてまたひとつ、怖れが解き放たれた。




たっつん特製のレッドカレーを食べた後、オススメのゲストハウスありますか、と訊かれ、そのままスタッフ達とゲストハウス談義になった。スパイスのおかげで汗が噴き出してくる。若い二人には落ち着き過ぎてるところばかりなのかもしれないけど、これまで行った中で自分が好きなゲストハウスを伝えた。

そして鹿庭荘を旅立つ前、旅をするためにはどうしたらいいですか、と訊いてもらえた。5年ほどこの暮らしを続けて初めてだと思う。ありがたいな、と思いつつ、その時に思いついた3つのことを伝えてみた。こうやって言葉にする機会がとてもありがたい。彼女の可能性が広がるきっかけになれたら嬉しいな。




シーボを出て、すぐ裏にある袋町公園に向かった。土の方に下りる階段のすぐ横の石の上に座り、薄明かりの中で本を開く。約束の時間まではまだしばらくあるから、ゆっくりと物語の世界に浸る。そうしているとすぐに時間は経つもの。人の気配がして顔を上げると、ひろちゃんの柔らかい声が耳に届いた。

野菜を食べたい、という共通の方向性が生まれたから、すぐそばにあるシャルボンを覗いてみた。岡本さんの姿が見えない。訊いてみると、シエルの方に出ているみたい。せっかくだから行ってみることにして、何気に腐れ縁のひろちゃんと広島の街を歩く。元気そうなその笑顔が嬉しくて、僕も自然と微笑んだ。




Remember the World 1th season
======================
Chapter.YU-27
広島県広島市 – HIROSHIMA/HIROSHIMA/JAPAN –
2017/09/23〜2017/09/24
Next destination
東京都台東区 – TAITO/TOKYO/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


僕はこの5年で 1,500 泊以上、旅をしながら暮らすことに時間を費やしました。

その体験は唯一無二のもので、そこから得た大切なことを活かした僕との旅や対話の時間は、自分を生きることを望んでいる人にとって、とても価値があります。

そんな僕との対話の時間を通じて、自分を整えたり、自分と仲直りしたり、自分の未来を描いてください。

対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ 夫婦とは、どうあるべきなのか。
◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 世界はこうしてうまく回る。【 旅LOG – 2018.04.01】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
月に1度、メールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。