すべては内側のこと。【 旅LOG – 2017.01.29】



– 旅LOG – 旅する暮らしでの心の記録





2017/01/29(日)
二十四節気 大寒 ( だいかん )
七十二候 第七十一候 水沢腹堅 ( さわみず こおりつめる )


下関にある、uzuhouse で迎えた朝。7時。そろそろ起きよう。少し体が重い。どちらかというと心の方が重いのかも。人という存在の恐ろしさ、それが頭に浮かぶ。哀しい気分。


起き上がり、まずはシャワーを浴びた。今朝は宿泊客も多い。風呂上がりにすぐ、洗濯を始めた。そして自分のスペースに戻って、瞑想を始める。自分の中の喜怒哀楽を手放した。


6階に上がり、まずはデッキで写真を撮った。今朝は暗めの色。空の色と海の色との関係性。海は空の鏡。洗濯が終わるのを待ちながら、共有キッチンでパソコン作業。気が重い。


下の階に下りて、心地いい音を聴いた。穏やかな音。でも、どことなく元気がない音。昨日のことをふり返る。良いも悪いもない。必要な出来事が必要なタイミングで起きるもの。


時間になり、荷物をまとめて1階に下りた。チェックアウト。外は少し、雨が降っている。ちょうどふるちゃんに逢えた。沖野さんに挨拶をして宿を出る。ウォーリーにも逢えた。


バス停の近くで雨宿り。もうバスが来る時間。ちょうど雨が止んできた。西側の空を見て、歩いて下関駅に向かうことを決めた。相変わらず運がいい。歩くスピードで街を眺める。


歩いていると、頭の中を言葉がよぎる。ふと、怒りが湧いてきた。目には目を。自分が持つ、良いとは思えない習性。そこからは負の連鎖が生まれるだけ。それにしても腹が立つ。


下関駅に辿り着いた。外のベンチに腰掛ける。この後の予定を。博多の宿を探しながら自分に問いかけた。自分に触れられない。さっきの怒りで何かを集めたのかも。ただ苦しい。


ひとまず歩くこと、それを選んだ。シーモールに入り、スーパーの中を歩く。のり弁当が目に留まった。食べることに決めた。イスに腰掛けて食べる。小倉までの移動に変えた。


少し楽になった。場所を変えてから、心地いい音を聴いた。沸き起こる怒りの感情。身内からの否定。思い出すものがある。責任転嫁。自分を肯定するために他者を否定すること。


電話を切り、文字を打ち込みながら自分を見つめた。誰も悪くない。自分を守るための正当な行為。社会も時代も悪くない。時代が切り替わるための出来事。その全てを受容する。


小倉行きの電車に乗り込んだ。短い電車の旅。静かに本を読んだ。一瞬の光。今の自分にちょうど良い本。社会を覆う大きなシステムと個人の想い。そのどちらも、とても大事。


小倉駅に辿り着いた。駅でかしわうどんを食べる。お店の人の笑顔に救われた感じ。憎しみからは何も生まれない。大きな視点で物事を見つめる。そしてシンプルに。それでいい。


少し駅ビルを歩いてから、今夜の宿にチェックインした。とても広い部屋。荷物を置いたら早速、ベッドに横になった。目を瞑り脱力する。お腹に手を置き、ただ静かに過ごした。


横になったまま、心地いい音を聴いた。自分のネガティブを渡していないか、気になる。人が持つ念の強さ。支配しようとする思い。感受性が豊かだからこそ、顕著に体に現れる。


起き上がり、パソコンを開いた。どうやら自分の状態は元に戻ったみたい。怒りは怒りを呼ぶ。そのことを再確認した出来事。怖れを抱えた、弱い自分がいる証。またそれも自分。


湯船にお湯を張りながら体を温めた。久しぶりに汗が出るくらい、湯船に浸かる。お腹と胃を温めることを意識して。骨から温まった感覚。いつも頑張ってくれる体に心から感謝。


フロントで傘を借りて外に出た。晩ごはんを求めて、近くのチャチャタウン小倉へ。野菜を求めて、長崎ちゃんぽんを食べる。今回は 1.5 倍で。また、お腹が温かくなった。満足。


雨はもう、止みかけていた。部屋に戻ったら、ベッドでひと休み。また脱力する。今まで見えていなかった自分。周りに人がいてくれるから見えてくる。本来の自分へ。少しずつ。


結局、そのまま眠ることにした。眠る準備をして、電気を切る。暗闇の向こうに光が見えた。その光をみるために人は旅をする。外側はきっかけであり、そのすべては内側のこと。




[ 関連リンク ]

uzuhouse

シーモール

一瞬の光

チャチャタウン小倉




小林豊が旅する暮らしの中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。そんな、しあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。

この記録が、未来を生きる子供たちにとって、しあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。


FIND THE WORLD 8th season
======================
Chapter.YU-10
福岡県北九州市 – KITAKYUSHU/FUKUOKA/JAPAN –
2017/01/29〜2017/01/30
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
OFFICIAL PAGE [ COSMOPOLITANS ]


[ 人気の投稿 ]
それで食べていけるのですか?【 よく訊かれること 】
どうやって収入を得ているのですか?【 よく訊かれること 】
どんな状況になっても何とかなるさ、何とかするし。【 COBAKENのひとりごと 】

暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なものリスト
旅する暮らしに必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
2種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
自分らしく、しあわせに生きるための研究学習コミュニティ

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net