私にとってのファシリテーション。




– COBAKENのひとりごと –


ファシリテーションってなに?

って訊かれることはやはり多いです。


なので、私的な…あくまで私的なファシリテーション

について今日は投稿させていただきます。


画像の説明



ファシリテーターは促す人



ファシリテーションとは、

ファシリテート(facilitate)の名詞形で、


「促進する、容易にする、円滑にする、

助長する、楽にする、スムーズに運ばせる」


などの意味があります。


話し合いの場においてのファシリテーションとは、

その場を促すことであり、


ファシリテーターはその場を促す人です。


数年前に参加した日本ファシリテーション協会のイベントでは

ファシリテーションについてこんな説明も生まれました。


場を活き活きさせるために、意見や方向性を交通整理して、

よりよいものを生み出すために支援すること。


『ファシリテーションガーデンⅡ』2009.08.29
(日本ファシリテーション協会)




誤解しないで頂きたいのは、ファシリテーターがいなくても

話し合いの場はうまくいっているということです。


例えばそこにファシリテーターがいることで、

2 時間かかった話し合いが 1 時間半とか 1 時間に短縮されたり、

全く違うアイデアが生まれたり。


いないとダメなものではなく、

中立な立場であるファシリテーターがいることで


より目的に近づいたり、また違った何かが

生まれるのだと私は思っています。





” ある ” ものに目を向ける



話し合いの場においてファシリテーターは、

目的・ゴールを達成するまでのプロセスに関わります。


そしてメンバーが納得して話し合いを終えること、

それがとても重要なことです。


そのために私がファシリテーターとして行うことは、

その場に ” ある ” ものに目を向けることです。


例えば、目的や目標の共有だったり、現状の確認、

それにそれぞれの想いやメンバーの得意なことなど、

それをメンバー全員できちんと共有していきます。


ここで ” ない ” ものばかりに目を向けていても、

” ない ” が促されていくだけなので。




判断を保留してメンバーの言動を受け止めたり、

それを可視化したり要約したりして共有したり。


なんてむずかしく言ってみましたが、

結局は人の話をきちんと最後まで聴いたり、


黒板や模造紙に人の発言を書いてみたりと

小学校で習った学級会のやり方と同じことなのです。


それを大人になって改めて学んでいるだけで、

毎日を過ごすための基本的なことです。




今の私にとってファシリテーションはスキルではなく

毎日を過ごすためのスタンスそのものなので


自分との関わり方にもファシリテーションが

活きてきます。


なのでこれからも学び続けるし、実践し続けます。





場を信頼する



人はそもそも矛盾した想いを持った存在です。


それは誰もが守りたい自分を抱えていて、

でもなかなかそれに気づけなくて。


見たくないものは見たくないし、

自分だけのけ者になるのは嫌だし、

でも自分の人生を生きたいし。


例えば話し合いの場では自分を表すことは、

怖れにも目を向ける可能性があります。


その時にどれだけ安心できる場を創れるか。


話し合いをしているメンバーとどれだけ

自然に信頼関係を結べるか。


そこをこれからも追求していきたいです。




これは私が初めて日本ファシリテーション協会の

例会に参加し、初めてファシリテーションに

触れたときに出逢った言葉です。


確か、2008 年 4 月 19 日でした。


●「ここにやって来た人は誰でも適任者である」

●「何が起ころうと、起こるべきことが起こる」

●「それがいつ始まろうと、始まった時が適切な時である」

●「それが終わったときが本当に終わりなのである」


たまたまその例会で使われていた言葉なのですが、

この言葉が私にとってのファシリテーションのはじまり

であり今も変わらず自分の中に残っている言葉です。


私がよく口にする ” 場を信頼する ” という言葉は、

これらの言葉から生まれたものでしょうね。




これから先も旅を通じてであった人たちの

すべてを受け止め、そしてすべてを受け入れる、

そうやって場に関わり続けたいです。


せっかくこんなファシリテーションについて考える

機会を得たので、まずは自分に OK を出すところ

から再スタートしてみます。




PS. ファシリテーション講座やワークショップなどに関する
お問い合わせは、コンタクト からお願いします。




    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 住宅街にある、小さな醸造所。【 旅LOG – 2018.05.27】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。