38 才の誕生日。




– COBAKENのひとりごと –


画像の説明


今年もたくさんのお祝いのメッセージ、どうもありがとうございます。おかげさまでこうして、38 才の誕生日を迎えることができました。


ふと思い立ってはじめた旅する暮らしも、もうすぐ3年です。

こんな生活をしながらでも生きてこれたのは、どうあっても家族や仲間あってのことで、たくさんの人にいろんなカタチの応援をしてもらいながら旅を続けさせてもらってきました。

今の生活をしていると当たり前のことがどんどんなくなって、世の中は有り難いことばかりだということを体感させてもらえます。だからこそ僕が勝手にやりたいことをさせてもらっているのにいろんな応援をいただけ、感謝の気持ちでいっぱいです。

いつも、応援ありがとうございます。


今月はほぼ、広島県内で過ごしているんですが、岩手、東京、千葉、大阪から仲間が訪ねてきてくれて。去年の8月もそうだったけど、8月は地元で人に逢える、そんな月なのかもしれないですね。

ちょうど8月はハイシーズンで人の多い時期だから、来年のこの時期も地元で過ごしてみようかな。他県から広島を訪ねてきてもらって、一緒に僕の地元でゆっくりとダイアログできるとうれしいです。


それと、広島でまた今まで逢うタイミングができなかった人たちに再会できて、受け入れることができなかった自分を受け入れた確認をさせてもらえる機会をもらいました。

自分が自分に対する許可を出せたとしても、それを教えてくれるのは人であり、自分と向き合うことも人と向き合うことも、どちらも大切だということの再確認も兼ねての機会ですね。




今回の誕生日を迎えるにあたり、1年前、37 才の誕生日の前に書いた投稿に使った写真がすごく印象に残っていて、それを見るためにふと開いてみたら、当時の僕はこんなことを思っていました。

36 才最後の日。




この投稿に使ってる写真、すごいでしょ。たまたま歩いてる時に見つけたんです。これを見かけた時に僕のことではないけど僕のことである、そんな感覚になったんですけど、日々もそうだけど誕生日はもっとハッキリとした区切りの日です。


そこに書いている通り、「 僕のために生きることが、誰かのためになる 」そんな1年が過ごしきれたのかどうかは今の僕にはわからないのですが、人のためにと自分をごまかした1年ではなかったことは確かです。

この体験がまた、自分のどんな未来につながっていくのですかね。




38 才としてのテーマは、自然の恵みに感謝することであったり、季節を感じることであったり、食を大切にすることだったりと、自分が生かされているこの環境をきちんと感じながら旅を続けていきたいです。

それらを感じまとめたものを、クリックするとリンクに飛びます 旅の作法クリックするとリンクに飛びます 旅するエッセイ として言葉にしていきたいし、ダイアログの場にも活かしていきたいですね。


それにこの1年では、ひさしぶりに竹原でもダイアログの場をつくっていきたいと思ってます。それに仲間が集える箱、ゲストハウスやシェアハウスなどが持ちたいです。

それらが僕の旅の先にあるもの、竹原の町の地域教育を再構築すること、につながっていくと思うし、僕はもう、同じ場所にいても旅してるのと変わらない感覚を手にさせてもらったので、今年よりもまた旅する期間は短くなるでしょう。


あとはヨーロッパで生活してみながら、「 物価の高いエリアでも今の生活ができた。」という体験をしたいです。3年間の集大成のようなカタチで、世界のどこでも生きていけるという体験の1部としてひと段落させたいです。

それを今年の秋、10 月の中旬くらいからアジア経由で旅立って、11 月中旬のワークショップまでに日本に戻ってくる期間で、今回はほんの少しかもしれないけど体験してみたいと思ってます。


それと、歩いて旅をしたいですね。

期間を2週間なら2週間と期間を決めて、竹原から東京に向かって歩いて旅をして行けるところまで行って、また時間をつくった時に続きの町から歩いてみるといった感じで、昔の日本人がやっていたことを実際に体験してみたいなと思ってます。




最後にもう少し。

今月広島でイベントを開催したり、イベントに参加したりとしてきたなかかでこれはものすごく確信的に思ったんですけど、僕がこれからやっていきたいことのベースはすでに存在していて、あとはそこに何かを加えるだけで大きな変化が起きていく、そんな感覚を得ました。

世代間交流のできる場であり、そこにいることで自然と自分を知れる場であり、それらのベースはもうすでに存在しているので、あとはほんの少し、旅先で得たこと達を加えて、これから先も受け継いでいけるといいなと思います。

まさにそれをカタチにしていく 39 才の自分に向けて、またこの1年、楽しむことを忘れずに旅をしていきたいなと思ってます。




たくさんの人に祝福された 38 才の誕生日を向かえて、自分の中にある想いをつらつらと綴ってみました。みなさん、どうもありがとうございます。またこの1年もよろしくお願いします。




おわり




この投稿を読んだ人は、こちらの投稿も読んでみてください。

40回目の誕生日。【 COBAKENのひとりごと 】




    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。