ダイアログセッションのこと。【 COBAKENのひとりごと 】




– COBAKENのひとりごと –


窓際に並ぶ観葉植物


ダイアログセッション。


それは、1対1で行うダイアログのセッションです。


僕がダイアログでのセッションを行う目的は、

依頼主が本来の自分に戻るきっかけをつくるため。


きちんと自分の素に触れることができれば、

あとは自分で戻っていくもの、

そんな信頼と確信が僕の中にあります。


本来の自分に戻るその道は、

ぐねぐねとした曲がり道に思える人の方が多いですが、


自分と折り合いがついた時に振り返ると、

最適な道を選んできたことがよくわかります。


人は無限の可能性を秘めた、

とても不思議な生き物だと思うのです。


その中で、

いえ、自分自身が生きていく中で

大切にしていることが3つほどあります。


それは、


主体的であること。

公平さの基準を共有すること。

持続可能であること。


この3つです。


それらを守りながら、1対1でのダイアログ、

ダイアログセッションを行っています。




その3つの言い方を変えると、


目の前の世界を信頼し、自分ごとで生きること。


人の数だけ基準があり、場には場の基準があります。

なので、その場は何を持って判断するのか、

それを場のみんなが合意できていること。


昨日は今日に続き、今日は明日へと続いていくように、

昔から未来へと紡がれているという流れを信頼し、

自ら継続していくこと。


こんな感じですかね。


それをまず、僕自身が大切にし、

依頼主もそう在れるように関わっていきます。




ダイアログセッションは、

カウンセリングやコーチングのようなものですか?


そんな風に訊かれることも多いのですが、

僕個人としての考えは、


カウンセリングは、マイナス1から±0に戻すものであり、

コーチングは、±0からプラス1に向かうもの、


そんな風に捉えています。


そして、ダイアログは ±0あたりで行うもので、

セッションが始まったらまず、±0に向かっていきます。


それなので、−1からも +1からも ±0に向かうのです。


そう考えると、カウンセリングの方が

場の方向性は近く感じられるのかもしれません。




実際、そこが一番いい音が出ることを僕は知っています。


いいという判断も人によりけりですが、

本来の素に近い音が出やすいのが、その ±0のあたりです。


そうやって、自分の素に触れてもらいます。


その状態で、自分の知りたいことを自分に問いかけ、

その後はそれを手放して自由に話し、

ふり返ると自然と自分の得たい答えを得ている、


それが僕が行っているダイアログセッションです。




依頼主が求める成果は様々で、


スッキリしたい。

心を楽にしたい。

頭の中を整理したい。

知らない世界を知りたい。

普段と違う体験がしたい。

自分のスキルを棚卸ししたい。

自分の可能性を広げたい。

事業を立ち上げたい。

行動計画が作りたい。

パートナーと仲良くしたい。

家族とのわだかまりを解消したい。

もっと綺麗になりたい。

自分のことを許したい。

自分のことを認めたい。


今浮かんだのはこんなところです。

内面整理から心根のことまで、幅は広く。

それによって、申し込まれるコンテンツも変わります。


他にも思い出したらまた、書き足しておきますね。




それぞれのコンテンツの特徴は、各ページからご覧くださいませ。


ダイアログセッション
表現者の葛藤を癒すための大切な時間
画像の説明
↑ ダイアログセッションについては、この写真をクリックしてください

ごはんでダイアログ
美味しく楽しいダイアログの時間
画像の説明
↑ ごはんでダイアログについては、この写真をクリックしてください

電話でダイアログ
離れているからこそ伝えられる想いがそこにある
画像の説明
↑ 電話でダイアログについては、この写真をクリックしてください

散歩でダイアログ
自分の持っている才能や経験に目を向けながらのダイアログ
画像の説明
↑ 散歩でダイアログについては、この写真をクリックしてください

DIALOG JOURNEY
知らない自分を知るための、ダイアログのある旅
画像の説明
↑ DIALOG JOURNEYについては、この写真をクリックしてください

Make My Story~未来の自分からのメッセージ~
自分の持っている才能や経験に目を向けながらのダイアログ
画像の説明
↑ Make My Story については、この写真をクリックしてください

My life Story~私という物語~
自分の人生を生きるためのダイアログプログラム
画像の説明
↑ My life Story については、この写真をクリックしてください






[ 人気の投稿 ]
夏のように。【 旅LOG – 2016.10.04】
赦し。【 旅LOG – 2016.10.02】
旅する暮らしが、5年目に突入しました。【 COBAKENのひとりごと 】


旅の予定
4週間ごとの旅の予定を更新しています。
画像の説明
↑ 旅の予定はこちらから

提供できること・必要なものリスト
旅する暮らしに必要なものを更新しています。
画像の説明
↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
2種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
自分らしく、しあわせに生きるための研究学習コミュニティ
画像の説明
↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。