可能性に触れる。【 旅LOG – 2017.01.22】



– 旅LOG – 旅する暮らしでの心の記録





2017/01/22(日)
二十四節気 大寒 ( だいかん )
七十二候 第七十候 款冬華 ( ふきのはなさく )


広島市内にある、妹夫婦の家で迎えた朝。布団が暖かい。次男はまだ、眠っている。起き上がり、瞑想を始めた。今朝はシンプルに。自分の内側を整える。目を開き、立ち上がる。


部屋を出て、リビングに下りた。妹夫婦、姪っ子、甥っ子に朝の挨拶。みんなで日曜日の朝のテレビ鑑賞。子供たちが小さかった頃が懐かしい。パソコンを開いて、まずは投稿を。


カメラを持って外に出た。空の写真を撮りながら、朝の散歩。心地いい音も聴きながら。何ともいえない音が電話越しに聴こえる。不協和音へ。向かう先を確認するための出来事。


家に戻り、朝の投稿を終えた。何気に寒かった。みんなで朝ごはん。食パンが美味しい。姪っ子が、去年来た時の自由帳を出してくる。イラストを見ながら描いた絵が懐かしい。


今年も描くことになった。食後のお絵描きの時間。長女の要望で、まずはスヌーピーを。子供の頃、大切にしていたぬいぐるみが懐かしい。次は長男の要望で、孫悟空。難しい。


全身のバランスを取るのが難しい。これを白紙から描ける人に敬意を払う。まだ、模写だからできること。最後に、次女の要望で女の子を描いた。これまた難しい。慣れてない絵。


予定していた時間になり、並木通りまで車で送ってもらった。賑やかな車の中。元気をたくさんもらう。そして、並木通りへ。戻る車を見送った。風が冷たい。勇翔と街を歩く。


早い時間にまず、サン・カレーには入った。クリームコロッケカレー。広島に戻るといつも寄りたくなるお店。勇翔はお腹が空いていないみたい。カツカレーの半分も食べてみた。


無印良品へ。新しくなってから初めて来る。ゆっくりと2階分の店舗を眺めながら歩いた。何点か欲しいものがある。それはまた別の機会に。自分の暮らしがイメージできた感じ。


どうやら勇翔は、体調がすぐれないらしい。行きたがっていたジャンプショップでの買い物をささっと済ませ、バスセンターに向かった。熱でもあるのだろうか。まずは帰ろう。


かぐや姫号に乗り込む。予定より一つ早い便に乗れた。勇翔はすぐに眠った。パソコンを開こうと思いつつ、その横で自分も眠った。こくり、こくりと頭が動く。すぐに到着した。


バス停から歩いて家に戻る。勇翔とは途中で解散。ゆっくり休んで明日に備えて欲しい。部屋に上がり、こたつに入る。漫画を読んでいると、親戚一家がやって来たお久しぶり。


親戚たちを見送り、部屋でパソコン作業。下書きを進めたい、そう思いつつも手が動かず。なので、GIANT KILLING を手に取り、イメージトレーニング。ちょうどいい内容の本。


久しぶりの練習着に着替えて、ストレッチを始めた。今日は、何年かぶりのフットサル。誰が来るのかわからないことにも緊張するけど、まず、体は動くのだろうか。やや不安感。


母の車を借りて、体育館へ。帰ってきたタイミングにこうして、呼びかけてもらえて有り難い。今ではコートのラインもゴールもある。すべて手作りだった頃がとても懐かしい。


メインは20代。総勢15人で、試合をし続けた。学生だった奴らが社会人になっている。自分ももう、40代に突入するところ。世界は移ろう。そしてまた、世界は生まれて。


そのまま、ジュニアのフットサル教室のお手伝いも。同級生の息子もいた。いろんな可能性に触れる。若いからではなく、望むからだと思う。きっと、死ぬまで変わらないもの。


帰り道、とん吉に顔を出した。としさんにご挨拶。ちょうど来店していた先輩方にもご挨拶。こうしてまた、自分は振り出しに戻ったのかもしれない。自分の役割を果たすため。


家に戻るとまず、晩ごはんを食べた。心地いい音を聴きながら。秋刀魚の甘露煮が美味しくて、ご飯がどんどん無くなる。体が温まってきた。食べるってすごいと思う。有り難い。


お風呂に入って、しっかり体を温める。強張り始めた足を解しながら。可能性に触れること、自分はそれが好き。それは老若男女、それぞれが持つもの。その可能性を信頼してる。




[ 関連リンク ]

サン・カレー

無印良品

かぐや姫号

GIANT KILLING

とん吉


小林豊が旅する暮らしの中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。そんな、しあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。

この記録が、未来を生きる子供たちにとって、しあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。


FIND THE WORLD 8th season
======================
Chapter.YU-08
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2017/01/22〜2017/01/27
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
OFFICIAL PAGE [ COSMOPOLITANS ]


[ 人気の投稿 ]
それで食べていけるのですか?【 よく訊かれること 】
どうやって収入を得ているのですか?【 よく訊かれること 】
どんな状況になっても何とかなるさ、何とかするし。【 COBAKENのひとりごと 】

暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なものリスト
旅する暮らしに必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
2種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
自分らしく、しあわせに生きるための研究学習コミュニティ

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net