旅する暮らしが丸5年を迎えました。【 COBAKENのひとりごと 】




– COBAKENのひとりごと –







昨日、9/21(木) は5年前に旅をはじめた日で、旅する暮らしが丸5年を迎えました。


おかげさまでこうして旅を続けることができています。

いつも、応援ありがとうございます。




最初の旅は確か、友人を訪ね沖縄に1週間ほど滞在し、そのまま東京に向かった、2週間の旅でした。

そして、その2週間の旅の中でリミッターが外れたのでしょうか、1年間に350泊することになりまして。


しかも、そのうち4ヶ月は東アジア・東南アジアで過ごしました。

この5年間トータルで計算すると、5年間の約8割が旅先で、約 1,500泊ほど過ごしたことになります。


よく生きてこれたな、と素直に思います。

それなので、まわりのみんなに感謝しつつ、自分を褒めてやることにします。




しかし、人生、何が起きるかわかりませんね。

ありえないことなんてありえない、僕らの世界はそういう世界なのだと思います。


そんな世界の中で旅をしながら、この5年でだいぶ、古い観念や思い込みを手放して身軽になりました。

同じ場所にいてもできることなのに、目の前のことや自分から逃げて、自分に目を向けようとしないから、場所を変えながら生きることで、強制的に自分を見つめる機会をつくることを選んだのだな、と今では思います。


5年目であるこの1年間はだいぶ落ち着いて、旅先で過ごしたのは約6割。

6年目はもう少し減って、旅先が5割、家が5割くらいになるのではないかな、という予想です。

FIND THE WORLD JAPAN TOUR 2017 の一連のふり返りを投稿しました。【COBAKENからのお知らせ】

この先のことは、上記の投稿でも触れているのですが、広島県竹原市の家と、岩手県盛岡市の家の2カ所を拠点として旅をし、人の心を楽にし、自分や人の想いを解き放つための対話と、心に従いながら自分の人生を生きるための対話を、自分の目に映る人たちと一緒に重ねていきます。

そしてその人たちと一緒に、それぞれの想いに沿ったそれぞれの人生を、この世界の中で生きていきながら、助け助けられる世界を広げていきます。


そんな旅する暮らしをこれからも続けていきますので、どうぞよろしくお願いします。




この投稿を読まれた方は、よかったらこちらの投稿も読んでみてください。

職業 旅人【旅しているから見える世界】#2

– Follow Me –
Twitter / Facebook / Instagram


僕はこの5年で 1,500 泊以上、旅をしながら暮らすことに時間を費やしました。

その体験は唯一無二のもので、そこから得た大切なことを活かした僕との旅や対話の時間は、自分を生きることを望んでいる人にとって、とても価値があるものです。

そんな僕との対話の時間を通じて、自分を整えたり、自分と仲直りしたり、自分の未来を描いてください。

対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

夫婦とは、どうあるべきなのか。
http://cobaken.net/monologue/10081
子育てという、共に成長し合う時間。
http://cobaken.net/monologue/11357
また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。
http://cobaken.net/monologue/9765


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの一覧
旅する暮らしで提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
月に1度、メールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学びの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。