知らない世界。【 旅LOG – 2016.12.01】




– 旅LOG – 旅する暮らしでの心の記録


画像の説明


2016/12/01(木)
二十四節気 小雪 ( しょうせつ )
七十二候 第五十九候 朔風払葉 ( きたかぜ このはを はらう )


名古屋に向かうバスの中で迎えた朝。お尻が痛い。どうにか角度を変えながら痛みを和らげた。カーテンの隙間から名古屋の街を眺める。何度も起きた。だけど、よく寝た。


名鉄バスセンター。降りてからバックパックを受け取る。荷物をまとめて歩き始めた。トイレで顔を洗う。仕事に向かう人たちに混ざって歩いた。朝焼けが綺麗。街が見える。


熱田神宮まで歩いてみることにした。南の方に向かって歩いていく。心地いい音を聴きながら。また遠くに離れてしまった音。時折、写真を撮りながら歩いた。名古屋は暖かい。


懐かしい景色。だいきと歩いた場所。遠い昔のよう。でも昨日のようにも感じる。4年なんてあっという間のもの。楽しみ、苦しんできた自分と再会できた。その頃が有り難い。


熱田神宮に着いた。よく歩いた。段々、荷物が重くなってくる。お久しぶりにお邪魔する。朔日参り。相変わらずの素敵な空間。色々と整えさせてもらえた。お礼参が完了する。


神宮前駅へ。どこか、滞在場所を求めて。結果的にスタバになった。安定的にネット環境と電源を提供してもらっている。ありがたい。座って足を休めながら、作業を進めた。


D-LABO という研究学習コミュニティ。それをどう広めていくか。そので掘り下げたことを役立ててもらう。そのための仲間が必要であり、研究費も必要。考えるのが楽しい。


今度は、伏見駅あたりまで歩くことにした。健康的な1日。知らない道を北に向かって歩いていく。金山の街が見えてきた。位置関係を理解する。頭の中の地図が明確になった。


巴屋。たまたま通りかかり、気になったお店。きしめん定食か、味噌カツ丼定食で悩む。味噌カツ丼に決めた。きしめんがセットだった。ありがたい。両方食べることができた。


いい感じの喫茶店が目に留まる。店構えから個性を感じられるのが嬉しい。お店にの名前にも。自分は何を表現するのか。そんなことを考えながら歩く。価値を伝えるためにも。


辿り着いた。まずは宿に荷物を預ける。今度はデイバックを背負って歩く。懐かしい。5月に泊まって以来。この辺りにもいい感じのお店が並ぶ。もう少し、北へと歩いてみた。


ここでもスタバに入る。ネット環境が欲しくて。お代わりの珈琲。晩ごはんを食べることになった。それまでに作業を終わらせる。外で行き交う人を眺めながら、作業を進めた。


明日、プレゼントする資料を印刷をしてから宿に戻る。コンビニで印刷。自分のような人間にとって、とても有り難い環境。出先で作業が完了できること。当たり前ではない。


宿に戻ってチェックイン。部屋でまた、作業を進めた。今日のうちにやっておきたいこと。それを終わらせておく。D-LABO のページを作ることもやりながら。何だか、楽しい。


パソコンを閉じて、ひと休み。ベッドに横になり、目を休めた。最近、目が疲れていることが多い。デジタルから離れて、メガネを外した。ひとまず今は、目と脳を休めること。


心地いい音を聴いた。相方の想いに触れる。面白い受け取り方。こうしてまた、知らない世界を知った。コートを羽織り、外に出る。少し雨が降ってきた。でも、きっと大丈夫。


あきさんと合流した。とってもお久しぶり。お元気そうで何より。地下に下りていく。年魚市、というお店。いい感じの雰囲気。個性的な大将だと思う。和食。お酒がすすみそう。


あきさんのここ最近のお話を聴く。そこから描ける未来も。美味しい料理と美味しいお酒を飲みながら。いつぶりなのか、わからない。でもこうやって、変わらず話ができるもの。


もう1軒、行くことになった。今度は、芋かず、というお店。お久しぶりにお邪魔する空間。店主の元気のいい音が聴こえる。知らない世界にも触れさせてもらえた。ありがたい。


今夜は日本酒を飲み続けた。幸せなこと。宿に戻り、眠る準備をする。明日の朝の時間を確認して。電気を切り、横になった。きっと、ぐっすりと眠れるはず。有り難いと思う。





[ 関連リンク ]

熱田神宮

D-LABO

巴屋

年魚市

芋かず


小林豊が旅する暮らしの中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。そんな、しあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。

この記録が、未来を生きる子供たちにとって、しあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。



[ 人気の投稿 ]
どうやって収入を得ているのですか?【 よく訊かれること 】
けいちゃん、またね。
僕は生きていてもいいんだ。【 COBAKENのひとりごと 】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。
画像の説明
↑ 旅の予定はこちらから

提供できること・必要なものリスト
旅する暮らしに必要なものを更新しています。
画像の説明
↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
2種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
自分らしく、しあわせに生きるための研究学習コミュニティ
画像の説明
↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


FIND THE WORLD 7th season
======================
Chapter.YU-49
愛知県名古屋市- NAGOYA/AICHI/JAPAN –
2016/12/01〜2016/12/05
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。