生きてきた証。【 旅LOG – 2017.02.27】



FIND THE WORLD JAPAN TOUR 2017
~ スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ ~

↑ JAPAN TOUR 2017 の詳細はこちらから。今年も日本縦断の旅、始めます。


– 旅LOG – 旅する暮らしの中での心の記録





2017/02/27(月)
二十四節気 雨水 ( うすい )
七十二候 第五候 霞始靆 ( かすみ はじめて たなびく )


竹原の家で迎えた朝。目が覚めてすぐ、古い概念が見つかった。目を瞑って少し考える。複雑に絡んでいそう。起き上がり、そのまま座る。寒い。こたつに座り、紙を取り出した。


心地いい音を聴いた。苦しそうな音。でも、前を向いている音。その音を聴きながら、古い観念の構造図を描き出した。自分の中にある、言い訳が面白い。自分が可視化されてく。


紙に描き出した中で、作業に活かすものをパソコンに打ち込みんだ。読み返すと、これまでの自分の体験が意味あるものだと解る。付箋に書き出して、来週までの作業をまとめた。


あとはただ、優先順位に沿って作業を進めていくだけ。まずは、溜まっていた旅の記録の下書きから。流れを今に戻していく。過去ではなく今へ。そして、未来も今に含ませる。


手が止まったので、気分転換に台所に下りた。遅めの朝ごはん。味噌汁を温める。待つ間に本を手に取った。食べること、体のこと。とても考えさせられる。日本人としての食。


部屋に戻り、下書きの続きを始めた。順調に手が動く。進まなかった頃が、すでに懐かしい。そういえばいつからか、今以前はすべて過去になった。少し前もだいぶ前も同じ過去。


パソコンを打つ手を止めて、ひと休み。昨日もらってきた本を手に取る。まるで自分のために残ってくれていたかのように。神との対話、ダイアローグ。また背中を押してもらう。


旅の記録の下書きを終えた。相方に、写真と共に連絡し、引き続き他の投稿の下書きを続ける。今日は調子がいい。少し晴れたのかも。書けるかどうかで、心の状態がよく解る。


昼休みになった相方とメッセージのやり取り。割と辛そう。もう少しで大船渡に行ける。それまでは、それぞれの場所でそれぞれの役割を。そして、軽めに昼ごはんを。優しい味。


服を着替え、仕事道具を入れたデイバックを背負う。外に出て歩いた。日向はとても暖かい。町並み保存地区を通り、まずは銀行へ。この感覚が懐かしい。もう知らない人ばかり。


続いて、市役所へ。窓口には割と人が多い。必要な書類をもらい、また別の窓口に向かった。フットサルの後輩が勤めていることを知る。みんな大人になっていく。時が流れてた。


市役所の中にいると、懐かしい人たちに出逢う。挨拶をして、元気にしていることを伝える。少し立ち話も。自分だからできることが見えてきた。タイミングがやって来ている。


そのまま、ヒロハウスに向かった。今日は人に挨拶する機会が多い。さすが地元。しかも小さな町。いつもの席に腰掛け、パソコンを開いた。珈琲を飲みながら下書きを進めてく。


時折、マスターやえっちゃんと話しつつ、マイペースに作業を進めた。結果として、旅の記録の下書きを2つ終える。これで今日の分まで終わった。居心地のいい空間が有り難い。


時間になり、お店を出た。家まで歩いて帰る。来た道とは別の道を歩き、町並み保存地区のメイン通りに向かった。ここにたくさんの思い出がある。それが、自分が生きてきた証。


こたつに座り、作業を進めた。まずは海翔がやって来る。学ラン姿。相変わらず元気そう。続いて勇翔がやって来た。こちらも元気そうで何より。白シャツ1枚。若者は肌が違う。


父と母と5人で晩ごはん。孫と一緒にご飯を食べる時の、父の崩れた笑顔がいつも印象に残る。身長がほぼ変わらない男が4人。急に台所が狭くなった気がした。それもまた良い。


恒例のトランプの時間。母が洗い物をしている間、3人で即席のゲームを。4人でババ抜きに、七並べ。悪巧みを試みる息子たち。それが裏目にでるのが面白い。楽しい時間。


子供らを見送り、お風呂に入った。お腹と背中をゆっくりと温めながら、自分の中に蘇ってきた怖れに目を向ける。怖くて仕方なかった自分。孤独だった自分。それが蘇ってくる。


風呂上がりに瞑想をして、自分の内側を整えた。そして、心地いい音を聴く。また自分に機会が与えられた。18年前の自分とは違う。自分だからできること。自分を信頼してる。




[ 関連リンク ]

神との対話

ダイアローグ

ヒロハウス




小林豊が旅する暮らしの中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。そんな、しあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。

この記録が、未来を生きる子供たちにとって、しあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。


FIND THE WORLD 8th season
======================
Chapter.YU-19
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2017/02/25〜2017/03/02
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
OFFICIAL PAGE [ COSMOPOLITANS ]


[ 人気の投稿 ]
それで食べていけるのですか?【 よく訊かれること 】
どうやって収入を得ているのですか?【 よく訊かれること 】
どんな状況になっても何とかなるさ、何とかするし。【 COBAKENのひとりごと 】

暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なものリスト
旅する暮らしに必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
2種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
自分らしく、しあわせに生きるための研究学習コミュニティ

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net