愉しみながら手放そう。【 旅LOG – 2018.01.18】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

竹原で朝を迎え、竹原で眠りについた1日。





2018/01/18(木)
小寒 ( しょうかん ) 二十四節気
雉始雊 ( きじ はじめて なく ) 七十二候 第六十九候


薄く目を開けて時計を見ると12時前。目を瞑り、思考を巡らせる。確かに寝るのは遅かったけど、そんなに眠ったのか。そして、もう一度目を開けて時計をよく見ると8時だった。勘違い。もう少し眠りたいけど、頭はもう起きてしまった感じ。では目を開いて起き上がろうか。うん、さっさと仕事を始めよう。

そして、気づいたら10時前。どこが、頭はもう起きてしまった感じなのだろうか。またもや勘違い。朝から2度の勘違いをして、ようやく起き上がった。まずは今日のやりたいことを書き出そう。でも本が気になる。少しだけ読むことにしようか。何だろう、この流されている感じ。今日は何が起きるのだろう。


✳︎


稼げない自分、という思い込みを手放して、稼ぐ自分へ。今日は、古いパターンや思い込みを手放して、本来の自分に戻るきっかけの日にする。実際、こうして生きているのだから稼いではいる。それは自分でも認識している。でも、今はまだ、思うような流れではない。どこか、自分に制限かかるのが今の現状。

もう、お金の奴隷にはならない。逆に奴隷にもしたくない。友人のような、そんな関係性がいいと思う。自分はそのつもりでも、その流れに至れてないから、だからきっとズレか足りないことがあるのだと思う。今の自分でいい。でも、常に成長し続けていたい。そんな矛盾と仲良くしながら、愉しく手放そう。


✳︎


ロベルタに向かうことに決めて、家を出た。そんなに寒くはないけど、マフラーが程よく暖かい。明日、竹原を旅立つことに決めた。最後の夜になってしまったけれど、お店に顔を出しておこうと思って。静かな町を歩きながら夜のバイトに向かう、当時の自分を思い出した。毎週金・土、深夜に出勤していた頃。

将来、バーのオーナーになりたいから、今のうちに現場を体験しておきたくて。それと、少しでもお金を稼ぎたかった。そのバイト先がモントからロベルタに店名も場所も変えて、今も竹原の町で営業してくれている。胸を張ってお勧めできるお店。でも、店の前に着くと、残念ながらお休みだった。また次回に。




目覚め 竹原の家。
就寝 竹原の家。

午前 睡眠、まったり、読書、パソコン作業、落書き、パソコン作業、落書き、読書。
午後 読書、最初のごはん、読書、シャワー、瞑想、落書き、睡眠、落書き、パソコン作業。
 晩ごはん、パソコン作業、お風呂、パソコン作業、身支度、歩いて移動、喫茶店の飲み時間、歩いて移動、家着、パソコン作業、睡眠。

最初のごはん 三分づきごはん、味噌汁、和風サラダ、チキンカツ、昆布 @竹原の家
晩ごはん スーパードライ、三分づきごはん、水炊き鍋 @竹原の家
飲み時間 麦焼酎、いなり寿司、カツオの、出前一丁 @ヒロハウス


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-04
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2018/01/12〜2018/01/19
Next destination
兵庫県神戸市 – KOBE/HYOGO/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。


Follow Me



[ 人気の投稿 ]

子育てという、共に成長し合う時間。
http://cobaken.net/monologue/11357
夫婦とは、どうあるべきなのか。
http://cobaken.net/monologue/10081
また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。
http://cobaken.net/monologue/9765


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの一覧
旅する暮らしで提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
月に1度、メールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学びの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。