暮らしを背負う。【 旅LOG – 2016.11.30】




– 旅LOG – 旅する暮らしでの心の記録


画像の説明


2016/11/30(水)
二十四節気 小雪 ( しょうせつ )
七十二候 第五十九候 朔風払葉 ( きたかぜ このはを はらう )


大船渡の家で迎えた朝。布団が温かい。起き上がると思ったよりも寒くなかった。顔を洗い、ストーブを点ける。障子の前に座って瞑想を。今までの感情をゆっくり流していく。


朝ごはんの準備。玉ねぎとさつま芋を出汁の中に入れた。今日はいつもより時間が遅い。ご飯を装い、電子レンジで温める。相方もお弁当の準備を終えた。おかずを机に運ぶ。


二人で並んで座って朝ごはん。旅立ちの前の、今回最後の一緒に食べる時間。有り難い時間。その大切さを知っている自分は幸せなのだと思う。美味しい。それに温かい時間。


朝の作業を終え、身支度をして外に出た。まどかも同じタイミング。今朝もまた、3人で。職場まで車で送っていく。次に戻ってくる頃には、この道の景色はまた変わっている。


相方の職場から歩いて戻る。辺りの写真を撮りながら。ゆったりとした朝の時間。時折、冷たい風が顔に当たる。でも、マフラーは必要ないくらい。なんだかいい気分。嬉しい。


戻ったら早速、下書きを進める。鉄瓶で沸かした白湯を飲みながら。迷いがない。旅立ちの日の朝はそんなもの。すっきり。もしかしたら、迷うことは自分なりの儀式なのかも。


ひと息ついた。相方から受け取るものを思い出す。朝の投稿もまだだった。その分集中していたみたい。その後の予定を描きなおして、また今に戻る。それができる調子の良さ。


再び、下書きを進める。今日、投稿したいもの。それを順々に終わらせていく。今の自分だからできること、それが必ずある。それに、この3週間の自分の課題を宣言してみた。


切りのいいところで昼ごはんの準備を。カレーと白ご飯をフライパンで混ぜる。懐かしい味。子供の頃からよく食べてきた。それに、納豆ご飯をお代わり。お腹いっぱいになる。


再び、相方の職場まで。食後の運動に丁度いい。坂を下って、また坂を登る。また出逢えた。ほんの短い時間だけど、機会が生まれたことに感謝。その姿を見れるという幸せ。


戻ったらまた作業を再開した。時間までにやれることをやっておく。そんな自分を面白く思う。先延ばしにしてなんぼの人生だった。目の前のことから目を逸らすことばかりで。


バックパックに荷物を詰める。またここに、自分の暮らしが詰まった。最後に軽く、トイレの掃除を。コートを羽織って、暮らしを背負う。忘れ物はないか確認。大丈夫みたい。


バス停までの道のり。車があるので、あまり歩くことはない。その景色をゆっくり眺めながら歩いた。自分の家がある街。それを少しずつ知っていくこと。大切なことだと思う。


仙台行きのバスに乗り込む。もう慣れたもの。真ん中くらいの左側の席。窓の外に見える海を眺めながら走った。海が見えることは嬉しい。ずっと、海の近くで育ってきたから。


今日は眠たくない。バスの中でいろいろと考えごとをする。時には漫画も読んでみたり。移動することで思いつくことがある。だからこの時間はとても大切。また気づきを得た。


仙台に到着。次のバスの時間までは2時間ほど。ひとつ、用事を済ませるために仙台の街を歩く。イルミネーションが綺麗。もうすぐ年末。今年もあとわずかになった。早い。


AER。いつもの場所になってしまった。そこで心地いい音を聴きながら作業をする。ありがたい。バスの時間までにやれることを。相方と話しながら、下書きを進めていく。


バスに乗る前に、そばの神田に寄った。そばを食べて、お腹を温める。今日はよく食べる方。しっかりと温まってバス乗り場に向かう。バスの時間まで、あと20分。もう少し。


名古屋行きのバスに乗り込む。5列目の窓側の席。どことなく、乗っている人が温かい。人懐っこいというか。カーテンを閉めて自分のスペースを。ブランケットを足にかける。


高速に乗ったあとくらいに電気が消えた。早い消灯時間。自分も一緒に目を瞑ることにした。相方におやすみのメッセージを送る。まずは眠ろう。目が覚めたら名古屋に居る。





[ 関連リンク ]

AER

そばの神田


小林豊が旅する暮らしの中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。そんな、しあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。

この記録が、未来を生きる子供たちにとって、しあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。



[ 人気の投稿 ]
どうやって収入を得ているのですか?【 よく訊かれること 】
けいちゃん、またね。
僕は生きていてもいいんだ。【 COBAKENのひとりごと 】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。
画像の説明
↑ 旅の予定はこちらから

提供できること・必要なものリスト
旅する暮らしに必要なものを更新しています。
画像の説明
↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
2種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
自分らしく、しあわせに生きるための研究学習コミュニティ
画像の説明
↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


FIND THE WORLD 7th season
======================
Chapter.YU-48
車中泊- SENDAI to NAGOYA/JAPAN –
2016/11/30〜2016/12/01
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。