みんなで鍋。【 旅LOG – 2016.11.17】




– 旅LOG – 旅する暮らしでの心の記録


画像の説明


2016/11/17(木)
二十四節気 立冬 ( りっとう )
七十二候 第五十七候 金盞香 ( きんせんか さく )


新潟にある人参で迎えた朝。昨日ほどではないけど、いい目覚め。布団の中が温かくて気持ちいい。障子越しに外の天気の悪さが伝わる。雨みたい。起き上がり、布団を整えた。


まずはシャワーを浴びる。しっかりと皮膚をマッサージ。気持ちいい。背中にもしっかりお湯を当てて温める。自分のスペースに戻ったら瞑想を。途中にまた、閃きがあった。


服を着替えて外に出る。冷んやりとした空気。歩きながら心地いい音を聴いた。どこか不安定さがある、自分の内面。それが顕著に現れる。それをも受け入れ、音を響かせた。


宿に戻ったらまず、朝の投稿を終えた。昨日の写真を整理して、SNSに投稿する。今日やりたいことを確認。たくさんの付箋を眺め、書き足し、並び替えていく。いい感じ。


まずやり遂げたい3つのこと。そのための下書きを進める。思いつくところから打ち込んで。昼までに終わらせておきたいこと。こんな風に作業を積み重ねられる自分が居た。


マインドマップにまとめたものを打ち込んでいく。そこに言葉を付け加えて、文章として膨らませていった。伝えたいこと、自分の体験談、提案したいこと、テーマの問いかけ。


順調に作業が進んでいる。自分を導き、自分を助けること。それが意識できてから続いている感じ。待つのではなく自分から。人事を尽くして天命を待つ。今はそんな気分。


遅めの朝ごはんと思っていたけど、すでに昼前。パソコンを一旦閉じて、土鍋でもやし醤油ラーメンを作った。とにかく楽しい。生きている実感を得た感じ。美味しく食べた。


食器や土鍋を洗って伏せる。ここで作業は切り上げて、自分のスペースへと向かった。昼間の静かな宿。夜の時間とはまた違う良さがある。こんな空間があるのがありがたい。


部屋着に履き替えて横になり、布団をかけた。眠れそうにない。目を瞑り、目を休ませる。そのまま脳も小休止。布団の温かい感覚。足先が冷たい。足を温める。ほっとする。


やはり眠っていた。1時間半くらい。目を覚ましてもなかなか起き上がれず。意を決して起き上がる。完全に目が覚めた。まずは洗面へ。顔を洗ってからまた、1日が始まった。


洗濯機を回しながら、共有スペースでパソコン作業をした。投稿したいことは沢山ある。それを朝決めた順に進めていく。やった分だけ片付いた。やり遂げた感覚が積み上がる。


自分の想いを言葉にすること。文章を書くことにコンプレックスがあった自分には不得意だったもの。今も得意ではない。必要だからやっているだけ。ただまっすぐ想いを放つ。


夕方になり、買い物に出かけた。なんとなく歩きながら写真をとる。暗くなるのが早い。路地を抜けて見つけたお店に入った。そこの魚屋さんでしめ鯖と鯵の刺身を買ってみる。


1度宿に戻って刺身を冷蔵庫に。そしてまたすぐに外にでる。心地いい音も聴きながら。見事な不協和音が鳴り響いた。自分はなぜそんなにイライラする必要があるのだろうか。


お酒を買って戻ってきた。今夜はみんなで鍋を食べる予定。一平くんが鍋の準備をしてくれている。出来上がるまでもう少し、パソコンでの作業を続ける。お腹が空いてきた。


鍋が出来上がる。姐さんも登場した。フライングして飲んでいた日本酒で乾杯。今日のお酒は力強い。鍋も美味しい。野菜が食べれるのが嬉しい。新潟のお米も。温まってきた。


室さんもやってきた。ゲストさんも戻って来る。みんなで日本酒を楽しみながら話をした。いろんな話が飛び交ってたと思う。それぞれの個性が混ざり合う感じが好き。楽しい。


少しだけ心地いい音を聴いた。相方が眠る前の短い時間。とても大切な音だと思う。自分を表してくれる、一番身近な鏡。有り難いと思う。心穏やかに、通話をオフにした。


まだまだ、飲みは続く。飲んでいるのは限られているけれど。パソコンを開いて少し作業も。家で過ごしている感覚。ゲストハウスという空間。改めて、とても有り難いと思う。





[ 関連リンク ]

人参


小林豊が旅する暮らしの中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。そんな、しあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。

未来を生きる子供たちが、しあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。



[ 人気の投稿 ]
どうやって収入を得ているのですか?【 よく訊かれること 】
けいちゃん、またね。
僕は生きていてもいいんだ。【 COBAKENのひとりごと 】


旅の予定
4週間ごとの旅の予定を更新しています。
画像の説明
↑ 旅の予定はこちらから

提供できること・必要なものリスト
旅する暮らしに必要なものを更新しています。
画像の説明
↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
2種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO 研究メンバー登録
自分らしく、しあわせに生きるためのプロセス
画像の説明
↑ D-LABO 研究員登録はこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


FIND THE WORLD 7th season
======================
Chapter.YU-44
新潟県新潟市- NIIGATA/NIIGATA/JAPAN –
2016/11/14〜2016/11/21
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。