燻り。【 旅LOG – 2018.01.07】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

竹原で朝を迎え、竹原で眠りについた1日。





2018/01/07(日)
小寒 ( しょうかん ) 二十四節気
芹乃栄 ( せり すなわち さかう ) 七十二候 第六十七候


紙に落書きしていた2018年にやりたいことをパソコンに打ち込んでみた。365日あるんだから100個くらいあっていいんじゃないかと思い、目標を100に定めるも、今のところは68個まで。続きは別の機会にやることにして、次に2020年までにやりたいことの落書きをパソコンに打ち込んでいく。

本人が望めば、本当にやりたいことをやれる環境をつくること。そんな行き先に向けての手段はいくらでもある。何を選ぼうと、どんな道からでもそこには辿り着けると思う。そんな風に並んだ無限の選択肢の中から、自分の心に従って改めて道を選ぶことが本当の自由な気がする。結局、自由とは不自由なもの。


✳︎


今日は長男と次男と墓参りへ。本当は昨日行く予定だったけど、予定が変わって今日になりまして。そんなタイミングだったのだと思う、なんて思いながら3人で町並み保存地区を歩いた。午前中は晴れていたけど、今は曇っていて。3連休初日の今日も、ほり川の前には人が並んでいて、相変わらず人気みたい。

西方寺の階段を登り、山門をくぐった。お賽銭を入れて3人で手をあわせると「 ここはお寺よね 」と確認される。こんな些細なことだけど、体験って大事なのだろうな。お寺に行くという機会、墓参りをするという機会、3人で歩くという機会。そんな積み重ねが人を形成するし、共通の記憶を増やしてくれる。


✳︎


晩ごはんがまさかの大盛りラーメンで、腹5分目なんて夢となってしまった。食べたかった豚骨系ではあるけれど、今夜の醤油豚骨のおかげで更に豚骨ラーメンが食べたくなった。できればシンプルなもので。それをいつ食べようか。満腹でもそんなことを考えられる自体、お腹にまだ余裕はあるのかもしれない。

しばらく風呂に入る気にはならず、でも仕事をしようという気にもならず、こたつでゲームを続けた。どこか自分の中に燻った部分がある。知らないところで葛藤しているというか。ここ1週間くらいの流れから、一体何を思い出しているのだろう。早く収まっては欲しいけど、今はたぶん見守る時なのだと思う。




目覚め 竹原の家。
就寝 竹原の家。

午前 睡眠、まったり、落書き、動画鑑賞、寝床の片付け、瞑想、アナログ作業、パソコン作業、ゲーム、読書、動画鑑賞。
午後 最初のごはん、パソコン作業、歩いて移動、墓参り、歩いて移動、喫茶店でカフェタイム、歩いて移動、動画鑑賞、ゲーム。
 パソコン作業、晩ごはん、ゲーム、お風呂、寝床の準備、ゲーム、睡眠。

最初のごはん 白ごはん、味噌汁、キムチ @竹原の家
カフェタイム ドリア、バナナシェイク @ヒロハウス
晩ごはん エビスビール、ポテトサラダ、醤油とんこつラーメン @竹原の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-02
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2018/01/02〜2018/01/09
Next destination
広島県広島市 – HIROSHIMA/HIROSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。