mms

Make My Story ~ 未来の自分からのメッセージ ~




このダイアログセッションは、My life Story ~ 私という物語 ~ というプログラムの中で行う内容の1部を抜き出したものです。


My life Story~私という物語~
自分の人生を生きるためのダイアログプログラム
画像の説明
↑ My life Story については、この写真をクリックしてください


ダイアログセッションの中で依頼されることが増えてきたので、一つのコンテンツとして独立させることにしました。

このセッションが、一人でも多くの方のお役に立てると嬉しいです。


続く道


このダイアログセッションでは、あなたがこれから過ごしていく物語をカードやダイアログを通じて描き、それを実現するための具体的な行動を見出していきます。

それはまるで、未来のあなたが今のあなたに対してのメッセージを届けてくれる、そんな今の自分では想像もできないあなたに出逢うことになります。


とは言っても、その未来の多くは刺激的なものではありません。

あなたの心が温まるような、あなたが心から望んできた未来が描かれていきます。その未来の中であなたは、心穏やかに、幸せに過ごしているのです。


もう、何かを演じるのではなく、ありのままの自分で、在るがままにこの先の毎日を過ごしていくことになります。

やることを選ばない理由を必死に自分に言い聞かせたり、自分のことを後回しにしながら過ごしたり、過去の自分を許せなかったり、そんなあなたとは決別した未来です。


なぜそんなことが言えるのかというと、それはダイアログという、自分に触れるためのやり取りがあるからです。


私がつくるダイアログの場は、本来の自分に戻れる場です。


いえ、きちんとダイアログできれば、私でなくてもそれは成し得ます。なので、日常の中で自然にダイアログしている、そんな世界が望ましいです。

そんなダイアログの場を通じて、あなたは本来の自分に戻り、素直に真っ直ぐ、大切なことを受け取れるようになります。


素直であれば、何からでも学ぶことができます。素直であれば、不足感を刺激されて講座に行ったりする必要もなくなり、自分で主体的に学び続けることができるのです。

そんな、本来の素直なあなたの状態で受け取る準備ができているから、あなたの無意識がいろんなことを答えてくれるようになるのです。


そんな素直なあなたは、たくさんあるカードの中からあなたが今必要としているメッセージを含んだカードを引き、そこからきちんとメッセージを受け取ります。

それによって月々のテーマが明確になり、自分が何をすればいいのか、それがわかるようになるのです。それは他でもない、未来のあなたが教えてくれるメッセージとして、あなたの目の前に現れてくれます。




下記は、大まかな流れです。


 STEP.1  ダイアログ


まずはゆっくりとしたダイアログの時間の中で、あなたの問いを見出していきます。問いとは、あなたが在りたい姿を表す言葉です。それを自然な流れで行っていきます。




 STEP.2  カードでのテーマ出し


問いを明確にしたら次に、カードを使って月々のテーマを受け取ります。3ヶ月なら6枚、6ヶ月なら9枚、1年なら15枚のカードを引いて、そのカードに含まれているメッセージを受け取ります。




 STEP.3  ダイアログ


月々のテーマが出た後は、そのテーマやメッセージを元に具体的な行動を見出していきます。それを書き残しながら、残りの時間はまたゆったりとダイアログを続けながら、ふり返りを行います。


この流れを3時間かけて、ゆっくりと行っていきます。






自分らしく、幸せに毎日を過ごすこと。


それは充分に実現可能なことです。

あなたの心次第の部分が大きいですが。


このダイアログセッションもそのためのきっかけであり、この非日常な時間があなたの日常に役立つこと、それを心から願っています。


なのでまず一緒に、そのきっかけの場を設けましょう。




Make My Story ~ 未来の自分からのメッセージ ~

– 未来の物語を描く3時間の対話によるヒーリングセッション –


 内 容 

ヶ月から年間のあなたが理想とする物語を描き、実際にその物語のように毎日を過ごしていくための時間のダイアログセッション


 価 格 

30,000
※ 1回・2回・3回払いが選択できます。


お申込は下記のボタンからお願いします。

↓ お申込はこちらをクリック








追伸

金銭的に難しい、という方には、散歩でダイアログの成果報酬を選択していただいて、同じ内容をオーダーしていただく、という選択肢もあります。


散歩でダイアログ
自分の持っている才能や経験に目を向けながらのダイアログ
画像の説明
↑ 散歩でダイアログについては、この写真をクリックしてください