二人揃って。【 旅LOG – 2016.11.03】




– 旅LOG – 旅する暮らしでの心の記録


画像の説明


2016/11/03(祝・木)
二十四節気 霜降 ( そうこう )
七十二候 第五十四候 楓蔦黄 ( もみじ つた きばむ )


大船渡の家で迎えた朝。もう少し眠りたい。昨夜はなかなか寝れなかった。布団の中が暖かくて気持ちいい。障子越しに外の暗さが伝わってくる。今はどうやら、曇りらしい。


起き上がり、こたつに座った。パソコンを開いて下書きを眺める。それらを早速投稿した。昨日の夜、寝付けなくて。一気に書いた複数の下書き。書きたかったのだと思う。


朝ごはんの準備を始めた。昨夜のキムチ鍋に汁気を足して、溶き卵を入れる。白ご飯と作りおきのおかずを温めた。机に運んで、準備は完了。二人でゆっくり、味わって食べる。


食後はまず、瞑想をした。こっちに戻ってからは初めて。ゆっくりと呼吸を整える。自分のチャクラの様子を確認しながら、出来事と感情を手放していった。心地いい時間。


外に出て、空の写真を撮ってくる。パソコンを再び開いた。まず、朝の投稿を終えると、他の下書きを投稿していった。ものすごく、作業が進んでる感。でも、付箋は減らない。


洗濯物を干す。生きてる実感。ふと頭に浮かんだ。白黒つけるだけの時代が終わり、白黒つけるだけではなく、白も黒も受け入れること、その両方が存在する時代になった。


荷物を持って外に出る。今日は北上市へ。まずは図書館に寄って本を借りた。海賊と呼ばれた男、ハードカバーの楊令伝。文庫本以外を手にすることは珍しい。ただ読みたくて。


北上までの道。大好きな歌を流しながら、相方と二人でダイアログ。話すことが尽きない。それを自分でも不思議に思うことがある。そんな時間がありがたい。稀な縁だと思う。


対極を同居させること。また少し、その本質に近づけたのかもしれない。人と人との投影しあう関係性。スキルなのか、力なのか、それは相手の状態から見えてくるものみたい。


初めての北上の街。見たことのある名前のお店がたくさん並ぶ。大きめの街である証。その中に地域の個性がある。立派な樹が立ち並ぶ公園がある街は好き。それに敬意も払う。


相方を降ろして、近くの公民館へ。相方と他界された祖母との対面を、本を読みながら待った。太陽の光が暖かい。今、自分は生きている。そのことを感じながら過ごしていた。


連絡があり、迎えに行く。車に乗り込み、林の間を抜けるとすぐの場所。相方が外に出てきた。車に乗り込み、ドアを閉めるのを確認したら走り出す。大船渡への帰路に就いた。


松苑という、お勧めの蕎麦屋さんへ。どうやら、新蕎麦らしい。正直、自分には蕎麦文化はわからない。美味しかった。芋の子汁も一緒に。蕎麦湯が特に。濃厚で、飲み干した。


大船渡に向かって、来た道を走る。産直で寄り道して、並んでいる野菜を眺めてみた。二人でダイアログしながら。ドライブしながらいつも、大切なことを共有し合っている。


釜石道には乗らず、下道で大船渡まで。山の中、湖のそばを走っていく。山の彩りがとても綺麗。自分たちは自然の一部であること。それを実感させてもらいながら走り続けた。


大船渡に戻り給油したら、暖房器具を眺めに行った。冬の準備。今の商品を知る。そして、買い物をして戻る。辺りはすでに真っ暗。どんどん冬が迫ってくる。何となく楽しみ。


明日のおかずを作る。ピーマンのきんぴらに、じゃが芋ときのこのバター醤油炒め。結局、キムチ鍋にご飯を入れて、晩ごはんの準備も。ビールを注ぎ、作りながら乾杯する。


二人で並んで座り、晩ごはんを食べた。食べなくてもいいくらいだったけど、食べることにした。ありがたいことだと思う。それも、二人で揃って。そんな状況に感謝しながら。


食後はゆっくり過ごした。横になってみたり、パソコンでの作業をしてみたり。早い時間に食事を終えて、眠るまでの時間はたっぷり。でも、あっという間に時間は過ぎる。


お風呂に入って体を温めた。寒いだけあって、些細な滞りを感じる。それをほぐしながら、体を温めた。風呂上がりに少しだけ、パソコンを開く。今夜は早めに眠れますように。





[ 関連リンク ]

松苑


小林豊が旅する暮らしの中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。そんな、しあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。

未来を生きる子供たちが、しあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。



[ 人気の投稿 ]
夏のように。【 旅LOG – 2016.10.04】
赦し。【 旅LOG – 2016.10.02】
旅する暮らしが、5年目に突入しました。【 COBAKENのひとりごと 】


旅の予定
4週間ごとの旅の予定を更新しています。
画像の説明
↑ 旅の予定はこちらから

提供できること・必要なものリスト
旅する暮らしに必要なものを更新しています。
画像の説明
↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
2種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO 研究メンバー登録
自分らしく、しあわせに生きるためのプロセス
画像の説明
↑ D-LABO 研究員登録はこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


FIND THE WORLD 7th season
======================
Chapter.YU-43
岩手県大船渡市- OFUNATO/IWATE/JAPAN –
2016/11/1〜2016/11/14
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。