世界観。【 旅LOG – 2016.07.10】



【 テーマ : どこでも生きられる自分 】
【 テーマ : ダイアログのある暮らし 】


– 旅LOG – 旅する生活の記録


画像の説明


2016/07/10(日)
二十四節気 小暑 ( しょうしょ )
七十二候 第三十一候 温風至 ( あつかぜ いたる )


盛岡にあるホテルで迎えた朝。
相方の方が先に目覚めて起き上がった。
昨日はふたりの間に起きた嵐で消耗してた。
だから、早めに眠り、早めに目覚めた朝。

お風呂でカラダをゆっくり温める。
まだ頭の中は眠っている感じが続く。
湯船でしっかりとお腹を温めた。
しばらく汗が噴き出してくるくらい。

風呂上がりにパソコンを開いた。
昨日投稿しておきたかったものを投稿する。
部屋のポットで温めた白湯を飲みながら。
そして時間になり、着替えて外に出た。

相方と、県民会館まで朝の散歩。
ほんの少しだけ、ぱらっと雨が降ってきた。
県民会館まで送ると、ひとりホテルに戻る。
新しい景色を見て、どことなく新鮮な気分。

部屋に戻るとパソコン作業の続きをする。
午前中のうちに終わらせたことが何点か。
でも、少しだけベッドに横たわった。
瞑想する気にはなれず、ただ目を瞑る。

時間になり、荷物をまとめて宿を出る。
車の中でフロントにあった珈琲を飲んだ。
ほっとひと息ついた、そんな時間。
車を走らせたらすぐ、また駐車場へ停める。

少しだけ歩いてフキデチョウ文庫へ。
入る前に向かいのお不動さんにご挨拶。
またここを訪れられるという感謝の気持ち。
そんな想いに包まれたまま、扉を開けた。

2階に上がると元気に行き交う人たちが。
変化はしているけど、変わらない空間。
1階でしばし、パソコン作業に勤しむ。
時折、子供たちとお話をしながら。

ありがたいことに、昼ごはんをいただいた。
人柄が表れる優しい料理でありがたい。
穏やかで賑やかな空間でお昼を食べる。
ここは、相変わらずのステキな場所。

いろいろと話しながら、洗い物のお手伝い。
拭いても拭いても増えていく器に目を疑う。
それでも拭いた分だけ器も片付くものだ。
どこに行っても、積み重ねの繰り返し。

時間になり、県民会館へと向かった。
指定された駐車場にたどり着くが、しかし。
車を停める場所が空いていない。
前の駐車場の人に助けてもらい、無事駐車。

ここからは未知の世界へと突入する。
でも、知ってしまえば既知となる。
そして、知らない世界にはもう戻れない。
そこに世界の面白さと恐ろしさを感じる。

楽しそうに箏の演奏する相方の姿を見る。
その姿を眺めることができてよかった。
相方の世界をまた、知ることができたから。
そうやってお互いの世界をまた重ねていく。

自分の世界観に対する信頼。
黒澤有美さんの演奏を見ていてそう思った。
基本は皆変わらないけど、その部分が違う。
だからその先での大きな違いへとつながる。

演奏会を終えた相方と車に乗り込んだ。
荷物をまた実家に届けてから、大船渡へ。
お父さんとお母さんにもご挨拶。
優しい言葉をかけていただいてありがたい。

帰り道で晩ごはんを食べることにした。
珍しく、相方が焼肉を選んだ。
盛岡冷麺セットにしてお腹いっぱい。
帰り道で眠くならないように気をつける。

大船渡までの帰り道。
いろんなことを話しながら帰る。
また少しずつ、擦り合わされていく価値観。
同じでも違ってても、すべて含めてのこと。

大船渡に戻ってから、少し買い物を。
必要なものを探しながらお店を歩く。
食べること、やはり大切にしたいと思う。
内容以前に、食べることに丁寧に接したい。

明日のお弁当に向けて、料理を開始する。
ふたりで役割分担しながら進めていく。
無事終えてお風呂に入る準備。
でも、その間に明日の朝ごはんの準備も。

お風呂でゆっくりと、今日の疲れを癒した。
湯船でお腹をしっかりと温める。
風呂から上がると、あとは眠るだけ。
でも、眠れなくて動画を見続けた夜だった。





[ 関連リンク ]

県民会館

フキデチョウ文庫

黒澤有美さん


小林豊が旅する生活の中で体験した、スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という生き方。
そんなしあわせで心豊かな日々を過ごすの毎日の記録、それが旅LOG 。
子供たちがしあわせな毎日を過ごすためのきっかけのひとつになることを願って。



[ 人気の投稿 ]
化学反応。【 旅LOG – 2016.06.10】
理解するという喜び。【 旅LOG – 2016.06.21】
未来から導かれ。【 旅LOG – 2016.06.13】


D-LABO 研究員登録制度

2種類の研究員のどちらかに登録し、パートナーや家族など身近な人たち、そして自分との関係性をより良くし、自分らしく、しあわせに生きるための研究を一緒に進めていく制度です。

対話する研究員 29 名
旅する研究員 4 名
( 2016.07.09 現在 )

自分らしく、しあわせに生きる、そんな研究を一緒に
画像の説明
↑ D-LABO 研究員登録制度はこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
3種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな日々を。


FIND THE WORLD 7th season
======================
Chapter.YU-04
岩手県大船渡市 – OFUNATO/IWATE/JAPAN –
2016/07/10〜2016/07/23
======================
まずは " ある " に目を向けること
そして " 世界を自分ごと " に
OFFICIAL SITE [ COSMOPOLITANS ]


– ダイアログのある暮らし –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net