人が生きる様。【 旅LOG – 2016.12.21】



– 旅LOG – 旅する暮らしでの心の記録


画像の説明


2016/12/21(水)
二十四節気 冬至 ( とうじ )
七十二候 第六十四候 乃東生 ( なつかれくさ しょうず )


竹原の家で迎えた朝。目を覚ますともう、9時前。心地いい音を聴き損ねた。眠い。まだお酒が体に残っている。そのまま起き上がることなく目を瞑った。まずは体を元に戻そう。


結局起き上がったのは、12時頃。よく眠った。こんなに眠れるものなのか、と感心する。ただ、お酒が抜けきっていない。昨日はそんなに飲んだのか。心が緩んだからだと思う。


昼ごはん。おでんの具を汁ごとごはんにかけた。つゆだく。それ以外にも水分をしっかり補給する。だいぶ元気になってきたような。でも気のせいのような、そんな感覚が続いた。


洗い物をして2階の部屋へ。布団に横になり、再び眠りについた。今日はあっさりと自分に許可が出せる。結局、自分の心次第。自分で作り出した引っ掛かりに囚われていた。


途中、何度か起きながらも部屋が暗くなるくらいまで眠っていた。もう夕方。起き上がり、顔を洗いに下りた。まだ頭がぼーっとしている。昼よりはマシな状態にはなったと思う。


疲れとは体の奥底に溜まるもの、だと実感した。ここ数日でそれが緩み、こうして解き放たれたのだと思う。心の疲れと体の疲れのバランス、それも大切なことだと実感できた。


こたつに座り、パソコンを開く。今更だけど、今日は毎朝の投稿はお休み。毎日の投稿の下書きを進める。頭が働かない。まだ回復しきっていないのかも。さて、どうしよう。


一旦パソコンは閉じて、楊令伝を手に取った。本を読むことはできるらしい。物語の中に入り込んでいく。でもすぐに集中が解けた。それでも読み続けてみた。何とか読める。


今回、こうして竹原の家で過ごしている中で、自分の中にあった引っ掛かりがまた晴れた。執着があることや、バランスを崩した欲求があることがわかれば、どうにかなるもの。


そこにあることがわからない時が一番苦しいのかもしれない。どうしてそんな自分でいるのかもわからない。なぜ腹が立つのか。なぜ、穏やかに過ごせないのか。理由が見えない。


その答えはすべて、自分の中にあった。いつも自分の中にあった。今は逆に、そのことを信頼できる。自分にまっすぐ触れること。それができれば大丈夫。必要な分だけ手放せる。


下から呼ぶ声がした。台所に下りて晩ごはん。ビールを開けて迎え酒。なんとも言えない感覚になった。今夜はこれ以上は飲めないのかも。旅立ちの前の夜。この時間を大切に。


お風呂で体をしっかりと温める。まずはお腹から。携帯で漫画を読みながら時間を過ごした。そして携帯を置き、音楽をかける。肩までしっかり浸かって背中のあたりを温めた。


人の体とは不思議なもの。体の調子と心の調子は繋がっている。旅をしながら何となく感じることの一つ。それが歳を重ねて顕著に現れるようになった。自分の体に心から感謝。


部屋に戻り、下書きの続きを打ち込んだ。今は言葉が浮かんでくる。そうなると気分がいい。自分は単純な人間だと思う。そんな単純な自分に応えること、今はそれが必要みたい。


心地いい音を聴いた。もう少しで下書きが終わる。そのまま編集され、タイトルが決まった。あとは投稿するだけ。今日はこの投稿だけで終了する。他はまた最適なタイミングで。


投稿を終えて、SNSで共有した。パソコンを閉じて、周りを片付ける。自分の仕事は、本来の自分に戻るきっかけをつくること。そのために自由に話せる対話の場をつくること。


そこからはしばらく、楊令伝を読んだ。今、自分が求めているのは人が生きる様。きちんと死を見つめ、その中で生きていくこと。死と生は共にあるもの。それを強く感じること。


再び心地いい音を聴いた。明日の夜にはもう、リアルにその音を聴くことができる。離れている時間と共に過ごせる時間。対極な時間が二人を強く結びつける。とても大切なこと。


今夜も早めに眠ることにした。あんなに寝たのに寝れるのだろうか。でも、眠たいと思う自分もいる。電気を消して目を瞑る。この3週間、よく旅をした。色んな自分と出逢えた。


 



[ 関連リンク ]

楊令伝


小林豊が旅する暮らしの中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。そんな、しあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。

この記録が、未来を生きる子供たちにとって、しあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。



[ 人気の投稿 ]
それで食べていけるのですか?【 よく訊かれること 】
どうやって収入を得ているのですか?【 よく訊かれること 】
どんな状況になっても何とかなるさ、何とかするし。【 COBAKENのひとりごと 】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。
画像の説明
↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なものリスト
旅する暮らしに必要なものを更新しています。
画像の説明
↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
2種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
自分らしく、しあわせに生きるための研究学習コミュニティ
画像の説明
↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


FIND THE WORLD 7th season
======================
Chapter.YU-55
広島県竹原市- TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2016/12/17〜2016/12/22
======================
まずは ” ある ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net