ここからまた。【 旅LOG – 2016.06.06】



【 研究テーマ : どこでも生きられる自分 】
【 研究テーマ : ダイアログのある暮らし 】

今年も勝手にFIND THE WORLD JAPAN TOUR 2016 はじまりました。
画像の説明
↑ JAPAN TOUR 2016 の日程はこちらから


– 旅LOG – 旅する人の日常の記録

このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



画像の説明


2016/06/06(月)
二十四節気 芒種 ( ぼうしゅ )
七十二候 第二十五候 蟷螂生 ( かまきり しょうず )


福島にある、いつもの宿で迎えた朝。
夢から目覚めると8時を過ぎていて。
目覚ましが鳴った記憶が全然ない。
ほぼ寝ずに呑んだら翌日の朝はこんなもの。

心地いい音を聴くタイミングを逃して残念。
ひとまず顔を洗って目を覚ましてみた。
午前中に温泉に行くからお風呂は後回し。
荷物をまとめ、ベッドを整えて部屋を出る。

エレベーターでしんじにばったり逢う。
食堂にはまむちんがいた。
ご飯とみそ汁、それに温泉卵の朝ごはん。
これくらいの組み合わせがうれしい。

予定の時間にチェックアウトして車へ。
また再び、車での移動のはじまり。
今日もまた、しんじの運転で動き出した。
窓の外を流れる福島の街をぼんやり眺める。

そのまま飯坂温泉へ。
福島市内からすぐにあるこの温泉街。
名前は何度か聴いていた。
けど、お邪魔したのは初めてだったりする。

八幡の湯に入ることに決めた。
シャワーのない、昔ながらの共同浴場。
別府のお風呂を思い出しながら床に座る。
どこかホッとする、そんな時間が流れてた。

旧堀切邸で少しまったりと。
日陰に座って静かに過ごしてみた。
何となく建物に組子が気になった。
建築という、切っても切れない世界がある。

再び車に乗り込んだ。
ここからはまず、東京を目指して移動する。
近くでガソリンを満タンにして発進。
出だしは静かに、車は進んでいった。

東北道を南に走る。
福島、栃木と順調に進んでいく。
パーキングエリアでふたりは昼ごはん。
昨日たくさん食べたからお昼はお水のみ。

車で少しだけ、パソコン作業を進める。
酔わないように短い時間だけ。
昨日の出来事をふり返って打ち込む。
激しい1日だったことを思い出した。

首都高に入った。
ぐねぐねと高速道路が続いていく。
ゲームで眺めた世界と同じ。
また未知の体験を積めた気がした。

しんじの打ち合わせに同行した。
プリンとドーナツをいただいてお腹が。
その場に響く音をどことなく聴いていた。
ここからまた、何が生まれてくるのだろう。

つっちーも元気そうで何より。
思わぬ機会に再会できてうれしい。
これできっと広島にやってくるはず。
いつになるかはわからないけど、楽しみだ。

大阪へ向けて再び移動を開始する。
首都高から東名。
そして新東名へと進んでいく。
その中でいろいろとダイアログしてみたり。

根本に同じものがあるから人は集っている。
でも、そこから生まれる問題はさまざま。
それでもこうして話すことで見えてくる。
人は自分を映し出してくれる大切な鏡。

ガソリンがあと少しになっていた。
しりとりをしながら不安を紛らわす。
岡崎サービスエリアで給油完了。
こうやってちょうどいいように出来ている。

伊勢湾岸自動車道から名阪へ。
大津から通行止めらしい。
迂回路を iPhone に教えてもらって進む。
いつも助けてもらってありがたい。

京滋バイパスを通って大山崎の方へ。
また通行止めで予定より手前で下りた。
あとは下道を通ってしんじ宅の方へ。
また今日も長時間、どうもありがとう。

まむちん宅までの帰り道。
48時間の福島旅をふり返る。
体験したからわかったことがたくさん。
行く前と行った後では世界の見え方が違う。

そうやって人は体験を積み重ねる。
積み重ねた分だけ本来の自分に戻っていく。
無いものではなく有るものに目を向ける。
そうすれば世界は僕にやさしい存在になる。




[ 関連リンク ]

しんじ

まむちん

八幡の湯


小林豊が旅する生活の中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。
そんなしあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。
子供たちがしあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。


このブログの読み方-ふり返り-


FIND THE WORLD 6th season
======================
Chapter.YU-51
大阪府三島郡 – MISHIMA/OSAKA/JAPAN –
2016/06/06〜2016/06/07
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– ダイアログのある暮らし –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net


[ 人気の投稿 ]
ファシリテーションとは楽にすること。【ボクノオト、ワタシノオト】
自分の道。【ボクノオト、ワタシノオト】
満月を迎えた頃。【 旅LOG – 2016.04.22】


D-LABO 研究員登録制度

2種類の研究員のどちらかに登録し、パートナーや家族など身近な人たち、そして自分との関係性をより良くし、自分らしく、しあわせに生きるための研究を一緒に進めていく制度です。

対話する研究員 29 名
旅する研究員 4 名
( 2016.06.06 現在 )

自分らしく、しあわせに生きる、そんな研究を一緒に
画像の説明
↑ D-LABO 研究員登録制度はこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
3種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

小林 豊 公式ブログ
旅することで見えた世界、旅しているから見える世界
画像の説明
↑ 小林 豊 公式ブログはこちらから

Twitterボタン



どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな日々を。