その連続性。【 旅LOG – 2016.10.23】



– 旅LOG – 旅する暮らしでの心の記録


画像の説明


2016/10/23(日)
二十四節気 霜降 ( そうこう )
七十二候 第五十二候 霜始降 ( しも はじめて ふる )


那覇にある柏屋で迎えた朝。起きて時計を見る。予定よりも30分遅れ。目覚ましに気づいてなかった。そのことを考えると、一瞬背筋がぞっとした。とにかく、結果オーライ。


シャワーを浴びて、汗を流す。まだ顔が赤い。お酒も残っている。少し、自分を省みた。でも今は、出かける準備を優先する。着替えをデイパックに詰め込んで、外に出る。


宿を出たら、まずはおにぎりを買った。ポークたまごはまだなくて、じゅーしーのおにぎりを。食べながら歩く。壺屋大通りを抜けて、ひめゆり通りへ。目的地が見えてきた。


その間、心地いい音を聴きながら歩いた。朝のより柔らかい音。暑い沖縄と寒くなってきた岩手との温度差を、言葉から時折感じる。日本も広い。汗をかきながら、そう思った。


集合場所に到着する。大西さんと邦昌さん。奥へ行くのに同行させてもらう。糸満と名護でも用事があるみたい。まずは対馬丸記念館に向かう。こんな出来事だと初めて知った。


喜屋武岬から海を眺める。沖縄本島の最南端。沖縄戦で、たくさんの方が亡くなられた場所。海も空も緑もとてもキレイ。でも、どこか悲しい場所。きちんとそれに目を向ける。


平和公園の近くにある食堂へ。まだ内臓は戦っていて、あまり入りそうにない。沖縄そばをいただいて、軽めの食事を。エアコンが効いていて涼しい。沖縄は、まだまだ夏。


平和祈念公園。ここにも初めてお邪魔した。石碑に刻まれた、たくさんのお名前を見る。広島や長崎のそれとは違った感じの場所。丘に登る道の両脇に各県の石碑あった。


ここから見た海も空も緑もまた、とてもキレイだった。水平線の向こうから攻撃されることも、こちらから攻撃することも考えられない。それだけ文明が発達した、ということ。


ブーゲンビル島での戦没者の慰霊祭。家族で参加されている。子供からお年寄りまで。100歳を迎えられた方も来られていた。実際に沖縄から戦地に向かった方。とてもお元気。


沖縄という文化に少し、触れられた気がした。自分の生まれ育った場所では見たことのない様子。先祖から子孫へ、子孫から先祖へ。その連続性をきちんと感じれる場だと思う。


名護へ向かって走り始める。窓の外を流れる景色を眺めながら。沖縄の街が見える。とにかく揺れが気持ちいい。瞼が重くなってきた。体も斜めに倒れていく。とてもいい気分。


名護に到着して、民俗学の教授のお宅にお邪魔した。まるで仙人のような方。それに、たくさんの資料。自分の知らない世界が目の前にある。研究というものが少し見えてきた。


再び車に乗り込み、奥へと向かう。名護から辺戸岬を越えて山の中へ。やんばるの森の間を走っていく。途中、自転車の3人組を追い越した。坂道をとても頑張って走っていた。


奥に到着した。奥ヤンバルの里にお届け物。そして地元の方と少しお話を。それから、共同店でお酒を買って宿に向かう。1年前に来たことが懐かしい。時が経つのは早いもの。


海山木。相変わらず個性的な民宿。駐車場からジャングルを抜けるような気分。部屋に荷物を置いたらすぐ、食堂へ。まずはみなさんにご挨拶。5組のゲストが泊まっていた。


みんなで大きな机を囲んでの晩ごはん。バイキング形式。美味しい。優しい味でもあるし。満腹だけどつい、お代わりをした。オリオンビールを飲みながら、沖縄料理を味わう。


食後はそのまま、酒を飲みながらのゆんたく。左側は奥のシークワァーサーの調査に関する話が進んでいた。右側では旅人たちが交流している。その真ん中に座って楽しんだ。


地元の方を自宅まで送って行く。とても暗い道。だから夜空がキレイ。お庭でお茶をいただいた。沖縄の人たちの暮らし。言葉。食文化。関わり方。たくさん見せてもらえた。


人が部屋に戻って、静かになった食堂。グラスや瓶を寄せてから部屋に戻った。シャワーを浴びて汗を流す。そして、3つ並んだ布団の真ん中へ。いびきをかきませんように。





[ 関連リンク ]

対馬丸記念館

喜屋武岬

平和祈念公園

共同店

海山木


小林豊が旅する暮らしの中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。そんな、しあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。

未来を生きる子供たちが、しあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。



[ 人気の投稿 ]
夏のように。【 旅LOG – 2016.10.04】
赦し。【 旅LOG – 2016.10.02】
旅する暮らしが、5年目に突入しました。【 COBAKENのひとりごと 】


D-LABO 研究メンバー登録
自分らしく、しあわせに生きるためのプロセス
画像の説明
↑ D-LABO 研究員登録はこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
2種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

旅の予定
4週間ごとの旅の予定を更新しています。
画像の説明
↑ 旅の予定はこちらから

提供できること・必要なものリスト
旅する暮らしに必要なものを更新しています。
画像の説明
↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


FIND THE WORLD 7th season
======================
Chapter.YU-38
沖縄県国頭郡- kUNIGAMI/OKINAWA/JAPAN –
2016/10/23〜2016/10/24
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net