ポジティブアプローチ。【 旅LOG – 2018.01.14】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

竹原で朝を迎え、竹原で眠りについた1日。





2018/01/14(日)
小寒 ( しょうかん ) 二十四節気
水泉動 ( しみず あたたかを ふくむ ) 七十二候 第六十八候


ぐっすり眠れた気がする。お酒の力を借りたからだろうか。まだ眠れる感じはあるけれど、そろそろ起き上がって仕事を始めたい。とは思いつつも中々起き上がれない、冬の布団の魔力。枕元にあった本を手に取り、そのまま読み始めた。しばらくはこのまま過ごしていよう。そんな1日の始まりもありだと思う。

起き上がると部屋を暖めながら、寝床を片付けた。そして、窓の近くにあぐらをかいて座り、瞑想を始める。今日は、久しぶりにゆったりと、深く瞑想することができた気がした。また何か、折り合いがついたのかもしれない。迷い、葛藤して折り合いがつく、そんな繰り返しではあるけれど、それが人間だから。


✳︎


昨日で販売終了した福袋のふり返りを始めた。というよりは、来年やる時に向けてのアイデアを出した感じになった。こんな時に自分はいつも、ポジティブアプローチという手法を使う。まず未来を描き、現在を確認し、未来をもとに現在を%で表し、あとは未来に1%でも近づくアイデアをただ書き出していく。

思っていたよりも反響はあった。でも、思ったよりは。だから来年は販売開始当日に売り切れるような福袋にしたい。結局、それに向けてのプロジェクトになった。名付けて、福袋2019、3時間完売プロジェクト。そのまんま。それに向けていろんなクエストを達成しながら当日を迎えるのが、とても愉しみ。


✳︎


もっと作業がしたい、今日はそんなふうに思いながら22時を迎えた。でも、睡眠の質を高めたい思いから、パソコンの電源を落として、眼鏡を外す。この後の時間は、本を読んだり、思いついたことを紙に書き出したり、目への刺激を和らげていく時間。ゆったり眠るための準備を始め、布団の中に潜り込んだ。

そういえば、枕元に読書灯が欲しかった。部屋の電気を消してから本を読みたいから。ホテルによっては読書灯が付いているところもある。それなら、相方や子が眠っていても布団で本が読めるから。夜に光があること自体、有り難いこと。でも、その光とどう付き合うのか、そんなことも考えてみたいと思った。




目覚め 竹原の家。
就寝 竹原の家。

午前 睡眠、まったり、読書、寝床の片付け、瞑想、落書き。
午後 最初のごはん、落書き、パソコン作業、睡眠、パソコン作業、片付け、おやつ、読書、パソコン作業。
 パソコン作業、晩ごはん、読書、睡眠、お風呂、パソコン作業、読書、睡眠。

最初のごはん いなり寿司、巻き寿司、とろろ昆布のお吸い物、野菜のせ目玉焼き @竹原の家
おやつ お茶、バターロール @竹原の家
晩ごはん いなり寿司、巻き寿司、三分づきごはん、クリームパスタ @竹原の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-04
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2018/01/12〜2018/01/18
Next destination
兵庫県神戸市 – KOBE/HYOGO/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。