氷だらけの家の中。【 旅LOG – 2018.01.25】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

盛岡で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2018/01/25(木)
大寒 ( だいかん ) 二十四節気
水沢腹堅 ( さわみず こおり つめる ) 七十二候 第七十一候


氷だらけの家の中。とても冷え込んだ夜を経て迎えた朝。ー12度は、人生の中で初めての体験だったと思う。内障子のガラスの表面もすりガラスの模様のように綺麗に凍っている。お風呂の入口のサッシも、玄関のサッシも、台所の窓も。洗面とお風呂とトイレの水栓も見事に凍ってくれていた。すごい世界だ。

台所の流しは大丈夫だけど、洗面とお風呂、トイレは耐えられる気温が違うことがよくわかった。燃焼式のストーブもこたつも、中々自分らを暖めてはくれない。でも、そこで熱を発してくれている安心と信頼がある。次にこんな寒波がくる頃に、ここにはいない可能性が高いけれど、いい体験をさせてもらえた。


✳︎


雪かきを終えるとまず、手湯で手を温めた。手に感覚が戻る感じが面白い。その状態で相方と晩ごはんに何を作るのかを話し、ついでにこのまま買い物に出ることに決めた。雪を下ろす度に暖機運転はしていたけれど、車からすれば月曜日以来のお出かけになる。自分の方は元旦以来の車の運転。お互い心が躍る。

駐車場を出て、雪に覆われた白く細い道を進む。雪景色はいつも自分の心を奪ってくれるから、意識して前を見ながら進んでいった。ちょうど、小学生たちが家に帰る時間帯。とにかくゆっくりと、白い景色を愉しみながらお店に向かった。雪道の運転は相変わらずに怖いけど、白い景色がそれを和らげてくれる。


✳︎


今日はお風呂に入るのを諦めた。お湯を沸かしては水栓や保温材の上から配管にかけることを繰り返したのだけれど、一向に水道が溶ける気配はない。それはそうだと思う。今日は最高気温も氷点下だから、自然に解ける要因はない。だから、また明日やることにしよう。明日は溶けるといいな。自然ってすごい。

幸い、台所の水栓は無事で、トイレも洗濯機の水栓も復活した。あとは、お風呂と洗面に伸びる配管が凍っているだけ。竹原では味わったことのない未知の体験。そんな体験ができることが嬉しい。1日2日風呂に入らなくても死ぬわけではないから、今、目の前にある状況を愉しみながら過ごしてみようと思う。




目覚め 盛岡の家。
就寝 盛岡の家。

午前 睡眠、子守、落書き、パソコン作業、料理、最初のごはん、まったり。
午後 動画鑑賞、雪かき、パソコン作業、車で移動、スーパーで買い物、車で移動、家着、水道の復旧、パソコン作業、子守、料理。
 料理、晩ごはん、動画鑑賞、映画鑑賞、パソコン作業、洗い物、パソコン作業、料理、夜食、まったり、睡眠。

最初のごはん 酸辣湯麺風らーめん、8分づきごはん、玉子スープ、もやしの玉子あんかけ、鶏チリ @盛岡の家
晩ごはん 8分づきごはん、味噌汁、焼鮭、肉じゃが、鶏肉のみぞれ煮 @盛岡の家
夜食 野菜入りチキンラーメン @盛岡の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-07
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2018/01/22〜2018/02/07
Next destination
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。


    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。