有り難い伴侶。【 旅LOG – 2016.12.08】




– 旅LOG – 旅する暮らしでの心の記録


画像の説明


2016/12/08(木)
二十四節気 大雪 ( たいせつ )
七十二候 第六十一候 閉塞成冬 ( そら さむく ふゆとなる )


京都にあるゲストハウス、ゆるるで迎えた朝。眠る前にいろいろと考える機会があった翌朝。眠い。それでも起き上がる。まずは瞑想から。不安な自分に、静かに目を向けてみる。


カメラを持って外に出た。まずはテラスでパソコンを開く。心地いい音を聴きながら。朝に配信するメルマガの最終チェック。それを終えてから朝の街を歩いた。空気が冷たい。


宿に戻り、今日のやることを確認した。そして、電気を消して横になる。もう少し、目を休ませたい。それと、自分の中を巡る音を確認したい。眠らないまま、時間が過ぎていく。


ふと目を開く。今の自分にできること、とにかくそれをやろう。起き上がり、パソコンを開く。下書きを始めた。書けるけど進まない。そんな感覚。心に引っ掛かりがある状態。


チェックアウトの時間になる。荷物を背負って1階に下りた。何気に歩き慣れた道を西に向かった。今日も修学旅行生の集団が。さすが京都だと思う。いい天気。散歩日和みたい。


まずは銀行に寄って用事を済ませる。感謝の想いを巡らせること。そして、西に向かって歩いた。知らない街並み。歩きながら自分に問いかける。自分で自分を助けるためには。


三条商店街。長い商店街。八坂神社にお参り。公園のベンチに座ってひと休み。なんだか、自分が笑えてきた。自信はある。価値もある。課題も可能性もある。また試されている。


大宮駅へ。懐かしい。ホームでパソコンを取り出し、下書きをした。今の自分にできること。また色んな自分に気づく。これまでの自分との違い。そんな自分がまた面白く思えた。


投稿を終え、ちょうど来た電車に乗り込んだ。このまま、神戸三宮駅まで。十三駅で乗り換える。相方とLINEでやり取り。どれだけ話しても話が尽きない。有り難い伴侶だと思う。


立ち食いうどん。神戸に来ると、いつも立ち寄るお店。いつものおばちゃんが今日も元気そう。お腹が温まって嬉しい。でも、少し胃が痛い。珍しい体の反応。何かが違う感じが。


神戸駅まで2駅ほど歩いた。元町のガード下に惹かれる。何とも言えない雰囲気。こういう場所が好きみたい。根暗だからなのだろうか。生きている感じがする。不思議な体感覚。


今夜からの宿にチェックイン。自分のスペースに入って、まずはひと休み。体と心を緩めてみる。目を瞑り、ほんの少しだけ眠った。夕方からの予定まで、ゆっくりと体を休める。


起き上がり、そのままパソコンでの作業。出かけるまでに下書きをひとつ終わらせておく。仕事を終えた相方が編集できるように。だいたい予定通りに終わった。出かける準備を。


今度は三ノ宮に向かって歩く。中華街を越えたあったりから人だかり。ルミナリエに並ぶ人の列。初めて見かける光景。こんな時間から並ぶものなのか。道を迂回して歩いていく。


神戸市役所の展望台。海側の窓は人がぎっしり。まりちゃんと合流した。10月末以来。元気そうで何より。下に降りて周辺でお店を探す。宴の前のフライングな時間を過ごす。


ルミナリエの出口あたりにある噴水。そこも点灯されるみたい。屋台でホットワインとおつまみを買う。すぐに点灯された。綺麗。とっても贅沢な立ち飲みスペース。ありがたい。


イルミネーションを眺めながら歩いた。22年続く、鎮魂のイベント。その雰囲気を味わった。大切なこと。人ごみの中を歩いて、三ノ宮駅の方へ。ここでまりちゃんと解散した。


8月のダイアログの場のふり返りを兼ねた忘年会。恵子さんと圭にいと3人で。どんぐり、というお店。瓶ビールで乾杯。これまであっという間だった。当時と違う自分がいる。


たくさん笑った。ダイアログな宴。西の雰囲気。自分はこうして、いつも人に関わらせてもらっている。たくさんのことを学ばせてもらいながら。それが何より有り難いと思う。


心地いい音を聴きながら歩く。帰りも徒歩で宿まで。情けない自分。そんな自分もあり。それを否定する自分はいない。どうあっても、今の自分にできること。それを積み重ねる。





[ 関連リンク ]

ゆるる

三条商店街

神戸市役所展望ロビー

まりちゃん

ルミナリエ

恵子さん

圭にい

どんぐり


小林豊が旅する暮らしの中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。そんな、しあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。

この記録が、未来を生きる子供たちにとって、しあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。



[ 人気の投稿 ]
どうやって収入を得ているのですか?【 よく訊かれること 】
けいちゃん、またね。
僕は生きていてもいいんだ。【 COBAKENのひとりごと 】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。
画像の説明
↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なものリスト
旅する暮らしに必要なものを更新しています。
画像の説明
↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
2種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
自分らしく、しあわせに生きるための研究学習コミュニティ
画像の説明
↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


FIND THE WORLD 7th season
======================
Chapter.YU-51
兵庫県神戸市- KOBE/HYOGO/JAPAN –
2016/12/06〜2016/12/08
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。