夏のように。【 旅LOG – 2016.10.04】




– 旅LOG – 旅する暮らしの記録


画像の説明


2016/10/04(火)
二十四節気 秋分 ( しゅうぶん )
七十二候 第四十八候 水始涸 ( みず はじめて かる )


竹原の家で迎えた朝。さらなる夜更かしを経たことによって、瞼がとても重いかと思いきや、意外にもスッキリした目覚めだった。今朝は昨日の朝と何が違うのだろうか。


起き上がり窓を開けたら、布団の上にあぐらをかいて座った。まずは瞑想から始める。ゆっくりと自分の中にある感情を流しながら整えていく。あまり深くならなかったけど。


瞑想を終えてから、心地いい音を聴いた。穏やかな音が自分の中に響いていく。この音もまた、今の自分の状態を教えてくれた。フラットな自分を感じながら、音を聴き続けた。


家の中を写真を撮りながら歩く。そのまま外に出て、空の写真も撮ってみた。その中から今朝の1枚を選んで投稿した。今日もまた、出逢うべき人に出逢える、そんな1日に。


時間まで、パソコンをしたり、朝ごはんを食べたり、身支度を整えたり。今日は、広島市内に髪を切りに行く。せっかくだからスッキリと整えて、旅立ちの日を迎えたい。


家からバス停までの道。何度も歩いている道だから、見慣れた景色が目に映る。それでもいつも、この短い道程の中で違う部分が目に入って、それでまた世界の変化を実感する。


かぐや姫号に乗り込み、広島市内へと向かった。珍しく1番前の席に座って、いっぱいに広がった景色を眺める。以前は自分で運転した道。自分自身の変化もそこにはあった。


広島市内に着いたらそのまま、QUEENSに向かった。実は、新店舗になって初めてお邪魔する。いつものように玖村氏に髪を切ってもらう。意外に髪が伸びていたらしい。


夏のようにさっぱりと、どんどん髪が切られていった。しかし、女子に頭を洗ってもらうのはどこか緊張する。かといって玖村氏だと、フェイスガーゼが吹き飛んでしまうし。


おでこに風を浴びながら、本通り電停に向かってアーケードを歩いた。そこで紙屋町の方を見ると、向こうから夏が歩いてくる。ボブのところにまた、夏がやってきたらしい。


ボブとそのまま歩いて栄屋というお店に言った。お店はサラリーマンで埋まっていて、昼時の忙しさを感じる。でも、すぐに座れる運の良さ。僕は美味しく親子丼をいただいた。


まったりしに、BLUE MOONへ。電子タバコでも、喫煙できるお店に入るみたい。数年前はよく来ていた気がする。アメリカンな店内で、珈琲を飲みながら過ごしてみた。


満を持して、拓ちゃんのお店へ。初めてお邪魔する。拓ちゃん的な服がお店には並んでた。次に戻る時には必要な服を買える自分であることを、鼻をすすりながら心に誓う。


そのままボブと少し、広島の街を歩く。新しくなった無印良品で探し物。残念ながら在庫切れ。そのまま本通りを歩き、古本屋で物色。北方ワールドにかかりっきりのふたり。


ボブと解散して、ひとりシーボへ。カウンターに座るとすぐ、チョコレート作りが始まった。すぐ横で、カカオから作られていく。何となく、自分もチョコを作った気分になる。


パソコンでの作業を続ける。浮かんだ言葉をどんどん打ち込んで。こうして進む時は嬉しくなる。これもきっとタイミング。自分で選んで作り出しているものなのだと思う。


珈琲からビールへと。進化の過程なのか、それとも退化なのか。解き放たれた自分でまた、言葉をどんどん打ち込んでいった。そのあともお店でゆっくり、過ごさせてもらう。


最終のバスに揺られて竹原へ。窓の外に広島の街の夜景が流れていく。すぐに眠ってしまい、目を覚ますともう竹原の町。ひとつ手前のバス停で降り、いつもと違う道を歩いた。


その帰り道から心地いい音を聴く。新月の3日後の空の下、その音と共に家路に就いた。静かな町がゆっくり流れて、歩いた分だけ家に近づいていく。ちゃんと帰って来れた。


お風呂に入ってのんびりと。早く眠るつもりがまた、水滸伝を見てしまう。座りながらから、横になってに変えて。瞼が重たくならなくて。そんな秋の夜長を楽しんでみた。





[ 関連リンク ]

かぐや姫号

QUEENS

玖村氏

栄屋

BLUE MOON

拓ちゃんのお店

シーボ

水滸伝


小林豊が旅する暮らしの中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。
そんなしあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。
子供たちがしあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。



[ 人気の投稿 ]
いい匂い。【 旅LOG – 2016.08.11】
鹿庭荘。【 旅LOG – 2016.08.10】
ごはんでダイアログ。【 旅LOG – 2016.08.24】


D-LABO 研究員登録
自分らしく、しあわせに生きる、そんな研究を一緒に
画像の説明
↑ D-LABO 研究員登録はこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
2種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

旅の予定
4週間ごとの旅の予定を更新しています。
画像の説明
↑ 旅の予定はこちらから

提供できること・必要なものリスト
旅する暮らしに必要なものを更新しています。
画像の説明
↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


FIND THE WORLD 7th season
======================
Chapter.YU-35
広島県竹原市- TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2016/09/29〜2016/10/06
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– ダイアログのある暮らし –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。