交差する場所。【 旅LOG – 2016.12.12】



– 旅LOG – 旅する暮らしでの心の記録


画像の説明


2016/12/12(月)
二十四節気 大雪 ( たいせつ )
七十二候 第六十二候 熊蟄穴 ( くま あなに こもる )


尾道にある、ヤドカーリで迎えた朝。目覚ましなくても起きれる自分。昔と何が違うのだろう。この前と何が違うのだろう。迷いや葛藤が晴れたら、こんなものなのかもしれない。


まずはシャワーを浴びる。やや寒い。首の付け根と肩甲骨の間にしばらくお湯を当てた。だいぶ体が温まる。自分のベッドに戻り、瞑想を始めた。この場所に根を下ろし、整える。


心地いい音を聴いた。パソコンでの作業も進めつつ。さっき撮った、真っ赤な空の写真で朝の投稿をする。相方のクリアな音が響く中。どこにいても変わらない、とても大切な音。


そのままパソコンでの作業を続けた。下書きを続ける。今日やりたいこと。その中で、昼までに終わらせておくことを。昨日の出来事を言葉にしていく。誰かに届くことを祈って。


下書きを終える。少しアナログな作業を。来週の作業を書き出し、貼り替えた。これも習慣になった作業。やり終えてから付箋をはがすのが楽しい。自分に合ったやり方がいい。


月曜日の更新作業。暮らしている場所の予定。ダイアログイベント。提供できること・必要なものリスト。これらも旅する暮らしの中で習慣になった。未来の自分を描いていく。


乾燥機が停まった。服を取り出し、ベッドの上で畳む。音楽を聴きながら。そして、服を着替えて荷物をまとめた。宿を出て駅に向かう。下りの電車が駅へ。あの電車だと思う。


尾道駅。かわごんを発見した。4年ぶりくらい。元気そうで何より。そのまま、駅の北の方に向かった。線路の下の道を歩く。懐かしい光景。一昨年の夏にも確か、ここを歩いた。


用事を済ませ、今度は商店街の方へ。歩きながら定食を探す。相変わらず雰囲気のある通り。店舗も路地もいい感じに個性が出ている。この尾道の街の、何がそうさせるのだろう。


千成瓢箪。おでん定食に決めた。ここも懐かしい。サリィのハピエクの収録の時に買いに来た。あれから月日がだいぶ流れた。長いようで、あっという間だった、そんな数年間。


お店を出てから商店街を歩き、東の方へ。昼の商店街をゆっくりと。ここ最近の話から、それを遡る話など、いろいろと話は広がっていった。そんな時間。でも、今を過ごしてる。


尾道浪漫珈琲。珈琲を飲みながら、ここでもしばしお話を。お互いの体験がリンクしていく。それぞれ、必要があって体験し学ぶもの。それは未来の自分が導いてくれているもの。


宿に戻り、インターネットラジオの収録。かわごんと一緒に音声を録音した。15分なんてあっという間。いくらでも話せる自分が今はいる。頭で考えず、自然に話していった。


また少し歩いてから、結局ドラゴンに戻った。寒いから、晩ごはんの時間まではここで過ごすことにした。チャイを飲みながら。そしてパソコンを取り出し、作業を進めていく。


晩ごはん。スタッフのフジモンがクリームパスタを作ってくれた。美味しい。温かくていい感じの時間。相変わらずここは、居心地のいい場所。常に人が集まってくるのもわかる。


かわごんを駅まで見送りに。割と長時間話していた。ダイアログし始めるといつもこんなもの。この時間がかわごんの役に立てたのなら嬉しい。宿への帰り道、心地いい音を聴く。


少し前にチェックインしたゲストとまたたびへ。昨日、ひろさんから聴いていたお店。ビールを飲みながらおでんを。人と人とが交差する場所。ここもその、大切な空間のひとつ。


今夜もYESにやってきた。すでにたくさんお客さんがいる。今夜は屋上を見せてもらった。ここもとてもいい空間。今度はここでまったり飲みたい。だからまた、週末の尾道へ。


人と人とが出逢うこと。それが世界を広げてくれるきっかけになる。知らない世界に触れ、自分という世界を知る。自分という世界は意外にも広い。少しずつ、それを広げていく。


改めて不思議な街だと思った。尾道という街。自分のベッドに戻り、眠る準備を。今日は同じ部屋のベッドは埋まってる。いびきをかかないように祈りながら、静かに目を閉じた。





[ 関連リンク ]

ヤドカーリ

かわごん

千成瓢箪

尾道浪漫珈琲

ドラゴン

またたび

YES


小林豊が旅する暮らしの中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。そんな、しあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。

この記録が、未来を生きる子供たちにとって、しあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。



[ 人気の投稿 ]
どうやって収入を得ているのですか?【 よく訊かれること 】
けいちゃん、またね。
僕は生きていてもいいんだ。【 COBAKENのひとりごと 】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。
画像の説明
↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なものリスト
旅する暮らしに必要なものを更新しています。
画像の説明
↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
2種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
自分らしく、しあわせに生きるための研究学習コミュニティ
画像の説明
↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


FIND THE WORLD 7th season
======================
Chapter.YU-52
広島県尾道市- ONOMICHI/HIROSHIMA/JAPAN –
2016/12/11〜2016/12/13
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net