こくり、こくりと。【 旅LOG – 2016.11.14】




– 旅LOG – 旅する暮らしでの心の記録


画像の説明


2016/11/14(月)
二十四節気 立冬 ( りっとう )
七十二候 第五十六候 地始凍 ( ち はじめて こおる )


大船渡の家で迎えた朝。外はまだ暗い。目覚まし無しで起きられた。布団から出て、顔を洗いに行った。戻ってきたら障子の前に座り、ゆっくりと瞑想した。丁寧にゆっくりと。


朝ごはんの準備。まずは洗い物から。片付くと心も整う感じ。玉ねぎと人参を切って、出し汁の中に入れた。とりあえずそこまでで、コタツでパソコンでの作業を。足が温かい。


二人で並んで座って、朝ごはん。白ご飯と納豆と味噌汁。作りおきのおかずも少し。またしばらく、こうやって二人で食べることはできない。当たり前ではない、有り難い時間。


バックパックを取り出し、荷物を詰め込んだ。コートも入れたから意外と膨らむ。今日からまた、これを背負って旅へ。この中にあるのが自分の暮らし。その事を体感しながら。


相方も一緒に外に出る。出勤のタイミングで。バス停の近くまで車で乗せて行ってもらう。次に逢う時もまた、成長したお互いに出逢えることを祈って。その日を楽しみに。


盛駅の中に座ってパソコンを開いた。ここでしばし、パソコンでの作業。ネットにつなごうとしたら携帯が止まっていた。動じない自分が面白い。そんな中、自分にできること。


仙台行きのバスに乗り込んだ。少し後ろ。左側の窓側の席。窓の外を流れる景色を眺める。海が綺麗。今度は港に行ってみよう。三陸自動車道に乗る。頬杖をついて目と瞑った。


よく眠ったと思う。前に倒れたり、右側に倒れたり、窓に頭を引っ付けたり。いろいろと動きながら眠っていた。どうせ眠るから早く起きた。その作戦が功を奏したのだと思う。


仙台に着いた。まず、新潟行きのバスのチケットを。自分の周りに巡っているものを感じる。それを信頼すること。すでにそこにある。信頼して受け取って、また巡らせる。


AERでパソコン作業。完全に、バスを待つ時の憩いの場。声をかけられる。ケロちゃん。面白い偶然だった。こうやってタイミングが巡ってくるもの。世界はとても面白い。


ケロちゃんと別れて、仙台の街を歩く。何気に覚えてしまった駅あたりの道。駅に戻り、ベンチに腰掛けた。時間まであと少し。ケロちゃんにもらったどら焼きが美味しい。


新潟行きのバスに乗る。高速道路に乗り、南へと走って行った。もう4時間半ほどの移動。大船渡からは4時間。計8時間半。たくさん眠れる。パソコン作業も出来る。妄想も。


こくり、こくりと、よく眠った。休憩の度にしっかりと目覚める。外の冷たい風が気持ちいい。岩手に比べて温かい。マフラーはいらない。そしてまたこくり、こくりと眠った。


万代バスセンターに到着した。あたりはもう暗い。まなみーが車で迎えに来てくれた。有り難い。車に乗り込み、まずは今日からの宿へ。見慣れてしまった景色を進んで行く。


人参にチェックイン。見知った顔が並んでる。戻ってきた感じ。自分のベッドに荷物を置いてすぐに出る。階段を降りて、外に出た。待ってくれていたまなみーの車に乗った。


まずはスーパーで買い物。酒を買ってまなみー宅へ。晩ごはんをいただく。有り難い。一人、お酒を飲みながら。ここ最近のことをゆっくりとダイアログ。2ヶ月がとても濃い。


自分にとっても考える必要がある内容。社会に貢献すること、お金を巡らせること、その両方を成り立たせていく。話すことでまた見えてくるものがある。さて、何を選ぼう。


まなみーに車で送ってもらう。人参に戻ったら共有スペースへ。もののけ姫を見てた。パソコンを開いて今日の作業を。月曜日はやることが多い日。時折話しながら進めていく。


心地いい音を聴いた。離れて過ごしている時の大切な時間。同時に自分の心へ触れていく。その時間を旅先でも持つこと。自分が自分であるために。依存ではなく共同体として。


またしばらく、パソコンでの作業を続けた。下書きしては投稿を繰り返す。今日はいつもより集中できているかも。たくさん寝たからだろうか。そして自分のベッドに横になる。





[ 関連リンク ]

AER

まなみー

人参


小林豊が旅する暮らしの中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。そんな、しあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。

未来を生きる子供たちが、しあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。



[ 人気の投稿 ]
どうやって収入を得ているのですか?【 よく訊かれること 】
けいちゃん、またね。
僕は生きていてもいいんだ。【 COBAKENのひとりごと 】


旅の予定
4週間ごとの旅の予定を更新しています。
画像の説明
↑ 旅の予定はこちらから

提供できること・必要なものリスト
旅する暮らしに必要なものを更新しています。
画像の説明
↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
2種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO 研究メンバー登録
自分らしく、しあわせに生きるためのプロセス
画像の説明
↑ D-LABO 研究員登録はこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


FIND THE WORLD 7th season
======================
Chapter.YU-44
新潟県新潟市- NIIGATA/NIIGATA/JAPAN –
2016/11/14〜2016/11/21
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。