きちんと話を聴く、ということ。| くらしのたね #051



Ver.1.0.1



– くらしを促す、ことばのたね。-



2018/03/10 KATSUSHIKA / TOKYO / JAPAN
Photo by Yutaka Kobayashi





– きちんと話を聴く、ということ –


僕にとっての ” きちんと話を聴く ” は、相手の想いに沿いながら話を聴くことです。寄り添うのではなく、沿うのがポイント。イメージとしては、自分の想いや価値基準を持って話を聴いている自分自身に加えてもうひとり、相手の想いや価値基準に沿って話を聴いている自分が存在している状態です。感覚的に言えばそれは、自分の中に、自分と相手が存在しているようなものです。


人は、話した自分の言葉を全て理解してもらうことよりも、感情を理解してもらうことに喜びを感じるようです。そして、自分の感情を理解してもらうことよりも、自分の欲求や大切にしていることなどを理解してもらうことに喜びを感じます。つまり、話し手からしたら、自分の欲求や大切にしていることなどの想いをわかってくれたという実感が、きちんと話を聴いてもらった実感になるのだと考えています。


コミュニケーションにおいて、言葉は最後の手段です。他にも、表情や声のトーン、身振り手振りなど、相手が想いを発しているものはたくさんあります。それなので、表面上にある、しかも誤解が生まれやすい言葉だけに囚われると、相手が本当に伝えたいことを理解することが難しくなります。そう考えると、言葉を使わないコミュニケーションは、コミュニケーション力を高める要素でもありますね。


とはいっても、人は人を完全に理解しきることはできないのだと思います。学べば学ぶほど、そう思うのです。それなので、理解しきれないことを前提として、相手の想い、想いから生まれた感情、感情をのせた言葉をまっすぐに受けとめ、可能な限りわかろうとすることだと思います。全てを完璧に理解することではなく、核となる部分に目を向け、話し手が大切にしていることを理解する、ということです。


そんな風にきちんと話を聴いてもらえると今度は、聴いてくれた人の話を聴こうとしてくれるものです。それに、僕はこの世界は鏡だと考えているので、目の前の人がきちんと話を聴いてくれている状態が、自分が相手の話をきちんと聴けている証しでもあると考えています。鏡は先に笑いませんから。それなので何事も、まずは自分からやってみる、ということなのだと思っています。




[ くらしのたね #051 ]

相手の話は、相手の想いに沿って聴く。




質問や感想、投稿テーマの要望などがあれば、こちらから
– CONTACT –

対話のある暮らしを促すための資料一覧
– Dのこと。 資料一覧 –





おわり




” この「 くらしのタネ 」は、あなたの人生を彩り、暮らしをより良くする花や実の種になるように、と勝手に祈りを込めて投稿しています。どんな芽が出るのか、どんな花が咲くのか、どんな実がなるのかは、種を育てるあなた次第になりますが。そんな「 くらしのたね 」が、あなたの暮らしに彩りを加えますように。”






この投稿を読んだ人は、こちらの投稿も読んでみてください。

きちんと聴いて、きちんと問いかける。| くらしのたね #030




    


[ お知らせ ]

◻︎ 応援してもらえると嬉しいこと。| お知らせ【 11/10(木) 】
◻︎ 暮らしている場所の予定、などを更新しました。| お知らせ【 11/7(月) 】



[ ここ1ヶ月の人気の投稿 TOP5 ]

No.1 – ユパさま、というメンター。| 旅が僕に教えてくれたこと #009
No.2 – 旅する暮らしが丸10年を迎えました。| いま、ここにあるもの #133
No.3 – きちんと話を聴く、ということ。| くらしのたね #051
No.4 – 旅LOG【 続ける。 】 – 2014.10.19
No.5 – あまり知られていない、こばけんの仕事。| いま、ここにあるもの #101


スキナトキニ スキナコトヲ スキナトコロデ。
– 暮らしている場所の予定 –

心からのありがとうを、巡らせ合える世界へ。
– 求めているもの・できること –

COBAKEN LIFESTYLE LABO の公式オンラインショップ。
– LIFE×COBAKEN –



スキナトキニ
スキナコトヲ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
心がおどる、たのしい日々を。




最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。



BLOG TOPへ

– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYELE LABO

TOPページへ