旅LOG – 2016.03.02



【 研究テーマ : 現代的遊牧民の必須事項 】



– 旅LOG – 旅する人の日常の記録

このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



画像の説明


2016/03/02(水)


気がつくと朝だった。
みのりはもう起きている。
昨日はたくさん呑んだ。
少し頭が痛い。

ひとまず湯船に浸かる。
疲れた身体を温める。
ほぼほぼ眠りながら。
やはり、やや頭が痛い。

再びベッドに横になる。
頭が働かない。
もうひと眠りすることにした。
身体ががんばってくれている。

シャワーをし直して身支度を。
バックパックに荷物を詰め込む。
チェックアウトして外に出た。
外はとてもいい天気。

銀山ベース。
トーストセット。
外に出て歩くとお腹が空いた。
食後に少しパソコン作業。

てくてく歩いて駅の方へ。
陽射しがぽかぽか気持ちいい。
バックパックも重くない。
もう1度眠ってよかった。

広島駅。
青春 18 きっぷを購入。
改札で日付を押してもらう。
また 18 きっぷの季節が来た。

まずは岩国行きの電車へ。
乗ろうとしていた電車に同級生が。
子供を連れてお母さんしている。
偶然の出逢いが面白い。

電車での旅が始まった。
JR 西日本の新しい車両。
先頭車両の見晴らしがいい。
左手に見える海もきれい。

岩国駅。
30 分弱の乗り換え。
改札を出て駅前を眺める。
ほんの少し食べ物を買う。

下関行きの電車へ。
ここから4時間弱は電車の中。
話してみたり、パソコンを開いてみたり。
本を読んでみたり、眠ってみたり。

時間とともに西に進んでいる。
窓の外を流れる生活を眺める。
鈍行でしかできないこと。
今は時間を買う必要がない。

小倉行きの電車に乗り換え。
関門海峡を越えて九州へ。
トンネルを抜ける。
九州に入った。

準快速で博多へ。
学校帰り、仕事帰りの人たち。
沿線の生活がなんとなく見える。
博多駅に到着。

サットンホテル博多シティ。
今回で3度目。
好きなホテルのひとつ。
部屋の雰囲気が好き。

しばしパソコン作業を。
旅LOG を投稿する。
ダイアログの教科書を書く。
投稿は2日ほど延期することにした。

晩ごはんを求めて歩く。
キャナルシティ。
川端商店街。
那珂川沿い。

つきよし。
相変わらず大人気。
安くて早くてうまい。
〆にうどんをいただいた。

ぶらぶら街を眺めながら歩く。
中洲の街の中。
元気に人が歩いていた。
人が多いのはめんどくさい。

ホテルに戻る。
アイスを食べた。
ベッドに横たわる。
のび太くんのように一瞬で眠っていた。




[ 関連リンク ]

銀山ベース

サットンホテル博多シティ

川端商店街

つきよし




このブログの読み方-ふり返り-




FIND THE WORLD 6th season
======================
Chapter.YU-19
福岡県福岡市- FUKUOKA/FUKUOKA/JAPAN –
2016/03/02〜2016/03/03
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]




– ダイアログのある暮らし –
COBAKEN LIFESTYELE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net


小林 豊 公式ブログ
旅することで見えた世界、旅しているから見える世界
画像の説明
↑ 小林 豊 公式ブログはこちらから

[ 公式ブログ 人気の投稿 ]
停止していた3日間のこと。
COBAKEN LIFESTYLE LABO 研究員登録制度 新設のお知らせ。
収入、という言葉の壁。




小林 豊 公式メールマガジン

3種類の特徴あるメルマガで研究の結果や気づきを配信しています。

3種類のメールマガジンを無料で配信中
画像の説明?
↑ メールマガジンへの登録はこちらから


COBAKEN LIFESTYLE LABO 研究員登録制度

散歩しながら見守る研究員世界と対話する研究員旅するように探求する研究員、この3種類のいずれかに登録し、一緒に研究を進めていく、研究員登録制度です。研究員の種類によって、研究への関わり方が変わり、報酬としてお渡しするものの内容も変わってきます。

散歩する研究員 0 名 / 対話する研究員 25 名 / 旅する研究員 4 名 ( 2016.02.28 現在 )

一緒に研究を進めていきましょう
画像の説明
↑ COBAKEN LIFESTYLE LABO 研究員登録制度はこちらから

Twitterボタン





どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな日々を。